一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第461回 サムイ島は断念、次回もパタヤ

バンコクポストより

 タイのホテル組合がここ二週間に連続して起きたフェリーやスピードボートの衝突事故に関して、旅行客の安全確保に努めるような指導をするように政府に要請したようです。

 当たり前ですが、船の乗船が危険という認識が広がれば、ホテル業界にも影響を与えるのは間違いありません。しかし単なる声明や指示ぐらいではなかなか改善しないのが、タイの良いところでもあり悪いところでもあります。

 別ソースですが、新しい地下鉄のパープルラインが8月6日から正式開通だそうです。問題は観光客にとってどうなのかという事ですが、起点はノンタブリー県のクローンバーンパインという駅から約23kmでバンコクのタオプーン駅に連絡するそうです。

 しかしこのタオプーン駅というのが不明。どうやらウイークエンドマーケットがあるチャトチャのさらに先、バンス―駅のもう一つ先に出来た終点のようです。

 路線図を見ている限り、ノンタブリー県の人がバンコク市街に向かう通勤に使う可能性が高いなと思いますが、もしかするとチャオプラヤ川でエクスプレスボートに乗り換えなんてこともできるかもしれないなと地図を見ながら考えています。 

 さて昨日サムイ島のホテルについて、エクスペディアやホテルズドットコムというサイトで調べていたのですが、やはり一人旅では面白くなさそうだという印象が強くなりました。

 私が考えている予算の範囲内のホテルもいくつかあったのですが、いざそこに宿泊して何を楽しもうかと考えたとき、街歩きとオプショナルツアーが主体になるだろうなと思えたのですが、私自身はダイビングやシュノーケルとは無縁の人間で、単に美しい海の景色が見たいだけです。

 そう考えると、何も無理してサムイ島まで行かなくても、景色だけならいつものハワイで十分だろうという気もしてきます。ましてやバンコクからわざわざ飛行機を使って飛んで、空港から割高のタクシーでホテルに入り、更にオプショナルツアーで散財する、と考えていたら、徐々に意欲が消失。

 どうせ海に行くなら、水は汚く見えるけど、ようやく少し慣れてきたパタヤの街を、もう少し隅から隅まで探索しても良いのではと思うようになってきました。

 というわけで気持ちは前回5月の旅行同様、パタヤに傾きつつあります。その場合、ホテルは前回気に入ったインティメイトホテルにして、バンコクに戻って後半の4泊はいつものエータスルンピニ

 残っているのが前半の2泊ですが、思い切ってこれもエータスにするか、さもなくば少し目新しいホテルにするかという部分で迷っています。


関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/489-7a580379