FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1343回 WIHOのポケットwifiは結構便利でした

 土曜日に帰国して三日目の今日は6時半に目が覚め、どうやら時差ボケは解消した感じ。タイに行く前は猛暑で、タイに行ってからも暑い毎日が続いていましたので、帰国後のここ数日は妙に涼しく感じられます。

 そのためか夜もエアコンなしでゆっくり寝ることができ、時差ボケの解消も早いのかなと思っています。しかし毎度のことながら、ほんのちょっと前までチェンマイやバンコク市街をうろついて居たという記憶がなんか夢のように感じられます。

 その夢のような記憶をきちんとまとめておかないといけないと思うことも多く、いつものようにこのブログの流れを参考にしながら旅行記を「バンコク ぶらり一人旅」でまとめ始めています。

 たまに自分の旅行記を読み返すこともあるのですが、「そういえばあの時あんなことがあったな」という記憶がよみがえるので、面白いもんだなと感じています。

タイランドハイパーリンクスより

 タイの6つの空港でグーグルが「Google station」というwifiスポットを設置したようです。実際の利用方法がどういう形になっているのかは不明ですが、今回の旅行でもスワンナプーム空港内では多数のwifiスポットがあることを確認しました。

 ただ実際に利用しようとするとパスポートナンバーとかメールアドレス、パスワード等の入力画面が現れて、なんか個人情報が取得されているような不安を感じました。

 とはいえ、気軽にちょっとメールをチェックしたいとかLINEでやり取りしたいというときには便利ですね。グーグル参入となれば、これを選択する人も増えそうな気がします。

 なお今回私は、成田空港でWIHOという会社のポケットwifiを借りました。契約内容は接続速度が4Gで、容量が1日300MBという最安プランで、料金が1日133円。9日間で合計1197円でした。

 今回はチェンマイまで行くので、接続環境はどうかなという若干の不安もあったのですが、全く問題なし。前回はグローバルwifiという会社を使ったのですが、それよりも接続機器は小さく軽いものでした。

 実際の利用環境ですが、動画等はほとんど利用せず、主として現地情報の取得や、移動時の地図を使いました。そのためか、1日で300MBを越えることはなかったです。

 もう1点。スワンナプーム空港では日本人観光客に向けて、入出国の自動化ゲートを設置することになったようです。成田空港ではすでに自動化されて、手続きに要する時間が大幅に短縮されています。

 バンコクでも導入されれば、スワンナプーム空港で長い行列に並んで、イライラしながら待つという状況が改善されることが期待できるので、ありがたいなと思えます。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/1310-598269c0