FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1414回 AOTのリムジンでモデナ・バイ・フレイザーバンコクへ

  桃園空港からスワンナプーム空港までの飛行はいつもとほとんど変わりませんでした。台風の影響はほとんど感じません。食事はパスタを選択。

 コンダクターという女性音楽指揮者の映画を見ましたが、割と面白かったです。スワンナプーム空港着陸は5時半ぐらい。「ようやく到着かあ」と思いながら、例によってイミグレまで延々と歩きます。

 一般のイミグレもそれほど混雑していないように見えましたが、そこを通過してファストトラックへ。今回からまた制度が変わったようで、機内でファストトラックのチケットは配布されませんでした。

 代わりに、入国審査書類を渡してくれたフライトアテンダントさんが「チケットがパスの代わりになります」と言っていたので、パスポートと一緒にチケットをカウンターの係に差し出し無事通過。

 ネットではファストトラックのチケットも販売されているみたいですが、今回の改訂だと、こういった裏技は使えなくなるのかもしれません。

 スーツケースを受け取って、ちょっと思案したのち、今回はマイレージの特典航空券で飛行機代が浮いたので、思い切ってAOTの空港リムジンを使うことに決定。

 スーツ受け取り場所のすぐ近くのカウンターに出向いて、ホテルのバウチャーを見せて「ここに行きたい」と伝えると、案の定「カムリでいいですか?」と聞いてきたので、「いやもっとスモールサイズで十分」と答えて、価格が1050B。

 かなり高い。とはいえ時刻は通勤時間帯で、バンコク市街が混むのは間違いない。当然電車で行けば安いのですが、「リムジンでちょっと贅沢にのんびり行こう」と判断。

 カウンターで支払い、小さな紙をもらって「9番出口に行って」と言われたので、そこに向かうと、出口の右側にやはりカウンターがあって、おじさんが紙を見て、「2分ぐらい待って」と言います。

 しばらくして到着したのが、ホンダのベゼル風のSUVタイプのタクシー。乗り込んで再度行先を告げましたが、どうやらホテルの場所が分からない様子で、スマホで検索していました。

 どうやって行くのかなと思っていたら、いつもの高速でアソーク方面に向かい、どうやらクロンタン駅近くで一般道に降りて、そこからスクンビット駅方面に向かう感じ。

 ホテル近くでは若干道案内が必要でしたが、やはり安全運転で安心して乗っていられました。ホテルに到着してちょっと休憩後、夕食はソイ23の「ジョーク・ルアムジャイ」というお粥の店で、フィッシュボールヌードル75Bを食べました。

 続いてソイカウボーイへ。ちょっと店も入れ替わっているなと思いながら、ソイ23側からスクンビット駅方面に歩き、今回は「カウボーイ2」という店へ。

 初めて入った店ですが、店頭で目が合った子が店内までついてきて横に座りました。英語も通じるみたいで、割と印象の良い子でした。

 ここで1時間弱過ごしましたが、ともかく眠気がひどくなってきたので、10時ごろ退店。ホテルに戻って10時半には就寝です。今日はこの後国立博物館に向かう予定です。
 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/1381-412222e5