FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1105回 ワットパクナムに日本人観光客が殺到

 今日も曇り。秋雨前線が居座っているように思います。気温が低いので助かっていますが、青空が見えないのが気分的に不愉快です。

 9月にハワイ旅行を予定していたのですが、母親の緊急入院で予約をすべてキャンセル。キャンセル保険の必要性を感じましたが、その後母親は無事退院し自宅療養中。

 というわけで、ちょっと落ち着いたので10月下旬に北陸旅行に行こうかと思っています。石川県は母親、父親の出身地で、古いお墓もあるので、墓参りを兼ねて旅行に行きたいという欲求を満たし、おいしいものを食べ、ドライブを楽しむ予定です。

newsclip.be、タイランドハイパーリンクスより

 先日のドンムアン空港で警備員が中国人観光客に暴力をふるった事件で、きっかけになったのはどうやら入国時に請求される到着ビザの手数料に、さらに上乗せ金額を提示されたことが発端のようです。
 
 というわけで、今日の記事にでは、こういった係官へのチップに該当するような行為を禁止するという張り紙が掲示されたと書かれています。

 「へえ~」と思いつつ、「そんな制度があるのか」と思っていたら日本人の場合はそういったビザが無くても入国出来るので、問題が起きることはなさそうです。

 ちなみに同様の記事がタイランドハイパーリンクスに出ていて、こちらは入国場所の写真付き。その写真を眺めてみると、該当する場所は、一般の入国審査会場とプライオリティの間にある「Visa on Arrival」と書かれた場所が該当するようです。

 「そうかああの場所だったのか」と納得しましたが、私はず~っとクレジットカードのVISAかなんかを使って通過できる特別レーンなのかなと勘違いしていました。

東スポwebより

 最近あちこちのページでインスタ映えすると紹介されている「ワットパクナム」に日本人観光客が殺到しているそうです。しかしその観光客のマナーが悪すぎるという記事が出ています。

 一読して納得。マナーや礼儀を知らない、お寺の尊厳というものを理解しない若者が、砕けた服装でワーワーキャーキャー言いながら写真を撮りまくっているとのことで、本当なら現地の人は不愉快だろうなと感じました。

 まあ確かに美しい幻想的な写真が撮影できるみたいなので、私も行ってみたいと思っていた場所ですが、この記事を見て行く気がなくなりました。残念です。

 日本から初めてタイに行くと、物価が安くて人々の気質が穏やか、様々な場所で笑顔で接してもらえるということで、気持ちも安らかになりますが、だからと言って現地の慣行を踏みにじるような行為はまずいよなと感じます。

 ただそういったことが分かってくるのは、数回のバンコク旅行を経て徐々に意識できることなので、なかなか難しいなとも感じます。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/1070-c6c4424c