一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第526回 自粛ムード継続で落ち着いて飲めそうですが

 国王がなくなって、一時は国全体が落ち込んだような印象を受けましたが、それでも人は生きていかねばならず、生きるためには稼がないといけません。

 黒服が売れるということもあり、逆に黒服を着ていない人が疎まれたり意地悪をされたりすることもあったようですが、いろいろなニュースを読んで、今は落ち着いてきたように感じます。

 旅行者に関心があるのは有名観光地や夜の街だと思いますが、どうやら夜の街の大音量の音楽は自粛ムード。アルコールも控えめのようなニュアンスを感じます。

 こういう時は逆に落ち着いて飲めるのではという気しますが、ゴーゴー等は露出度も低くなっているという記述がありました。へそ曲がりで過激な演出は嫌いな私は、それなら落ち着いて飲めそうだと思うのですが、それでは稼ぎにならないと考える店もあると思います。

 一方、派手なことができなければ客と誠実に付き合ってリピーターを増やそうと路線転換する店や女の子もいるはずで、もし行けるなら今こそそういう子を探してみたいなと思います。

 ただし私はまだ病院にいてリハビリ治療中ですから、行けるとしても来年後半以降でしょうか。その頃にはタイの新体制も出来ているでしょうから、繁華街の雰囲気は元の状態に戻っていそうです。

 ただ現状に便乗しているのかどうかは不明ですが、ここに来て綱紀粛正のための動きも激しくなっているようです。タイ政権としては、通常の範囲を逸脱した過激路線の店や、不法滞在者が多く働いている店は片っ端から取り締まりたいと思っているのかもしれません。

 その先にどういうタイという国の体制が待っているのかはよく分かりませんが、ゆる~いタイが失われ、世知辛いタイが出現するかもしれないなと感じています。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/560-91ec06e8