FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1162回 タイへの外国人観光客、来年は4000万人を突破!

 昨日はほぼ1日中北風が吹いて寒い思いをしました。今日は風はないものの、放射冷却の影響かかなり冷え込んでいます。クリスマスも無事に終わり、新聞に挟まれているチラシは、一気に正月モードになったような気がします。

SankeiBizより

 日本に来る外国人観光客数が3000万人というニュースが先日報道されていましたが、タイに来る外国人観光客数は、2019年は4000万人を突破する見通しだそうです。

 タイ国の面積は日本の約1.4倍。そこに6700万人程度の人が暮らしているそうです。従って人口密度は日本が340人ぐらいに対してタイは130人だそうで、国全体としてみると実にゆったりとしていることになりそうです。

 ただしバンコクの人口は800万人程度のようで、やたら人が多いということになります。それはそれとして、どうしてそんなに人が集まってくるのか?

 記事では、数ドル程度の食事がある一方、高級店も多数存在とか、宿泊施設もピンからキリまであって、様々な旅行者の嗜好に適合できると書かれています。

 一方で最近はアイコンサイアムに代表されるような高級路線を意識した様々な施設が新規開店。これもまた旅行客の関心を引き付けているようです。

 つまり1日5ドル程度で暮らす人から、ホテル代を含めて500ドルぐらいを消費する人までの様々なニーズに応えられると言うことです。

 しかし日常的に私が感じるのは、外国人観光客を受け入れることに慣れて、慣習の違いがあっても、それをにこやかに受け入れてくれる度量を持つ人が多いと言うことも、観光客増加には目に見えない効果があるのではと思えます。

 今回11~12月にかけての旅行で私は旧市街を歩き回りましたが、その際道に迷いそうになって、屋台のおばちゃんやマーケットのお姉さんに英語で道を尋ねましたが、返答はタイ語でしたが実に親切。

 旅行記にも書きましたが、未知の場所で旅行者が困っていれば何とかしてあげたい、という気持ちはどこの国の人でも同じだとは思いますが、その気持ちのこめ方がタイの人は好ましいように思えます。

 「なるほど私はこういった何のことはないコミュニケーションを求めてタイに繰り返し行っているんだな」と改めて気づかされました。

 とはいうものの、一部のタクシー運転手の乱暴な運転やメーター不使用だけはやはり不愉快。ただ、こちらが「バンコクのタクシーとはそういうもんだ」という心境になればいいのかなという気はします。

 逆に相場の倍程度の約束をいったん締結してしまえば、混んだからと言ってそれ以上の額を請求されることはなさそうです。またタニヤやパッポンあたりで常に客待ちをしているタクシーの運転手さんは、流しのタクシー運転手さんよりホテルの場所に詳しい人が多いです。

 その意味ではホテルのロケーションの説明に自信がなければ、こういったぼったくりタクシーの利用もありかなという気はしますが、法律上は認められていませんから、その違反に加担するという引け目を感じます。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/1127-844a9be7