一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第499回 リーキッチン、TAMNANTHAI、キングキャッスル1

 おはようございます。バンコク3日目の朝です。日本と同じような天気ですが、夕方何処かで雨が降るのか、結構夜は過ごしやすいです。今日はこの後お昼頃、ベルトラベルサービスでパタヤに向かいます。

 昨日二日目は6時半に起きて朝食。おかずの種類が、宿泊価格が2000B前後のホテルとあまり変わらないような気がします。清潔感はあるけど、ちょっと少ない。

 部屋に戻ってブログを更新していたら急に眠くなってきたので30分ほど仮眠。10時半に出発。伊勢丹までタクシーで行こうと思ったら、ホテル前でタクシー待ちの行列が10数名。

 やはり場所的に中途半端だなと感じます。面倒なので、チョンノンシー駅まで歩いてみましたが、600mぐらい?日本ならなんていうことがない距離ですが、バンコクだとなぜか1kmぐらいに感じます。

 伊勢丹で「歩くバンコク」の最新版を買って(日本より少し安い気がします)フリーペーパーをもらい、お昼は2階か3階にある、最近気に行ってよく使っている「リーキッチン」でシイタケとタケノコのヌードル。おいしかったです。99Bです。

 いったんホテルに戻りましたが、クリーニングが終わっていませんでした。しかし気にせず恒例の?昼寝。起きたらドアの下に、クリーニングに来たが「Don’t disturb」でできなかったというメッセージが。

 「まあいいか」と思って、出発の用意をして(フリーペーパーのDACOを見たら、私の好きなスタートレック最新版を上映していると書かれていたので)廊下に出ると、クリーニングの係りの人に遭遇。挨拶をしてクリーニングをお願い。

 そのまま今度はホテル前からタクシーでターミナル21へ。料金は65Bぐらい。映画上映の待ち時間に「ガゼボ」という店でドリンク休憩。アイスグリーンティーが70Bでした。

 映画はもちろん英語で、会話の細かい部分は分からないのですが、そこそこ面白かったです。しかし毎度のことながら、なぜ艦長が率先して一番危険を冒す行動に出るのか?普通なら艦内で指揮を執ると思うのですが・・・。

 映画を見終わって夕食は、ソイ14のヘミングウェイという店に行きましたが、かなり高級感があり、薄ぐらい中で欧米人のざわめきしか聞こえなかったので断念。(私は本を読みたいので)

 ちょっと歩いてタイムズスクエアに行き、最初はジャスミンに行ってみましたが、高級中華だということが分かり退散。地下1階のTAMNANTHAIというタイ料理レストランに入った見たら、ここは当たり。日本人も結構利用するみたいですね。
 
 魚の揚げ物(おいしかったです)と海鮮焼きそば(これもグッド(、ビール(大瓶でした)を頼んで400Bぐらい。ここは味もいいし、スタッフの態度もフレンドリーでいい感じです。お勧めできます。

 食後はタクシーでナナプラザへ。レインボー2に行きましたが、30分ほどで退店。再びタクシーでパッポンへ。

 ピンクパンサーでダンス鑑賞。ここは美しい子が多いです。続いてまたしてもバダビンへ。

 おじさんにも愛想を振りまいてくれる子が多いのですが、団体客が入ってきてうるさくなったので退店。最後にしつこくキングキャッスル1へ。

 たまたま近くにいた子は英語も日本語もほとんどわからないようでしたが、なぜか相性が良いのは感じます。ちょっとうれしくなって11時半ごろまでのんびりしていました。

 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/530-589ffce1