FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1241回 パタヤでマッサージを受けた男性が亡くなる

 今日は午後から雪が降るなんて言う予報も出ているようで、朝から少し寒い。実は昨日車のタイヤを、冬用タイヤから夏用タイヤに交換したばかりで、タイミングの悪さにがっくりです。

 今日のバンコク市街の大気汚染状況は50~90でかなり良好。シラチャーも40ぐらい。ラヨーンは60~75で、こちらも良好。雨が降るようになってきたからでしょうか。それともソンクラーンで水撒きが始まっているせい?まあありがたいことです。

タイランドハイパーリンクすより

 パタヤでマッサージを受けた67歳のスペイン人男性が死亡、という衝撃的なニュースが出ています。この男性、帰国直前になじみのあるマッサージ店でマッサージを受けたようですが、どうやら持病があったようです。

 その持病についてマッサージ店には説明がなかったようで、いつものようにマッサージクリームを使って15分ほど腹部をマッサージしたところ、男性はショック状態になったとのこと。

 すぐに救急車で病院に搬送されたようですが、車内で死亡が確認されたとこのことで、詳細は不明。ちなみにこのニュースで不思議なのは、マッサージクリームを使うとか、腹部のマッサージという部分。

 もしかして性機能回復マッサージ?という気がしないでもないのですが、年齢から考えてもあり得そう。

 という疑いがあるものの、私もタイでマッサージを受けるようになって気づいたことがいくつか。それはマッサージ師さんによってですが、へたくそな人が行うと力づくのマッサージとなるということ。

 またタイ語ができないと、「痛い」とか「強すぎる」と伝えることもできず、きっとこれがタイマッサージ何だろうと自分で自分を説得し我慢してしまいます。

 そんなことを感じるようになり、私はここ数年タイに行ってもマッサージを受けることはなくなりました。ここ数年で鼠径部ヘルニアの手術をして、2年半前にクモ膜下出血の手術をしたことが原因になっていますが、今も頸動脈の一部に狭窄があるといわれています。

 この狭窄部分がマッサージによって破壊され、その一部が脳の動脈に飛んで詰まったら、またしても脳梗塞になると思われ、そういった危険の回避を考えています。

 この記事にも、持病のある人はマッサージを受けてはいけませんという記述がありますが、持病がもともと多い高齢者は注意が必要だなと感じる記事でした。

 この記事に関連するニュースも出ていますが、思った以上にマッサージ中の怪我や死亡事故は多いみたいですね。単に「安い」「気持ちが良い」という判断だけでマッサージを受けるのは問題がありそうです。
 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/1207-657906f2