一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第488回 ベルトラベルサービスの予約変更のやり方

 ベルトラベルサービスを予約し、送られてきた確認書を印刷。大型バス乗車時にこれを見せるか渡すかしてチケットを受け取るのですが、なんと大きなミスに気が付きました。

 それは日付。パタヤに移動する日と、日本から出発する日を混同し、日本から出発する日を入力して予約していたことが判明。実際にはバンコクで2泊してからの移動です。

 「こりゃまいった。いったんキャンセルして(キャンセル料金は返金されません)予約し直しか」と思いつつ、確認書の下部に書いてあったキャンセルや変更等の説明を読むと、「二日前までなら日付や時間の変更が無料で可能」と書かれていました。

 早速送られてきたeメールに返信をして、日付の変更をお願いしました。するとすぐに返信があって、「変更はネット上でできます。その場合は手数料は無料、このメールによる変更も受け付けますが、その場合は100Bの手数料」という事でした。

 というわけで、早速ネット上で変更手続き。無事に変更を終えて、日付が変更になった確認書を印刷。ちょっと慌てた1日でした。しかしこういう時慣れない英語サイトは大変です。辞書を片手に変更を行うことになりました。

 だとすれば日本語の送迎シャトルはないのかなとネットで調べてみると、エクスペディアが予約サービスを行っていました。しかし値段を見ると片道が3166円。 だいたい1000Bぐらい。ベルトラベルが375Bですから高いです。ただ大型バス等への乗り換え等がないので、便利だという事なのかもしれません。

 これ以外ではやはりタクシーなのかなという気がしますが、パブリックタクシーは1400B前後。ネットで調べると、こちらは日本語で予約可能な業者さんがいくつかあるようです。だいたい1200~1600Bぐらいだったと記憶しています。

 エカマイ駅近くにあるバスターミナルから移動する方法が実は一番安いと思われますが、スーツケースを持ってエカマイまで移動するのが面倒なのと、到着したパタヤのバスターミナルから、再びソンテウ等に乗ってホテルに移動するというのが面倒に感じられます。

バンコクポストより

 タイの南のリゾート地ピピ島にある「Maya bay」が観光客に大人気になっているようで、あまりの観光客の多さに制限を設けようという動きがあるようです。

 実際投稿されたビーチの画像を見ると、昔の江の島海岸?若しくは現在の最も混雑する時期のワイキキビーチよりも人が多いように見えます。

 そもそも海岸線が250m程度しかないのに、そこに日々5000人の観光客が訪れ、160万バーツの消費があるそうですから、当然様々な業者も乱立しているものと思われます。

 一方この地域にはトイレすら十分に完備されていないとのことで、環境汚染が今後問題になりそうです。という事はこのビーチもいずれパタヤのビーチのようになってしまうのでしょうか?

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/519-f6814a3b