一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第358回 タイ関連最新ニュースをいくつか

newsclip.be より

 今日のニュースで気になるのは、やはりMERS問題。オマーンからタイを訪れた71歳の男性がMERSに感染していることが判明し、隔離されています。

 それだけなら観光客にそれほど問題はありませんが、問題はその飛行機に同乗していた乗客、この男性の市街の移動に関連したタクシー運転手、ホテル従業員、さらに病院職員37人が、二次感染の可能性が高いとして隔離。

 さらにさらに他にも二次感染が出る可能性があるとして195人が監視下だそうです。

 韓国の感染例では封じ込めにかなり時間を要しました。今回も二次感染者の疑いがある人数が多いので、渡航予定者は注意が必要だと思います。

バンコクポストより

 3月から、再びスワンナプーム空港の新しい工事が始まるみたいです。さらに拡張されるようで、アジアのハブ空港を目指しているのかなと思えます。

 今でも降りてからイミグレまで1kmぐらい歩くことが多いと思っていますが、さらに拡張されたらどうなんるんでしょうか?ついでにイミグレやスーツケース受取所近辺のトイレをもう少し充実させてほしいなと感じます。

 タイ政権は、旅行者や地元の人の利便性を考えて、以前も計画があったらしいエアポートレイルリンクの延伸を、3月から本格的に検討しなおすようです。

 具体的には現パヤタイ駅からドンムアン空港までの延伸と、スワンナプーム空港からシラチャーやパタヤを経由してU-Tapaoまでの区間だそうで、確かにこれができれば、パタヤの利便性は格段に高まり、土地価格も急上昇しそうです。

 ただしこれから検討するという記事内容ですから、実現するかどうかは不明です。

 もう1点。経済に陰りが見えていたロシアですが、昨年タイを訪れたロシア人観光客は前年比マイナス45%だったそうです。ロシア人観光客が訪れるベスト5は、トルコ、エジプト、中国、タイ、フィンランドで、中でもタイは、パタヤとプーケットが好みのようです。

 今年も厳しい予想ですが、タイが彼らに好まれていることは確かのようです。年末にロシア人観光客に対してテロ予告もありましたので、今後もそういった情報には注意が必要なようです。

 日本は昨日から大寒波。沖縄でも雪が降ったなんて言う話を聞くと、沖縄で避寒というのも今後は難しいのかなと考えてしまいます。だからこそタイでのんびり、という発想になってしまいます。
 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する