FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1421回 昨晩無事帰国しました

 昨日の夜、無事帰国です。飛行機は朝8時半の離陸予定で、7時50分に、G3から搭乗開始とのことでした。ちなみに昨日は書きませんでしたが、チャイナのチェックインカウンターの職員さんはタイ国際航空さんでした。
 
 出発時の成田ではJALの職員さんだったので、いろいろと入り乱れている感じです。

 7時50分はいくらなんでも早すぎるだろうと思ったので8時ごろ行ってみると、既に搭乗が始まっていました。乗り込んでみると、事前のeチェックインで確かめてあった通り隣は空席。

 キャビンアテンダントさんに断って、通路側から窓側席に移動。もともと広いビジネスクラスの座席なのに、隣がいないとさらにリラックスできます。

 全体を見渡しても、お客さんは6割ぐらい?火曜日の帰国は座席にも余裕があるのかもしれません。食事はビーフのパスタを選択。まあまあの味付けでした。

チャイナエアライン ビジネスクラスの食事 ビーフのパスタ

 飛行時間3時間半ぐらいで桃園空港に到着。結構時間に余裕があるなと思いながらチケットに印字してあったD4ゲートに行ってみると、何やら違う便名が表示されていてびっくり。

 「困ったな」と思いながら、出発ロビー中央付近にある案内カウンターのお姉さんに「このゲートじゃないような気がするんだけど」といいながら搭乗券を渡すと「調べてみます」と言ってくれ、コンピューターで検索。

 同時に壁の液晶表示を見上げていたら、どうやら搭乗ゲートが「C2」になったようで、それを確認したのと同時にお姉さんが、「C2に変更になりました。反対側の搭乗口になるので向こうの方へ」と教えてくれました。

 というわけで、そこからまた歩いてC2へ。乗り換え時間には余裕があったので問題は感じませんでしたが、台北便が遅れていたら焦るだろうなと思いました。

 ゲートに到着するとすぐにアナウンスがあって、「機内整備の関係で搭乗が15分ほど遅れる」とのことでした。搭乗後、和食を食べようと思ったのですが、この便も人は少なく、「和食はナシ」とのことでチキンを選択。

チャイナエアライン ビジネスクラスの食事 チキンソテー

 この便も隣はいませんでしたので、やはり窓側に移動。なお飛行は追い風200km/hと表示されていて、対地上速度が1100km/hを越えていました。

 風に乗ってぐんぐん進む感じ。揺れもほとんどなく快適な飛行で、途中1時間弱座席を水平にして仮眠。ゆっくり寝られました。

 というわけで、ともかく対地速度が速いので、成田にもそれほど遅れることなく到着し、あとは帰宅するだけ。成田からは結構遠いので、いつも10時過ぎに帰るのですが、今回は9時半ごろ到着でした。

 なお今回の旅行の詳細は、「バンコク ぶらり一人旅」の方で、今日からまとめていくつもりです。
 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/1388-4f1bfdf4