FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1219回 バンコク旅行で持参するもの

  昨日に引き続き今日も良い天気。とはいうものの朝から花粉の影響は感じています。しかしバンコクの大気汚染は再び悪化しているようですから、それに比べれば・・・という気もします。

 今日はシーロムが80、パヤタイ付近が182と悪化。クロントーイあたりには231という驚異的な数値が表示されています。シラチャーは63、ラヨーンが59となっています。

newsclip.beより

 日本は日に日に暖かくなり、最近はインフルエンザという語句をほとんど聞かなくなりましたが、タイではインフルエンザが流行っているようです。

 3/7の報告では昨年同期の2倍以上の患者数だそうで、PM2.5以外にも、インフルエンザ対策としてマスクは必携かもしれません。ちなみに患者数はチェンマイ方面が最も多いようです。

 一方で暑期が近づき、タイ全土でじわじわ気温が上昇。11日はバンコクのドンムアン空港で36.6度を記録したそうで、これを見て持参する衣類にTシャツを増やす必要があるなと感じました。

 というわけで、今日は朝からちょっと気が早いのですが、リビングに持参する衣類を積み上げ始めました。5泊6日で、このところホテルチェックイン日には60代のシニアらしい格好でチェックインしようと思っているので、いわゆる襟付きのカジュアルシャツを最低2枚用意。

 さらにTシャツは、5泊6日なら、間の1日自由になる日は4日間ですが、そのうち1日はパタヤからバンコクの移動日となるので最低3枚。

 ズボンは基本的に1本だけですが、短パンか汚れた場合の予備として1本を追加。下着や靴下はまあ宿泊日数分。後はいつも忘れてしまうのが帽子や折り畳み傘。今の時期には必携です。

 洗顔用具は、歯ブラシや歯磨き、櫛、髭剃り、シェービングクリーム等、旅行用にまとめて入れてあるのでこれを持っていくだけ。よくバンコクの旅行記では、部屋に歯ブラシがついていないという記述も見かけますが、常用の歯ブラシを持参するので気にしたことはありません。

 これに、いつも人より多いだろうなと思っているのが常備薬。私の場合はこれまでの病歴がいろいろあり、今も日常的に服用している薬が降圧剤、抗凝血薬、コレステロール薬ですが、これ以外に持参するのが喘息薬、アトピー性皮膚炎の塗り薬、風邪薬、胃腸薬等。

 結構な量と重さになりますので、これまた袋にまとめて持参。他にガイドブックの類。といっても基本的に持ち歩くのは「歩くバンコク」という雑誌と、ネットからンロードしたパタヤの地図を印刷したもの。他に読書用の文庫本数冊。

 これ以外に、ノートパソコン、デジカメ、今回初導入の格安スマホとそれぞれの充電器。最後に貴重品。現金、パスポート、予約確認書類、旅行保険証書等。

 これらをすべて入れると、スーツケースの重さは10数㎏になります。スーツケースは容量が60Lの中型のものを使っていますが、大体3分の2ぐらいが埋まります。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/1185-f385970f