FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第185回 首都圏でも節水措置が講じられるかも

 朝の照り付けが無くなりましたが、外はかなり蒸し暑い。低温サウナという感じでしょうか。昨日は近所のショッピングモールの大型書店へ。

 8月のハワイ旅行のために、何かためになる情報がないかと思ったのですが、日本のガイドブックは買うことと食べることにページの大半が割かれていて、私が思うような、あちこちをふらふらするという内容はあまりありません。

 これはタイやバンコクのガイドブックでも同じ。派手な写真とピンク色っぽいページ構成は、明らかに女性をターゲットにしたもので、シニアのおじさんにはあまり関係がなさそうに見えます。

 そんな中、以前から気になっていた、バンコク旅行のときもお世話になっている「歩く・・・・」シリーズの中の「歩くホノルル」という雑誌を発見。

 試しに中をペラペラメ見てみると、ハワイのオアフ島の主要な街(地域)の詳細地図が出ていて、特徴的なお店がそこにずらずらと掲載されています。「歩くバンコク」とほぼ同じ構成です。

 内容が結構細かくか書かれていたので、「あ~これなら街歩きに使えるな」と思い、めでたく購入。1080円でした。ちなみに「歩くバンコク」シリーズも、我が家にはいつの間にか4冊ぐらいたまっています。

 その内の一冊の地図上に、新たに調べて「ここは良さそう」と思った店の名前をあとからどんどん書き込んでいます。バンコクに行くときは、この書き込んだ地図を持参し、動き回っています。

バンコク週報より

 干ばつ対策ですが、これまでは地方の水道や農業用水の節水が主でしたが、今後はバンコク市街でも厳しい節水措置が取られる可能性が出てきました。

 政府機関や住宅を対象と書かれていますから、いわゆる旅行者のホテル等への供給は確保されるような雰囲気ですが、それも限度がありそう。

 また、すでに農業関係者からは不満が出ていて、今後首都圏で節水措置が取られれば、まずは低所得者層から不満が出そうです。水が足りないということになると、衛生状態にも影響を及ぼしますから、食中毒等も心配です。

 別ソースですが、JALがビジネスクラスの特別運賃を設定。予約期間は7月31日までで、搭乗期間は9月30日まで。運賃は最低179000円からだそうです。

 サーチャージは含まれていますが、税金等は別なので19万弱ということでしょうか?以前マイレージを使って利用したことがありますが、現金でこの金額を負担するのはやはり辛い。

 同じ期間で、チャイナは乗り継ぎで時間はかかりますが、ビジネスの料金は10数万ですから、私にはこちらの方がありがたいです。
 
  
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する