一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第326回 第3日目は、前日の寝不足がたたった、朦朧とした日でした

 バンコク4日目の朝です。パタヤのページ10というホテルからこれを書いています。昨日も書いたようにパタヤ初日の夜はそこそこ楽しかったのですが、ホテルに戻ってからの騒音がひどく、寝不足となり、体力が一気に低下。

 しかし年齢のせいで7時半には目が覚めてしまいます。8時にフロントに出向いて、「あまりにうるさいので部屋のチェンジを昨晩リクエストしたんだけど」というと、「オ~イエスイエス」と言います。

 タイ人が同情や同調をするときは「お~・・・」という接頭語?が入りますね。特徴的です。すぐに部屋を調べてくれました。その結果、「今はまだみんなチャックアウトしていないので、昼過ぎの1時にもう一度来てほしい」というこことになり、とりあえず変更はできそう。

 しかしこういったことも片言の英語ですが、ともかく伝えようという姿勢が必要ですね。意思を示せば何とかしようと努力してくれます。泣き寝入りであとで苦情を書いてもしょうがないです。

 そのまま朝食を食べ、部屋に戻ってブログやホームページを作成し、10時半にビーチへ。特に行くところがなかったので(昼頃ホテルに戻らないといけないので)セントラルフェスティバルに行ったのですが、まだ開店前でした。

 広場の適当なところに座って生暖かい海の風に吹かれながら読書。11時に店内に入り、適当な店でコーヒーブレーク。90Bでした。小さなチョコ菓子がついてきました。

 コーヒーを飲みながら、パソコンを持ってきたので、そこでも原稿書き。12時になったので、今度は「8番らーめん」で五目そば。105B。量は少なめですが安上がりです。

 ホテルにいったん戻って部屋のチェンジ。2階に下がりましたが、ビアバーとは反対側になり、しかもホテル入口から非常に近い。部屋の仕様も、4階の部屋より使いやすい感じ。バスタブとシャワーブースが別についています。

 とりあえず寝不足解消のため昼寝、3時過ぎまで寝ていました。夕方マッサージに行こうと思い出かけましたが、良い店が見つからない内に、雨模様。

 結局またホテルに戻って休憩。7時を過ぎて再び外に出ると、雨がパラパラ降っていました。こりゃオープンエアのパブはダメだなと思い、またまたセントラルフェスティバルの中へ。

 「Zen」という和食の店で、ビール、冷奴、鉄火丼を食べましたが、やはり和食は胃にやさしいなと感じました。食後はウォーキングストリートへ。相変わらず中国系の団体客が次から次へと行き来しています。

 この日は「スーパーベイビー」と前日感じの良い子がいた「スーパーガール」に行きましたが、とにかく寝不足がつらくて、あまり楽しめません。

 というわけで、健康を害したらその後の飲み歩きが楽しめないと思い、9時過ぎにおとなしくホテルに戻ってきました。ちなみにスーパーベイビーでもスーパーガールでも日本人多数。客と視線を合わす子も多いので、私好みです。

 容姿はバラエティに富んでいます。ただ過激な衣装の子が多いですね。あまりに露出度が高いと、私はかえって興醒めです。それよりちゃんとダンスをしてほしいなと思います。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する