一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第408回 バンコクのサービスアパートメントの家賃は確かに安いけど

newsclip.beより

  バンコクでは13日から、水不足の中ソンクランが行われるみたいですね。そのとき、いったいどんなことが起きるのか?一度は見てみたいと思っていますが、今年は無理なので来年以降の課題になりそうです。

 一方中国では長江下流部がエルニーニョ現象の影響で大洪水になるかもしれないという予報が出ているようです。日本がどうなるかはまだ分かりませんが、異常気象は今年も続くと思って間違いなさそうです。

 アユタヤでは相変わらず水不足による道路の陥没が続いています。ようやく雨が降り出す時期が近づいてきましたが、現状はどうなのか?5月のバンコク旅行ではチャオプラヤ川の水位をまた見てこようと思っています。

 別ソースですが、「タイランド ハイパーリンクス」というサイトが「幸せ!ボンビーガール」を見てタイに移住したい人続出!?」という記事が出ています。

 内容を読んでみると、バンコクの家賃は安いから暮らしやすいよ、という内容の記事です。記事ではコンドミニアムが紹介されていますが、中心部からBTS等を使って20分ほどのところで、家賃が5万円前後だそうです。

 もちろん部屋の広さにもよるのだと思いますが、もしワンルームなら2万ぐらいの部屋があると書かれています。

 確かに日本を物価をそのまま持ち込めば安いのだとは思いますが、ではバンコクで仕事をしながらそういった場所で暮らせるかというと、当然物価が安ければ収入も少なくなりますので、そのレベルで考えればこの家賃は高いという事になりそうです。

 もちろん日本で15万ぐらいの年金をもらっている人が、その年金で生活するという方法はあります。15万のうち5万を家賃、食費その他の家計費で5万、その他の交際費、外食代、レジャー費、税金、保険料等で5万と考えると、結構優雅な生活ができるのかもしれません。

 しかし日本と違ってタイの方が物価は上昇気味です。一方生活環境は、交通渋滞や医療環境を考えると、明らかに日本の方が暮らしやすいように思います。

 さらにビザの関係で出入りを出入国を繰り返したり、場合によっては日本に用事があって行き来をするという事まで考えると、交通費もかさみ、なかなか厳しいなと感じます。

 さらにさらに継続して生活する場合、何を楽しみに生活するのか?日本人コミュニティもいろいろあるみたいですが、することがないから集まっているのではという疑念も感じます。

 このあたり個々人で様々な考え方があるので答えはないと思うのですが、ひところ「年金で海外移住」なんていう言葉が盛んに聞こえた時期がありますが、ここのところあまり聞かなくなっています。

 たぶん円安になった頃から聞かなくなったのだと思いますが、要するに遊び半分で、長期的に海外で生活するのは難しいという事なのだと思います。
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する