一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第261回 12月下旬のバンコク旅行、パタヤはページ10が第一候補

タイ通より

 シーロム通りで行なわれていた歩行者天国イベントは、雨季に入って漏電の危険があると言うことで中止になっていましたが、どうやら再開する動きがあるようです。年末はまたあの賑やかな通りが戻ってきそうです。

 すでにこのブログでも書いたかもしれませんがエータスルンピニに宿泊したとき、ちょっと休憩がてらホテル近くの「ライフセンター」というショッピングモールに行き、ここの1階右側の店で、柄にも無くチョコレートケーキをオーダー。

 その巨大さにびっくりしたことは書きましたが、このとき飲んだアメリカンコーヒーが想定外においしかったことを思い出しました。これまで「ブラックキャニオンコーヒー」等を利用したことがありますが、アメリカンとはいえ味がぜんぜん違います。

 そんなことを思っていたら、「日本と変わらぬクオリティ バンコクのカフェ事情」という記事がありました。これに該当するかどうかは分かりませんが、バンコク市街で飲むコーヒーは1杯が50~90Bぐらいですから、価格的にも日本とほとんど変わりません。

 物価の安いバンコクでこの値段のコーヒーですから、必然的に日本より美味しいという評価になってもおかしくないと思われます。

 ちなみに上記のお店ですが、エータスルンピニから150mぐらい、すぐ近くにスタバもありますが、個人的にはこちらの店の方が女性向きではないかと思われます。

 さて昨晩はさらに詳細にパタヤの宿泊事情を宿泊価格と共に調べていました。結論から言うとやはり昨日書いた「ページ10」というホテルが2100Bぐらいで使いやすそう。

 その他「シーミースプリング」「シーミースプリングトゥー」あたりが候補になりそうかなと思っていますが、基本的に私のパタヤでのホテル選択の条件は

・ 宿泊価格が2000B前後
・ ウォーキングストリートまで800m以内
・ ホテル周辺が静かなこと
・ ビーチロードとセカンドロードの間

というようなことを考えています。アヤブティックホテルやベイウォークもよいなと思っていたのですが、これらは人気があるようで、12/20前後から宿泊価格が急上昇。とても利用する気になれません。

 というわけで、徐々に12月バンコクの骨格が決まりつつあります。
   
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する