FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1056回 次回の旅行にパタヤを入れるかどうかで悩んでいます

 早期退職をした上、さらに年金暮らしとなって1年に4回海外旅行を楽しむというのは、予算的にかなり厳しいなとは思っています。そのため日ごろの生活はなるべく節約するということを心掛けています。

 その上で、年間の海外旅行を除いた家計の支出額と税金や保険料を合計し、これと年金の収入額を見比べ、更に在職中に少しずつため込んだ資産を運用し、その運用益をプラスして、毎年赤字にはなるけれど資産が枯渇することはないラインを設定し、そこから年間の海外旅行費用の上限を100万と決めています。

 また私自身の体力や健康問題を考えると、あと5年ぐらいでいわゆる健康寿命に達するので、場合によってはその頃が海外旅行の限界かと思うこともあります。

 ただ現状では何とか一人で行って帰ってくる体力は残されているようなので、あと10年ぐらいは楽しめるかなと思う時もあります。というわけで仮にあと最大で15年楽しむということにして、毎年の赤字額が仮に50万程度なら、今余裕資産が750万あれば、ほぼ一生海外旅行を楽しめるという計算になります。

 とはいうものの、実際にじわりじわりと資産が減っていくのは結構気分的に不安になりますね。そういった不安を解消するためにも、逆に資産の現状把握が必要だなと思って、毎月末に銀行口座等の預貯金額や株式、投資信託といった投資商品の総額を計算し、資産の推移を見守っています。

 というわけで、まあ旅行とは関係ない話題ですが、旅行を楽しむためには背景となる旅費の捻出は常に関心を持つ必要があるなと思っています。

newsclip.beより

 28日から500Bと1000B札にも新しいワチラロンコン国王の肖像が入った紙幣が流通することになるそうで、これで国王の肖像がさらに浸透することになりそうです。

 それはそれでいいのですが、困るのはMRTで紙幣を使って切符を買う時。どうやらMRTの券売機は、古い紙幣しか受け付けてくれないようで、新しい紙幣の場合は窓口で買う必要があります。

 日本なら新しい紙幣の流通と同時に鉄道等のすべての券売機がバージョンアップされるような気がしますが、タイではそういった変更は徐々に浸透する様で、まあお国柄と言えばそれまでですが、ちょっと不便さを感じることもあります。

 さて、次回のバンコク旅行ですが、上に書いた資産の減少についても考慮して、今回はタイ国際航空のエコノミークラスかなと思い、近日中に予約の予定です。

 で問題は宿泊場所です。今回は6泊にする予定なので、場合によってはパタヤまで足を伸ばしてもいいかもとちょっと悩んでいます。しかし6泊だと配分が難しいですね。

 当初はバンコクに到着して1泊。翌日パタヤに移動して2泊、再びバンコクに戻って3泊という予定を考えていたのですが、この動きをシュミレーションするとどうも忙しない。

 パタヤを3泊にして、バンコク1泊、パタヤ3泊、バンコク2泊でもいいかとも考えましたが、なんか中途半端。それならパタヤは諦めてバンコクだけで6泊とか、まあこういったことを考えるのも楽しみの一つなので、いろいろな可能性を検討しています。

 ちなみに普通の人はパタヤに行く場合、バンコク到着日にそのまま移動となることが多いと思いますが、どうも1日でそこまで移動する元気が出ません。まあタクシーで行けばそれほど疲れないとは思いますが、今度はパタヤ到着時間が気になります。

 疲れてヘロヘロになって到着したんでは、夜遊びの楽しみも半減するということです。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/1022-e02ebb8b