一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第272回 12/24はガラディナー料金を徴収するホテルがあるようです

newsclip.be より

 WHOがまとめた2015年版の交通事故数で、タイは2013年時点で人口10万人あたりの交通事故死亡者数が36.2人で、世界で2番目に多い数字だそうです。

 もっとも多かったのがリビア。アジアではベトナムが24.5人、マレーシア24人となっていて、以下ミャンマー、中国、カンボジアと続き、最後の方に日本がきて4.7人。一番成績が良い?のはシンガポールの3.6人。日本はブービー賞。

 従って、日本と比べてタイでは、旅行中に約8倍交通事故に遭う確率が高いと言うことになりそうです。ちょっと道が空いたと思うと、一般道を80kmぐらいで突っ走るタクシーが日常的にいますので、乗っているとつい右足が動いてしまいます。

バンコクポストより

 数週間に渡ってインドネシアの焼き畑農業による煙が東南アジアを覆っていたようですが、雨と風がそれらの煙を一掃して、きれいな青空が戻ってきたという記事が出ています。 

 タイもこれから乾季に入ります。1年で最も過ごしやすい時期ですから、パタヤが混雑する理由も良く分かります。

 さて私の12月バンコク旅行ですが、旅行後半の12/24~12/28の4泊で、タビランドさんに手配をお願いしたところ、「部屋は空いています」ということだったのですが、予想外のことが一つ。

 通常大晦日あたりで時たま発生する「ガラディナー」という制度があり、これがエータスルンピニの場合12/24のクリスマスイブにも適用され、この日は一人1650Bが追加されると言うとんでもない料金が提示されていました。

 何も考えずにすぐお金を振り込まなくて良かったなと思っていますが、ホームページにはこの料金は提示されていませんでしたので、今調整中です。

 ガラディナーというのは、特別な祭典時の夕食と言うことになりそうですが、夕食は外のレストランで食べることになると思っているので、これを強制的に徴収されるのは、どう考えても不愉快です。

 ホテルによっては、ガラディナーを利用するかどうか選択できる制度もあるみたいですが、エータスルンピニの場合は、人気があるのか強制徴収のようです。

 まあ早い話が、繁忙期にいっぱい稼ごうと言うのがホテル側の言い分だと思いますが、必要もないものにお金を払うことは納得できないので、別のホテルで1泊と言うことになるのかもしれません。ちょっと予想外の展開で戸惑っています。
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する