FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1335回 ドイステープ、ワットプラシン、サンデーマーケット

 バンコク・チェンマイ旅行の4日目の昼過ぎです。今日は午前中ワットウモーンに行ってきました。

 昨日は6時半に起きて、朝食前にこのブログを更新。7時半から朝食。基本的に洋食主体になるようです。ただちょっとおしゃれな小さなおかずがいくつかあって、女性受けしそう。

ウエルスブティックホテルの朝食

 卵料理やパンケーキも特別にオーダーできます。8時半ごろ食べ終わって、9時に出発。向かったのが第一目的地のドイステープ。と言っても、交通手段は面倒に思ったのでソンテウチャーターです。

 ホテルのフロントのお姉さんに、出がけに「今日はどこに行く予定ですか?」と聞かれたので、「ドイステープに行きたいんだけど」と答えると、「タクシー(ソンテウのことのようです)で行くなら、呼びますよ」とのことで、「いくら?」と聞くと「600B 」という返事。

 「お願いします」と伝えると、すぐに電話をかけてくれ「15分ほど待って」と言われ、朝食場所で待機。10分ぐらいでソンテウが横付けされ、運転手さん登場。

 後ろに乗るのかと思ったら「助手席にどうぞ」ということでした。途中チェンマイ大学周辺の道が少し混雑。山道は確かにくねくね曲がっていて、ネットであらかじめ調べたとき、車酔いするかもと書かれていたコメントがうなづけました。

 ただ助手席にいたので、通常の山道ドライブと変わらず、無事到着。あたりには送迎用のソンテウが多数行きかっていました。運転手のおじさんが「入り口は向こうだけど、ケーブルカーならあそこだよ」と教えてもらい、予定通りケーブルカーへ。

 拝観料込みの50Bを支払って乗車。かなりの急角度でゆっくりの上るケーブルカーの乗車を楽しみ、降りたところが寺院。あたりには遠足?と思われる地元の女学生が多数。

ドイステープ

 背中のデザインを見たら「ナース スチューデント」というような文字が見え、どうやら看護学校の学生さんみたいでした。展望台からのチェンマイ市街はあいにくの曇り空であまりよく見えませんでしたが、「なるほどこんな場所か」ということが良く分かりました。

 帰りは階段を下りましたが、メインのまっすぐ下りる階段は250段ぐらいで、全部で300段を越すという説明は、入り口付近から頂上付近までのすべての階段の段数になるようです。

ドイステープの階段

 階段の途中に、山岳民族の衣装を着たかわいらしい子供たちがいて、写真を撮影すると金銭を要求しているようでした。それを横目で見ながら、階段下のカフェでコーヒー。

 チェンマイで飲むコーヒーはおいしいですね。注文があると1杯1杯丁寧に淹れてくれるようです。休憩後運転手さんと落ち合って、「ホテルに戻るかい?」と聞かれたので「ワットプラシンに行きたい」と伝えると、「OK」。

 ワットプラシン到着が12時ぐらい。寺院内を見学して、すぐ近くにあった「Tam noodle レストラン」と書かれた店に入店。メニューを見たらお粥があったので注文。

ワットプラシン

 40Bと安かったのですが、味はお粥にしてはいまいちでした。そこから旧市街を横断するように延々と歩いてホテルに戻り、部屋で昼寝。

ポークのお粥

 起きたら4時半ぐらいで、「そうだ今日は日曜だからサンデーマーケットをやっている」と思って、再び出発。行ってみると大変な人出で、なおかつ多数の店があって面白い。

 買い物の雰囲気に呑まれて、2つで300Bのショッピングバッグと、100Bの香辛料のセットを購入。6時を過ぎたので「GIRAS」何とかという、感じの良さそうなレストランに入り、ここでポークチョップとライムソーダで夕食。チップ込みで350Bぐらいでした。

 あとはホテルに戻って、疲れたので9時半ごろ就寝です。
 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/1302-dd95d5be