一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第475回 スワンナプーム空港からアノーマバンコクホテルまでの移動手段

 今日はバンコク関連のめぼしいニュースはなし。出発一か月前となり、旅行への期待と妄想?をいろいろ膨らませています。

 特に今回面倒だなと思っていることの一つが、初日のバンコク、スワンナプーム空港からアマラバンコクホテルまでの交通手段。バンコクに初めて行ったときは、とにかく何も分からなかったのでドンムアン空港からラチャダーのホテルまでリムジンを利用しました。

 その後空港はスワンナプーム空港となり、当初はタクシーでの移動でしたが、やがてARL(エアポートレイルリンク)が出来、移動の選択肢が増えました。

 以前はバンコク市街の地理もよく分からなかったので、タクシーに乗ってあとは運転手サン任せ。運転手さんが知らなければ、一緒になってホテルを探す、なんてことをよくやりました。

 ところが常に暴走気味の運転や、ぼったくり等の悪い噂を聞き、実際に早朝信号無視で空港まで吹っ飛ばすようなタクシーに乗車してから、出来ればタクシーは避けたいなと思うようになり、最近はARLの利用が多くなっていました。

 しかしバンコク行きが増えるにしたがって、当然ですが私の年齢もいつの間にかシニア年代となり、空港からスーツケースを持ってARLに乗り、更にそのさきBTSやMRT、若しくはタクシーに乗り換えるというプロセスも面倒に思うようになっています。

 そこで最近はせめてホテルはBTSやMRTの駅近くが良いだろうという判断になっているわけですが、今回はたまたま最寄駅のチョンノンシー駅から500mほど離れたホテルに決めてしまったので、さてどうするかと悩んでいます。

 チョンノンシー駅の下の道路は、かなり広くて歩道も歩きやすいので、他の屋台であふれた道路に比べると歩きやすいことは知っています。

 場所も以前マンダリンホテルを利用した時、周辺をふらふらと歩いたことがあるので土地勘もあります。しかしチョンノンシー駅まで行くとなると、ARLでパヤタイ駅まで行き、BTSに乗り換え。さらにサイアム駅で乗り換える必要があります。

 マッカサン駅からだとMRTでシーロム駅に行き、やはり乗り換えとなり、結局ARLも含めて3本の電車を乗り継ぐことになります。スーツケースがなければそれほど負担にはなりませんが、スーツケースがあると駅の階段やエスカレーターの移動が面倒だと予測できてしまいます。

 というわけで、今回も5月の時と同様空港からはタクシー利用かなという気がしているのですが、今度は道案内が面倒。新しいホテルなので、たぶん運転手さんは全く知らないと思います。

 というわけで、ただ単に空港からホテルへ行くだけの行程を考えても、なまじ旅行回数が増えた分、いろいろ悩みも増えてしまいました。

 もっともこういった不便さを楽しむために旅行に行っている部分もありますから、あまり億劫だとばかり言うわけにもいきません。旅行に出ることによって、萎えてきた足腰をウォーキングによって鍛えられるというメリットもあると思っています。

 しかし初老のおじさんが、空港や駅のホームでスーツケースを持ってウロウロしている姿を、まるでバーチャルリアリティのように思い浮かべることができますから、ずいぶんバンコク市街の風景に慣れ親しんだなと感じます。


関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/505-2b1ab09a