FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1291回 航空会社ベスト100、JALが8月よりサーチャージを値上げ

 今日は朝からちょっと曇り空。週末は再び雨模様という予報が出ているようで、その兆候を伺わせます。

タイランドハイパーリンクスより

 イギリスのDKYTRAXという会社が毎年発表している「ワールド・ベストエアライン・2019」を発表。1位がカタール航空で2位がシンガポール航空。シンガポール航空は1位から転落です。

 そして3位がANA。4位がキャセイパシフィック、5位エミレーツとなっています。そして10位にタイ国際航空ということで、ざっと見て中東、アジア系の航空会社が目立ちます。

 さらに元々のSKYTRAXのページでランキングを見たら、ベスト100が表示されていました。そこには11位がJALと表示されていました。昨年は13位だったそうで2ランクアップです。

 その先のタイ旅行関連航空会社を見ていくと17位がバンコクエアウェイズ、20位がエアアジア、34位がチャイナエアライン、48位エアアジアX、64位スクートとなっています。

newsclip.beより

 JALが8月発券のチケットからサーチャージを値上げするそうです。タイ便の場合は現在の片道4500円が6500円となるようで、往復4千円の値上がり。7月まではまだ安いので、チケット確保は7月中に決定した方が良さそうです。

 さてタイの歴史を調べていたら、タイの始まりは北方からという記述を発見。そこからの歴史の流れは何となくわかりましたが、ではその北方に移住してきた人はどこから来たのか?と考えるようになり、ネットや書籍で調査。

 すると中国南部やビルマ方面からやってきたということも分かりました。というわけで、ではその中国南部やビルマの人たちはどこからということを調べたら、そもそも人類はアフリカで生まれ、それが東方に拡散。

 その際インドの北方にあるヒマラヤ山脈の北側もしくは南側を移動し、北側は中国南部へ、南側は東南アジアのミャンマー、マレーシアあたりに到達したということのようです。

 しかしこういった移動を考えるときは、私は最初山や川という地形ばかりを見ていたのですが、どうやら気象条件の変化も大きかったようですね。

 つまり地球が暖かくなったり寒くなったりということを繰り返し、その気候の変化によって人類が移動したという要素もあったみたいです。

 その観点で考えると、まだ調べていませんがタイという国の北部の山岳地帯は今よりも暖かく、暮らしやすかったため中国側から移動してきた人がいたということなのかもしれません。

 またそういった暖かい時代なら、南部の今の平野部は、水が多くジャングルのような地域でとても暮らせたもんではなかったのではという気もします。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/1258-544faaee