一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第335回 穏やかな元旦となりました

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

 とはいうものの、私は大晦日も元旦も1日が過ぎることに変わりはないと思っていて、まあそこそこ1年の締めくくりと、新しい年を迎える新たな気持ちはあるものの、夜は普段通り11時にベッドへ。

 夢うつつに除夜の鐘が聞こえるかなと思っていましたが、深夜にトイレに起きたときはすでに新年でした。というわけで、今朝は7時起き。時差ボケはほぼ解消です。

 今はメインサイトの「バンコクぶらり一人旅」の旅行記に力を入れてまとめていますが、書いていると旅行中に出会った様々な人との交流が思い出されて、すぐにまた会いに行きたいなと思えることが多いです。

 そんなわけで、昨晩は早速5月のチケット代を調べたりしていたのですが、いつも利用するチャイナの料金はまだ発表されていないようでした。

 スカイスキャナーでバンコク行き航空券の一覧を見ると、最も安いチケットとして「マカオ航空」という名前が出てきて、「へえ~、こんな航空会社があったんだ」と新たな知識が増えました。

 ちょっとだけ評判を調べてみると、バンコク便ではないと思いますが、機材が古い、テレビがない、CAの愛想がないという批判の半面、食事がうまい、CAが良かった等両極端の感想があるようで、当たり外れが大きいのかなと感じました。

 一方、今回のチャイナのビジネスクラスの居心地が良かったので、これについても調べてみると、エアアジアだったでしょうか、ドンムアン空港行きのビジネスが10万ちょっとでした。

 というわけで、やはりそう簡単に安いチケットは手に入らないようです。今日の朝刊には、初夢セールでHISやIACEの広告が掲載されていました。

 安いなあと思いつつ、旅行期間が短いなあと感じ、さらにツアーに一人で参加すると割増料金が発生するので、概算すると自分で手配したのとほとんど変わらない料金になるな、といつも思うことを確認したのみでした。

 さて今年は何回バンコクに行けるか。昨年はなんだかんだと気の赴くままに5回も行ってしまいました。2011年から見ると、毎年少しずつ増えています。しかし今年は多くても3回程度にすべきだろうなと思っていますが果たしてどうなるか?

 皆様の健康とご多幸、そして楽しい旅行をお祈りいたします。
 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する