一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第314回 バンコク市街のトゥクトゥクが今後増加します 

 朝から雨が降っていて、外は真っ暗。4時ごろ目が覚めたのかと思ったら6時半でした。朝食を食べ、息子を送り出し、食器洗いを終えようやく落ち着いたところです。

 この後午前中非常勤講師の仕事がない日は、いくつかのブログの更新作業。昼食後買い物に出かけて、午後は家庭菜園の世話やウォーキング、最近再開したフルートの練習をしていると、あっという間に夕食準備の時間になります。

 こんな生活をもう6年近く続けています。巷では老老介護の問題が噴出しています。それに比べれば私は大学生の息子の世話だけなので気楽なものですが、やはり同じことを延々と繰り返しているとストレスもたまります。

 そんなときのタイ旅行です。専業主婦の方が、「たまには温泉旅館で上げ膳据え膳を楽しみ、ゆっくり風呂に浸かりたい」という気持ちがよく分かります。

 私の場合はそれがバンコク旅行やハワイ旅行になっています。ただ国内の温泉旅館に比べると必要経費が多いのが悩みの種。しかし行かなければストレスはたまる一方だし、いずれ体が動かなくなったら、行こうと思っても行けなくなります。だからこそ、それまでに存分に楽しまないとという気持ちが強いです。

グローバルニュースアジアより

 バンコク市街で営業する三輪タクシー(トゥクトゥク)にあらたに565台の営業許可が出たようです。外国人観光客のためだそうですが、料金は交渉性で、タクシーよりも割高です。

 以前に比べると路上の排気ガスも減っているので、道が空いていれば快適なドライブを楽しむこともできますが、結構運転が乱暴な人もいます。名物の一つなので、一度は乗ってみても良いかもしれません。

 最近はこれをホテルから最寄りの駅までの送迎で使うことも多いので、まあそれに乗れば十分かなという気もします。

バンコクポスト より

 具体的な数字は分かりませんが、観光産業で働いている「ウェイター」「庭師」「清掃作業」「ベーカリー」「洗濯」等の仕事に従事している方々の低賃金、オーバーワークが問題になっているようです。

 もう片方でショッピングモールで富裕層の子弟と思われるカップルが、私でも高いと思うような和食を楽しそうに食べていますから、現場で働いている人から見ると穏やかな気持ちになれないだろうなという気がします。

 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する