FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第214回 バンコク郊外の路地に昭和を感じます

 爆弾事件の容疑者が逮捕され、最初は画像も鮮明ではなかったのに、どうやら偽造パスポート等が見つかったことで犯人の可能性が高くなり、画像も鮮明になりました。

 事前に公開されていた似顔絵と似ている部分もありますが、違うといわれればそれまでのような気もします。さらにその仲間が10人前後いるというニュースもありますから、現状は危険度が1割程度下がっただけで、まだまだ注意が必要だなと思います。

 ただ数学的にこういった爆発に巻き込まれる確率と、市街で交通事故に遭う確率を比べたら、後者の方が高いだろうなという気もします。

 このニュースを調べていた関係で「Newclip.be」を見ていたら、来年度のタイの国家予算額が出ていました。総額が2兆7200億バーツだということですが、日本円だと10兆円ぐらい。

 日本の国家予算は、収入面では借金だらけですが、だいたい100兆円ですから10倍の開きがありそうです。しかしタイの人口は6700万人ぐらいで、日本はその倍の1億2700万人ぐらいですから、国民一人あたりの予算を考えると、日本とタイでは5倍ぐらいの開きということになりそうです。

 そう考えると、国全体の物価はだいたい5倍ぐらい違うのかなと思われますが、バンコク市街を歩いている限り、その差は2~3倍程度のような気もします。

 つまりバンコク周辺が異常なほど物価高になっているのではないかということです。特に外国人観光客が集中するスクンビット通り周辺やタニヤ、パッポン周辺でこの傾向が強く、同じバンコク市街でも、そこから離れるにつれ物価も徐々に下がるように感じます。

 これはその昔、東京に人がどんどん集まってきた日本の状況とまったく同じだなと思えます。私が仕事を始めた当時の40年ぐらい前には、地方から中卒、高卒の若者がどんどん状況。「金の卵」と呼ばれていました。

 当時の私の月収が10万円ぐらい。タイでいえば2.8万バーツぐらいですが、ちょうど今現在のタイのサラリーマンの月収に相当する金額のように思えます。

 私がはじめてハワイに行ったとき感じたのは昭和の感覚ですが、今でもそういった懐かしさをバンコク郊外の建物の間の路地で感じます。だからこそ、何か惹かれるものがあるのかもしれません。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する