FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第270回 バンコクで世界の料理を食べるのも面白そう

 なんだか暖かい日です。寒暖の差が激しいせいか、昨日は一時的に鼻風邪症状がひどくなりましたが、今日は回復。花粉かもしれません。

 パタヤの「ページ10」デラックスルームの予約が完了しました。3泊4日で6700B。普段なら5500Bぐらいかなと思われますが、年末と言うことでしょうがないかなと思っています。

 次はバンコクですね。これも早いうちに予約しないと駄目なのかなと思っています。日本で想像する以上に中国系観光客が押し寄せ、ホテルの予約が入りにくくなっているように感じています。

 バンコク関連のニュースを見ていたら、ドラッグストアの「マツモトキヨシ」がバンコクに進出と言う記事を見つけました。初めての海外出店だそうです。

 ただどこに出店するかは記事からは不明。別段私は用事がないので問題ないのですが、気になる人もいると思います。調べてみると「セントラル・ラップラオ」ということですが、やっぱり良く分かりません。

 しょうがないのでグーグルマップを見てみるとMRTのパホンヨーティン駅から200mぐらいの距離にあるショッピングモールでした。ちょっと市街からは外れています。

 さて、10月のバンコク旅行を踏まえて、次回はどういった店で食事をしようかと考えています。始めてバンコクに行ったときは、先ずは日本風居酒屋を探し、さらに和食レストランに範囲を広げ、次に洋食系やイタリアン、そして中華と食べ物のジャンルが拡がっています。

 この間タイ料理はほとんど食べなかったのですが、ホテルで食べる朝食のおかずにはタイ料理のものも含まれていて、当初は「辛い」「どんな料理か分からない」というjことで敬遠していたのが、いつの間にか案外中国料理と似ているものあるじゃないかという認識に変わりました。

 というわけで、ここのところは夕方軽く飲むならアイリッシュパブやオープンエアの洋食レストランに加えてタイレストランの割合が増えています。一方昼間は和食を食べて胃腸の調子を整えると自然に意識している気がします。 

 しかしバンコクの料理ジャンルは広いです。日本でも都会に出ればそうなのかもしれませんが、普段埼玉の片田舎で生活していると、国際色豊かなレストランにはまったく縁がないので、、逆に興味津々です。

 次回は新しいジャンルの料理に挑戦するのもいいかなと思っています。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する