一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第505回 アルコールはなくても、良い子がいれば楽しめます

 今日は午前中病院に行ってきました。海外で病院に行くのは初体験です。どうも気管支炎の治りが悪いようで、行動に支障はありませんが、咳や痰がでるので、大事に至らないように予防処置です。

 今後またタイに来たときに何らかの疾患で病院に行くことになった場合に備えて、タイの病院を見学?しておきたいという気持ちもありました。

 向かったのはバムルンラード病院で、今回は事前にAIUの保険に入っていましたので、キャッシュレスです。この経験については、また明日書きます。

 昨日ですが、8時に起床。朝食を食べ、ブログを更新し、向かったのが国立博物館。タクシーで行きました。入場料が200B。タイの歴史を学ぶということですが、展示されている7割ぐらいは仏像関係。

 タイ王朝が利用した様々な装飾品、移動のための籠等はなかなか面白かったですが、どうやら昔からきらびやかな装飾が好きな国だということがよくわかりました。日本の寺院の装飾が実に地味に感じられます。

 見学時間は2時間以上かかります。旅行客に交じって、中高生が勉強のため?に見学しているのが印象的でした。
 
 見学後はチャオプラヤ川の桟橋にできた「ター・マハラート」というモール内にある「サウォーイ」という店で、ちょっと新しいメニューに挑戦しようと、「braised オムレツ」(スペルが違っているかも)というものを注文。

 卵の中に貝柱が入ったピザのようなオムレツでおいしかったです。アルコールが飲めない日なのでライムジュースを頼みましたが、ビールと合いそうです。

 いったんホテルに戻って、昼寝。6時半ごろ外を見たら真っ黒な雲が見えたので、早めに移動して夕食にしようと、すぐに出発。シーロムのコンベント通りにある「BUA」というタイ料理レストランへ。入店してすぐに土砂降りの雨になりました。

 ここでイカと豚肉の炒め物を頼んだつもりでしたが、実は豚肉はレバー等の内臓でした。味はまあまあ。しかしスパイシーでなければ、タイ料理の炒め物で、まずいと感じたことがないのは鈍感なのか、相性が良いのか?

 まあおいしく食べられるのは良いことだと思っています。食べているうちに雨は小降りになったので、とりあえずBTSの高架へ上ってみると、タニヤはほぼ全店休業でした。

 というわけでパッポンへ。エレクトリックブルーとキスは休業。しかしキングキャッスル1、2とバダビン、ピンクパンサーは営業中。先ずはキング2へ。

 やはり以前仲良くなった子の姿は見えないので、やめてしまったようです。飲み物はもちろんアルコール無しです。

 1に移動して1時間ほど過ごして、ちょっとだけバダビンへ。1で楽しめたので、もう十分と考え地下鉄で帰ってきました。ホテルに着いたのが11時半。いよいよあと二晩となりました。次はいつ来ようか、考え始めています。

 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/536-88be96ba