一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第364回 12月のバンコク旅行帰国後の体調の異変と今後

 つい先日誕生日を迎え、また一つ年齢が増えてしまいました。それと同時と言うか、1年ほど前から股間に違和感があり、年末のバンコク旅行でもそれを意識しながら旅行を続けていました。

 暖かいバンコクにいて遊びほうけているとそういった体調不良のことは忘れがちで、やっぱり暖かいところは体に優しいなと思いつつ帰国。

 ところが今回は帰国後にいろいろ異変が。まずは持病の血圧。暖かい深夜のバンコクを徘徊すると言う遊びから帰ってきて、急に寒い環境に戻り、さらに時差ボケを早期に解消しようと思い、いつもの規則正しい生活に戻したつもりでしたが、これがかえって良くなかったようです。

 体は素直ですね。急に寒くなって、変な時間帯に寝起きすることになったため、自律神経のバランスが崩れたようで、深夜に強い動悸を感じ血圧を測ったら185・110なんていう値が出てびっくり。

 それ以後、がぶがぶ飲んでいたビールをやめて焼酎の水割りだけにして、食事量も減らし、塩分に気を付け、寒くても室内でストレッチをしていたら、帰国10日後ぐらいにようやく血圧が落ち着いてきまいた。

 加齢のせいで、身体の調節機能の回復も遅くなっているんだなと認識を新たにしました。実は自律神経の乱れだろうと気が付いたきっかけは、私自身が書いている「健康生活あれこれ」というブログで、なんと昨年も同じ症状が出ていたことを確認したからです。すっかり忘れていました。

 というわけで、冬場のバンコク旅行は体に結構な負担があるということが判明。ところがことはそれだけでは終わりませんでした。

 上記リンク先のブログを読んでもらえばわかりますが、股間の痛みの原因は、なんと「鼠蹊部ヘルニア」であることがCTの撮影で判明。 

 幸いにもまだ初期の段階なので、日常生活にそれほど支障はありませんが、いずれ手術で治すしかないと医師に言われ、現在そのタイミングをはかっているところです。ただ、2月いっぱいは仕事があり、3月はハワイ旅行を予定していて悩んでいます。

 しかし5月には元気な体でバンコクに行きたいと思っているので、どこかで手術に踏み切らざるを得ないとは思っています。旅行以外の話題で恐縮ですが、加齢に伴って予想しなかったリスクにさらされることがあるという教訓の一つだと思ってもらえれば幸いです。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する