一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第262回 タイへの移住や超長期滞在の可能性

newsclip.be より

 タイ中部で84歳の男性が刃物で刺され亡くなった事件は、日本ではほとんど報道されれていませんが、要するにお金の問題のようです。

 newclipの記事とは異なりますが、物価の安い東南アジアに移住して、少なくなってしまった年金を有効活用し余生を送るという海外移住プランが一時期もてはやされていました。

 日本で20万円の年金をもらって、海外で生活すれば余裕のある暮らしが出来るという触れ込みですが、当然ながらそういったことをリタイヤ前から周到に計画し、現地の実情を考えて、今まさに海外移住を楽しんでいる方がいるはずです。

 一方、なんとなくブームに乗って、たぶん大丈夫だろうと、特に下調べをせずに、ロングスティを扱う旅行代理店が紹介したものをそのまま信じて移住してしまう人もいるようです。

 しかし、たまたま滞在先が自分の感覚に合っていれば良いのですが、そうでない場合は言葉や習慣、価値観の違いに苦しめられることになるのだと思います。

 上記の男性の場合は、普通では考えられない移住先に住んでいたということで、それが本人の希望によるものか、同居していた女性の希望によるものかは不明ですが、想定外の生活になっていたのではという気もします。

 私も一時期は大好きなハワイへの超ロングスティを考えたりもしましたが、何回も通っているうちに物価や住宅事情が分かってきて、迂闊に長期滞在を実行したら、退職後の資産がどんどん目減りするだけだと判断し、断念。

 今は、まあせいぜいが一ヶ月の長期滞在かなと思っていますが、これもいまだに実現していません。

 一方バンコクは1週間なり2週間なり短期で訪れて遊ぶには、ハワイに比べても宿泊費が安いので、ゴルフが好きな方なんかはロングスティを希望するのだろうなと思いますが、それで移住が成立するかと言うとやはり疑問です。

 バンコク市街で日本人が住みたいと思うようなサービスアパートメントの価格は、市街に近ければそれなりの値段になり、遠ければ暮らしにくくなると言うのは常識です。

 そう考えると、例えば私のような一人者が10数万の年金を使って暮らそうと考えると、その生活はギリギリ。とてもじゃないけど遊ぶ余裕はなさそうで、それだったら住み慣れた日本の方が良いだろうなと思えます。

 最近は一時期ほど海外ロングスティとか移住と言う話も聞かなくなりました。安かった東南アジアの物価がどんどん上昇していたり、為替が円安に動いていることも影響しているのかなと思いますが、要は安易な決断は後悔する事が多い、と言うことだと思います。
関連記事

 

No title

おっしゃる通りですね。

私の友人数名も10年から15年前に中途退職してタイに移住しました。当時は物価も安く円高だったために楽しく過ごせたようですが、この一、二年で帰国。理由は「物価の上昇」と「円安」です。彼らの感覚では「この十数年の間に物価は円換算で3~5倍になった」ということです。

「衣と食」は日本のほうが安いぐらいで、同じ価格を払うのなら日本のほうが何倍も質の高い食事や衣料品が手に入る。かろうじて安い「住」も、やはり購入となると維持費やメンテナンス、耐久性を考えると日本のほうが信用できるので、結局、割高な買い物になりかねない。医療については問題外に日本が上。娯楽(夜遊び含む)も、飽きてしまうそうです。

ここら辺が海外移住の現実でしょう。

  • 2016年03月09日水
  • URL
  • おれ #2KzLxSHk
  • 編集

Re: No title

 おはようございます。コメントありがとうございます。

 確かに私自身も出かけるたびに値上げを実感するようになりましたがの、現地で暮らしている人は
深刻だと思います。

 ロングスティとか海外移住というのは、ロマンに満ちた響きがありますが、相当慎重に考えないと
折角の老後費用が、いつの間にか消えてしまうという事になりかねないと思っています。

 生活の質も、バンコクで日本並みの生活を維持しようとすれば、やはり日本並みかそれ以上の
経費が必要だなと感じます。

 体験された方の話は貴重ですね。ありがとうございました。

  • 2016年03月10日木
  • URL
  • hoku-thai #-
  • 編集

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する