一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第504回 バンコクに戻って、キングキャッスル1で楽しみました

 おはようございます。と言っても猛暑の日本はお昼頃でしょうか。昨日バンコクに戻ってきました。宿泊はいつものエータスルンピニですが、部屋はグレードアップされて、コーナーのジュニアスイートです。

 ちょっと広すぎるなあという贅沢な感想を持ってしまいます。あまりに広いと、自分がどこに何を置いたか忘れてしまいます。しかしここはいつ来ても実に居心地が良いです。

 迅速なサービスと適度なフレンドリーさがうまくかみ合っている印象です。チェックインは、いつもの日本人女性が行ってくれました。

 移動に使ったベルトラベルですが、大型バスは満員でした。金曜日だったせいでしょうか?ただ道はそれほど混んでいなくて、1時に出発し、バンコクの営業所に2時50分到着。

 そこからシャトルで移動し、エータスは2番目の下車で3時半にチェックインできました。部屋の広さと見晴らしに感動し(23階です)ましたが、一番通り寄りの部屋なので、少し車の音が聞こえます。

 この部屋で昼寝をしたりしてのんびり。風呂に入って、と思っていたらいきなり大雨。今回の旅行で初めてですが、後でゴーゴーの子に話を聞いたら、久しぶりの雨みたいなことを言っていました。

 しかし結構しつこい雨で、この日は夜遅くまで降り続きました。持参した折り畳み傘がついに役にたちました。しかし雨の日は交通量も一気に増える感じ。

 出発したのは6時半ですが、タクシーは無理だろうと思ったのでMRTを利用。しかし車内は大混雑。スクンビット駅に着いたら、なんと改札規制をしていました。

 夜はスクンビットプラザ内の「イザベラズ・ピアノ」という店でチャオ麺という料理を食べましたがおいしかったです。(タイ料理の味に慣れたせいか、特に辛くなければ何でもおいしく感じられます)

 ここからタクシーでナナプラザへ行きましたが、雨が降っているので予想通り100Bと言われました。まあしょうがないです。ナナプラザではビアバーでちょっと時間をつぶして、レインボー4、2と行ってみましたが、どちらも美しい子が多いです。

 ただやはりダンスをしているわけではないので、やはり私とダンサーの間の目的が違うなと感じます。一人だけレインボー2で笑いかけてくる子がいたので飲み物を奢りましたが、性格的には良い子でした。ただレディースドリンクが200Bは、パタヤからくると高く感じられます。

 雨が小降りになったころを見計らって、スクンビット通りに出てタクシーでパッポンへ。メーターを使ってくれて50Bぐらい。真面目そうで安全運転だったので、「安全運転ありがとう」と伝えて70B渡しました。

 その後キングキャッスル1へ。お客さんも多く、女の子の数も多く、結構な賑わいです。ナナプラザのレインボー2より混んでいるかも。容姿も美しい子からかわいい子までいろいろ。しかもほとんどの子が愛想が良い。パタヤ的な雰囲気を感じます。

 ここで二日目に合った超若い子と再会。すぐに私を見つけて手を振ってきたので飲み物を奢って1時間ほど楽しむことができました。若いのに性格はすごく良い子です。何故私だけ?に手を振ってくるのかは不明。ちょっと理由を知りたい気もします。タイの結婚年齢を考えると、自分のおじいさんぐらいの年齢に思えるはずです。

 なおウェイトレスさんからの情報によれば、ナナは今日と明日はクローズの店が多いようです。しかしパッポンのキングキャッスル1は営業するみたいです。ただしアルコールは飲めないと念押しされました。昨晩の最新情報です。

 ちなみにホテルのマネージャーからも、二日間アルコールは提供できませんというメッセージの紙が届いていますので、もしかしたらエータスのレストランでも飲めないのかもしれません。冷蔵庫のビールで充分と私は思っていますが。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/535-63016b60