一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第289回 バンコクの超高級ホテルの宿泊価格と併設レストラン

 昨日からの続きです。バンコクの超高級ホテルと呼ばれるところはどこなんだろう?と調べようと思ったのですが、そもそも超高級ホテルという定義が曖昧です。

 というわけで 先ずはいささか安直ですが、エクスペディアを使って、バンコク市街で宿泊価格が高いホテルを調べてみました。といっても、これも空き室状況によって値段が変化すると思われるので、とりあえず来年の2/1(月)から1泊と仮に決めました。

 するとエクスペディアで表示されたのは1282件。ともかくすごい数です。そこで左側に出ている星のマークから五つ星限定で絞り込むと、これで一気に40件に減少。

 これを料金順に並べ替え、BTSやMRT、ARLといった公共交通機関の駅に近い宿泊場所を見て行くと、最初が「マンダリン・オリエンタル・バンコク」。1泊が51734円です。

 サパーンタークシン桟橋からチャオプラヤエクスプレスで王宮方面に向かって行くとき右側に見えるホテルです。ここなら割りと足の便は良さそうで、ホテル専用の送迎ボートもサパーンタークシン桟橋から利用できます。

 「歩くバンコク」という雑誌で、併設されているレストランをみると、ランチとは関係ありませんが、ジャズバーなんて言うのもあって、興味津々です。

 ただ場所柄間違いなく欧米人の金持ちが利用する傾向が強いホテルだろうなと感じます。それでもエクスペディアには日本人旅行者のレビューも出ています。

 1泊5万を越すようなホテルに宿泊している方も実際に多数いると言うことで、普段2000~2500Bの宿泊費で四苦八苦している私とはちょっと世界観が違うかもしれないなとも感じます。

 オリエンタルの次はあそこだろうなと思っていたら、やはりそうでした。「ペニンシュラ」です。ここはオリエンタルホテルの対岸にあり、建物の形が特徴的なホテルです。

 1泊が32438円と出ています。ここもサパーンタークシン桟橋から送迎ボートが出ているはずです。しかし対岸にあるというだけで、何となく行くのが面倒に感じられます。

 そして「ザ・セント・レジス・バンコク」。初めて聞く名前です。調べてみるとBTSの「ラチャダムリ駅」前にあるようで、1泊が27316円。

 改めて地図を良く見ると、結構便利な場所にあります。穴場的な高級ホテルでしょうか。この駅周辺にもいくつか高級そうなホテルがあり、それぞれにレストランが入っていますので、これらを見て歩くだけでも楽しそう。

 すぐそばの競馬場を見下ろせるような店があれば、開放的で気持ちも良さそうです。ここは高級ホテルを見てランチを楽しむ候補№1になりそうです。
  
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する