FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1437回 ルンピニ公園周辺の再開発情報

 新年二日目。今日からほとんどの店がオープン。風もなく天気も良さそうなので、近くの商店街まで遊びに行って、街の様子を見てこようかなと思っています。

 今日もタイの大気汚染は割と良好。これなら街歩きを楽しめるなという50~100というレベル。ただ意外や意外、シラチャーやラヨーン方面が100前後の数値でちょっと高めです。

タイランドハイパーリンクスより

 為替レートを見たら、一寸円高に振れたようで、今日は1万円が2769Bとなっています。昨日に比べて、1日で30B(100円ぐらい)ぐらい円高になった感じです。

 バーツ高に関する記事も出ていて、理由は「タイは財政状況が比較的健全だから」と書かれています。という事は、日本はタイに比べて「財政状況が危うい」と考える人が多いという事でしょうか。

 さらに言えばバーツ高に伴って日本を訪れるタイの人も増えているということで、政府は外国人観光客歓迎で、ともかくいっぱい来てほしいというニュアンスを感じています。

 しかし日本に来る外国人観光客が増えているという事は、おもてなしや日本の国の魅力もさることながら、やはり円安つまり国力そのものが弱くなっている証拠だろうなという気もして思いは複雑です。

newsclip.beより

 またまた新しいホテルが春に開業するみたいです。名前が「キンプトン・マーライ・バンコク」というそうで、場所がランスワン地区としか書かれていません。

 しかしルンピニ公園付近とも書かれていて、交通の便はどうなんだろうなと気になって、このホテルが所属するらしい「ランスワンビレッジ」という検索語句で調べてみると、どうやらルンピニ公園の北側に位置するようです。

 ヨシダ不動産というページに詳しく書かれていました。完成の暁にはマンション、サービスアパート、ホテル、ショッピングセンター、病院、美術館等が建設されると書かれています。



 しかし地図で見る限り最寄り駅のラチャダムリ駅やシーロム駅まで1kmぐらいありそう。もしかしたらその分宿泊価格も安いのかも。

 ちなみに別のページには「シントン・ビレッジ」とも書かれていて、どうやらタイ王室関連の開発みたいです。

 実は私がこの記事に関心を持ったのは、いつも宿泊するルンピニ駅近くの「エータスルンピニ」ホテルの北側が現在再開発中で、何ができるのかなと気になっていたからです。

 というわけでついでに調べてみると、どうやら「ワン・バンコク」という大きなプロジェクトとなっているようで、オフイスタワー、ホテル、コンドミニアム、ショッピングセンター等が建設される予定みたい。

 ただ完成予定は2025年だそうですからかなり先。でも完成が楽しみなことは確かです。
  
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/1404-aadf7d4d