一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第303回 「ジョーク・プリンス」でお粥を食べてこようと思います

newsclip.be より

 日本でもよく見かける「サンマルクカフェ」がセントラルワールドに開店したそうです。気軽によれるカフェだと思うので、タイの人には喜ばれそうです。

 しかし日本資本の店の進出がすごいですね。大きなショッピングセンターのレストラン街には、必ず日本資本の店が入っているような気がします。

 一方日本には、私がバンコク同様に好きなハワイ資本の店がどんどん進出しています。日本人はハワイの食べ物を好み、タイ人は日本の食べ物を好むということでしょうか。

 さて「BANGKOK.COM」というサイトをご存知でしょうか?実はハワイでもそうなのですが、日本語で書かれたレストラン紹介ブログやトリップアドバイザー等を見飽きてくると、たまに英語サイトを検索することがあります。

 上記のサイトはレストランを扱っているようでしたので、試しにと思いお気に入りに登録し、今改めてのその内容をわかる範囲で読もうと努力しています。

 トップページの下のほうに、ローカルレストランのベスト10というのが出ていて、上から順に見ています。ベスト5までは、ほとんどが駅から遠いレストランでしたが、ベスト6に、今回の旅行で行ってみたいと思っていたレストラン名が出ていました。

 名前が「ジョーク・プリンス」というもので、ジョークというのは「冗談」の意味ではなく「お粥」の意味です。日本語のニュアンスとしては「お粥王子」?になるのでしょうか。

 場所が「サパーンタークシン」駅からステイトタワー方面へ300mほど歩いた右側です。ここは「歩くバンコク」にも紹介記事が出ていたので、今回行こうと思っていました。

 この通りは私も数回歩いたことがあるのですが、この店の存在は気が付きませんでした。英文の紹介でも、間口が狭く見つけにくいと書かれています。

 お粥はホテルの朝食や街中の屋台で気軽に食べられるものですが、この店のお粥は特別だそうです。値段が45バーツから。横浜中華街の「馬さんの店 龍仙」というのが、私のお気に入りの店なのですが、それと味を比べてみたいなと思っています。


関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する