一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第322回 明日いよいよ出発、明日の動きは?

 寒い朝でした。明日はもっと寒くなりそうで、車で成田空港まで移動を考えているので、今日の夕方にはスーツケース等を積み込んで、明日は早朝すぐに出発できるようにしようかなと思っています。

 出発前日なので、頭の中で明日の行動をいろいろチェックしています。離陸時間は9時半で、今回も優先チェックインとなるので、8時までに着けばよいかなと思っていますが、それでも自宅発は6時ぐらいになります。

 多分外は真っ暗。自宅から関越道のインターまで10分弱なので、エンジンが温まる暇もなさそうです。高速に乗ってしまえば、あとは関越道、外環道、常磐道、圏央道と都内を通らずに成田ICまで行くことができるようになりました。

 駐車場は最近頻繁に利用するようになった「シャトルパーキング」。旅行中停車した場所から車を動かさないというのがポリシーのようで、事務手続きも迅速で助かっています。

 電車で行くことも出来るのですが、今回は帰りの便の成田到着が遅いので、それから電車で帰ってくると終電近い電車になってしまうため、車を選択しました。電車で行く場合は、時々行きかえりのどちらか1泊だけ周辺のホテルに宿泊することもあります。

 その際よく利用するホテルは東武ホテルホテルです。この二つのホテルは駐車場が料金込みになっているプランもあり、電車や車の両方で利用しやすいと思っています。港から近いのも便利です。

 チャイナは第二ターミナルで、中央入り口を入って左の方にチェックインカウンターがあります。エコノミークラスの列の右側にビジネスクラス等の優先チェックインに進む通路がありますが、ちょっとだけ優越感に浸れます。

 ここでスーツケースを預けると、手荷物はパソコンとデジカメ、貴重品、読書用の本を入れたショルダーバッグ一つになりますので、身軽になって出国審査を抜け、その足でチャイナのラウンジへ。

 ラウンジの奥の方の右側にカウンター席があり、決して見晴らしは良くありませんが、いつもここに座って軽く朝食。ついでに持参した降圧剤を服用。ここで朝のブログの更新も行う予定。

 9時ごろにゲートに移動し搭乗。後は寛ぐだけ。4時間ぐらいのフライトで台北空港着。乗り換えが唯一面倒です。ただバンコクとのほぼ中間地点なので、こわばった体をほぐすにはちょうど良いです。

 台北空港はそれほど大きな空港ではないのですが、モノレールを使わないといけないときが何回かあります。だいたい次に乗る飛行機のゲートを目指して案内表示板に従って動いていけば、およそ5~15分程度で次のゲートに到着できます。

 初めて行ったときは、これがよくわからず、係りのお姉さんに搭乗券を示して場所を聞いたりしました。英語が分からなくても搭乗券を示せば、意図はだいたい推測してくれます。皆さん、当たり前ですが親切です。

 以前中年のおじさんが、この係員に向かって乗り換えるために、ひたすら「タイ!タイ!」と叫んでいましたが、係員さんは困っていました。やは「バンコク」とか「タイランド」「スワンナプーム空港」と言った方が分かりやすいように思います。

 無事乗り換えてしまえば、あとはバンコク到着を待つだけ。イミグレも今回はプレミアムレーンを使えると思うので気が楽です。

 それにしても、前回の訪問からまだ二か月しか経過していないのに、半年以上行っていない気分になっているのは何故でしょうか?このワクワク感がたまりません。
 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する