FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第235回 タイ旅行者に在タイ大使館が注意喚起

 私が使っている楽天のクレジットカードから、期間限定のポイントがありますというメールが来たので見てみたら350ポイントぐらいついていました。

 期間は9/30までということで、この間にこのポイントを使わないとそのまま消えてしまうと言うことで、急遽最新版の「歩くバンコク」を購入することにしました。9/19日発売でタイミングもぴったりです。

 なんだかんだと買っているうちに、この雑誌もいつの間にか5冊ぐらいたまっています。ここ3年は連続して購入。私のような、BTSやMRTの駅を中心にして近辺を彷徨い歩く旅行者にはうってつけだなと思っています。

 ちょっと薄っぺらいのが気になりますが、これが逆に街中に持ち運ぶときは軽くて便利です。

 でこのうちの一昨年版、ピンク色の表紙だったと思いますが、これに他の「歩くバンコク」や「トリップアドバイザー」その他で調べたレストラン情報を適当に書き込んで持参するようにしています。

 こうすることによって、出歩いた先でどの店に入ろうかと悩むことが少なくなりました。自分がチェックしてある店を選べばよいだけです。

 さて、徐々に旅行に向けて気合が入りつつありますが、今日のnewsclipsに在タイ大使館が日本人旅行者に注意という記事が出ています。内容は「ホテルでの窃盗、麻薬、レンタルジェットスキー」だそうです。

 しかし麻薬等については、ごく当たり前のことで、誰もが多少なりとも意識していると思いますが、ホテル内での窃盗は防止が難しいです。

 私自身はホテルを選ぶ際に、やはりある程度格式のあるホテルを選ばないと、こういったことがおきる確率は高いだろうなと思っています。と言っても格式なんかは外見からは分かりませんから、やはり値段で判断するしかないのではという気もします。

 その意味では最低1500Bぐらい以上の価格帯のホテルでないと安心できないと言う私なりの価値観があります。また駅に近く交通の便が非常に優れているのに周辺相場に比べて安いホテルは、もちろん施設設備、部屋の広さ、メンテナンス等の問題もあるとは思いますが、従業員さんの質も気になります。

 というわけで、最低限セーフティボックスの活用が必要ですが、これも暗証番号をパスポートや電話番号、誕生日の番号を使うと、宿泊記録から類推される恐れがあるので、私はまったく別の番号を使っています。また現金を入れた袋には、日付とその時の金額を書くようにしています。

 さらにセーフティボックスも信用できないときはスーツケースに入れて鍵をかけ、それを持ち歩くという場合もありますが、どちらにするかはケースバイケース。いずれにしても日本のホテルのような感覚で無防備に財布を放り出しておくと言うことは避けたほうがよさそうです。
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する