FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1276回 「タイの歴史」という本を読んでいます

  ハワイ滞在5日目の夜8時半です。今日は持ち帰りのピザを買って、部屋で夕食。シニアのおじさんが一人で黙々とピザを食べている様子は物悲しいような気もしますが、気楽で良いという気もします。

 まあ物は考えようで、実際にやっていることが本人にとって面白ければそれでよい。人と比べてあれこれ悩む必要はないという気がします。

 ピザはおいしかったし開け放し窓からはワイキキ市街の騒音が聞こえてきますが、これがハワイだ~と思いながら、それを楽しんでいます。

 さて今回の旅行で、図書館から借りてきて、暇に任せて読んでいる本があります。中公新書の「物語 タイの歴史」という本で、著者は東京外語大の柿崎一郎さんという方。

 生まれを見たら、私より年下の方でした。内容はタイ族の起源から始まって現在までをわかりやすく説明してくれています。この本を読んで、これまでネットで少しずつ知識を増やしていたタイという国の歴史が改めて良く分かるようになりました。



 この本を読んで、タイ民族と呼ばれる人たちは、やはり周りの国から少しずつ北部の山を越えて集まってきたということが分かりました。

 さらに読み進めた途中で、やはり今はバンコクとなっている地域が、昔はチャオプラヤ川の氾濫等で定住生活が困難な地域だっとことが分かりました。

 なんだか私自身が描いていたイメージとよく重なっています。当初はあちこちの山間で暮らしていた人たちが、やがて手を結ぶようになり、そういった緩い共同体が大きなグループとなる。

 そしてある時、たぐいまれなリーダーシップを持っている人が現れると、そういったグループをまとめるようになり、それがのちの世に王国と呼ばれるようになったみたいですね。

 当然当初の王国は単なる人々の集合体でしかなかったはずですが、それがある程度組織立ってくると、徐々に周辺に勢力を伸ばし、ある種の契約関係ができることにより、より大きな国となっていくということですね。

 初期のドヴァラーバティーという集合体はそういった小さな国の集まりだったようです。しかしそういった集合体は現在のタイという国を取り巻くミャンマー(ビルマ)、ラオス、カンボジアでも似たような発展を遂げるわけで、そういった集合体同士が勢力を争って紛争が起きるということになります。

 そこへもってきて、世継ぎや統治に関する考え方の違いで、なん百年も続いた集合体であっても、やがて衰退。その衰退の波が来るたびに周辺の国からの侵略を受け、それをまた跳ね返したりということが続きます。

 その大きな流れがスコタイ王朝やアユタヤ王朝、さらにトンブリーから今のバンコクになったということのようで、改めてタイ国王に対する国民の敬愛精神がなぜ生まれたのかということも良く分かりました。

 ハワイにいながらタイの歴史に思いを馳せるなんてものなんか不思議な気分です。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/1243-3b8248a8