一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第428回 パタヤ夜遊び第一日目は、タバコの煙幕に降参

 おはようございます。ホテルの窓から見るパタヤの青空はバンコクよりも若干きれいに見えます。しかし外は暑そうです。

 昨日インティメイトホテルにチェックインしましたが、このホテル気に入りました。隣がザ・アベニューというショッピングモールで、ホテルに入るソイにも若干ビアバーがあるのですが、騒音は全くなし。静かなホテルです。

 7階建ての6階の角部屋にグレードアップされました。お風呂がジャグジー付きの広大なお風呂です。気持ちよく利用できました。従業員さんも丁寧で、部屋も広々としています。

 残念ながら海は見えませんが、別に気になりません。ウォーキングストリートまで歩くと1kmぐらいでしょうか?周囲にお店も多数あり、何かと便利な場所です。

 昨日夕方HISに行き市内観光ツアーを申し込もうと思ったのですが、すでに満席だそうで、やはり大勢の日本人が来ているようです。確かに来るときもベルトラベルの車内は、アジア系の人が多かったです。

 昨日夜はHopfでビールを飲みポークチョップを頼みましたが、以前より少し印象が悪くなりました。先ずオーダーしてから料理が来るまでの時間が長い。

 ようやく来たポークチョップは少し熱が冷めていて、焼き立てではない感じ。忙しかったのかなと思いますが、肉の味もいまいちでした。これで税金やサービス料を入れて計算されて、「このサービスじゃあちょっと高いなあ」という印象です。

 8時半からゴーゴー巡りをしましたが、混んでいる店と閑散としている店の差が歴然でびっくり。さらに店によってはたばこの煙だらけで、店内に足を踏み入れることすらできなかった店が3件ぐらい。これにはまいりました。

 最初に入ったのがセンセーションズ。ずらっと並んだ美しい女の子たちを期待したのですが、人数は多いものの昨年ほどではありませんでした。

 しかも音楽がやたらうるさい。クラシック音楽派の私としては辛い。その足で、付近の「GINZA」へ行きましたが、煙幕のようなにおいで退散。

 こりゃひどいなと思いつつ、昨年美しい子がいた「スカイフォール」へ。ところがセンセーションズは客がかなりいましたが、こちらは閑散。昨年とのギャップが大きくてびっくり。30分で退散。

 再び奥に行き「ハッピー」へ。しかし今度は満席で入れない。手前にビーチクラブという店があったので覗いてみましたが、こちらは呼び込みは元気なのに店内に活気が感じられず、見ただけ。

 他にも「パレス」は煙幕攻撃で退散。「ファーレンハイト」は、そこそこ居心地が良かったのですが、外人さん好みの子が多いようです。センセーションズやスカイフォールもそうですが、こういった店の子たちはあまり客の方を見ませんね。つまらないです。

 こりゃ今日は偵察だけだ。と観念して最後に「スーパーガール」へ。ステージ真下の席しか空いてなくて、座って見上げたら、目の前でお尻や胸が揺れていてびっくり。

 ただここの子たちはそこそこ愛想が良い。ハッピーやスーパーガールは、パッポンのエレクトリックブルーやキングキャッスル系を思い出させます。

 というわけで11時に戻って就寝です。
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/456-5d839c58