FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1334回 夕方の散策はターペー門と「ワット・チェディルアン」

  基本的に更新は1日1回と決めているのですが、昨日のチェックイン後の動きをまとめておこうと思い、今日は2回目の更新です。

 チェックインしたウェルスブティックホテルでちょっと休憩後、早速街歩きに出発。

ウエルスブティックホテル

目指すはターペー門。道順をフロントのお姉さんに教えてもらい、市街図をもらってそれを見ながら移動。

 ちなみにスマホを持っているわけですから、グーグルマップを見ながら移動すればよかったんだなとあとで気が付きました。今日はスマホを使っています。

 ホテルからターペー門までは600mぐらい。周りをきょろきょろ見ながら道を歩きます。時折バイクや車が傍らを通り過ぎていきますが、バンコク市街よりも歩きやすいなと感じました。

 ターペー門前の広場に出ると、大勢の観光客とともにハトが多数いて観光客の多くは近くで売っている餌を撒いて楽しんでいました。

ターペー門

 その様子を見ながらレンガ造りの門を見上げて、まあよく作ったもんだなと思いましたが、それだけ周辺諸国からの紛争が切迫していたんですね。門の周りには水路があるので、日本の城と同じ発想だなと思いました。
 
 ただ門そのものはそこにあるだけで、観光名所と言ってもそれほど面白みはない場所です。10分ほど周辺をフラフラして、ターペー門から中心部に向かって散策。

 すると50~100mごとに、事前に調べたお寺以外のお寺が多数道沿いに建っていることを発見。チェンマイ市街にはお寺が多いということは事前に調べて分かっていたつもりですが、これほど多いとは思っていませんでした。

 そしてそれぞれのお寺ごとに、本殿入り口の両脇に、今回関心を持って眺めている「ナーガ」の像があります。さらにどの寺院にも、ご本尊と思われる仏像の前で熱心に拝んでいる人がいます。

 最初はそういった寺院を一つ一つ見ていたのですが、余りに数が多くて中心付近の三人の大王像に行きつくころには、「こりゃ多すぎる。寺院はもういいか」という軟弱な気持ちも芽生えてきました。

 三人の大王像の道を挟んだ反対側に「民俗資料館」があったので、入ろうと思ったら「開館は5時までです」と言われ退散。時刻は4時45分でした。

 というわけで、そこから南に下っていくと、有名な「ワット・チェディルアン」があったので、気合を入れて見学。ここはさすがに印象に残る寺院でした。

ワット・チェディルアン

 更にそこから南に向かうといつの間にか城壁に達したので、手前でホテルに向かって左折。ちょっと進んだところに木造の瀟洒なレストランがあったので、ここで夕食。

 あとで調べたら、レビュー評価も高いレストランでした。名前は「アニバーサリーカフェ」です。そこから周囲を見ながらゆるゆる歩いてホテルに戻りましたが、さすがに歩き疲れました。

 というわけで風呂に入って落ち着いたら睡魔が襲ってきたので、9時半ぐらいにっ就寝です。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/1301-178cb9fd