FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1047回 ゴーゴーのコストパフォーマンス

 昨晩9時半頃無事自宅に戻ってきました。朝5時(日本時間7時)起きで、9時半着ですから、移動に要した時間は14.5時間。前後5.5時間ぐらいは、空港まで、および空港からの時間ですから残りは9時間。

 チャイナの場合乗り換えで1時間半かかりますから、実質飛行機に乗っている時間は7.5時間ぐらいとなります。「遠いなあ」とつくづく感じますが、帰りはビジネスクラスで隣もいませんでしたから、旅行気分は満喫できました。

 しかし空港駐車場のシャトルサービスに向かうため空港の外に出ると、夜8時過ぎだというのに、まとわりつくような熱気を感じ、バンコクの方が明らかに過ごしやすいなと感じました。

 帰りの車内も、結局エアコンを入れっぱなしで帰ってきました。当然ながら自宅のリビングは蒸し風呂状態。(息子はすでに帰宅していましたが、エアコンのある自分の部屋でパソコンです)

 ちょっとだけ夕食もどきを食べて、シャワーを浴びてすぐに寝室に避難。エアコンをかけて、「ようやく涼しくなったな」と思ったころにはすでに寝込んでいて、結局一晩中エアコンの世話になっていました。

 今日は息子の出勤に合わせて6時45分の目覚ましが鳴るまで寝ていましたが、目覚めは割とすっきり。しかし窓を開けても朝のすがすがしい冷気は全く感じられませんでした。

 というわけで、冷蔵庫内の余り物で軽く朝食を食べ、後は洗濯。ブログを更新するぞと思ったものの、暑くて更新の元気が出ません。こんなことは初めてです。

 しょうがないので、旅行中ほったらかしにしてあった市民農園に行き作物の状況を確認。食べごろのトマトと、巨大な茄子を収穫。帰りにスーパーに寄って、今日のおかずを購入。

 次回のバンコク旅行のために節約生活の始まりです。今回はチケット代9万弱、ホテル代4泊で4万ちょっと、現地で遊び代、みやげだいで、大体9000Bぐらい(3万ぐらい)消費したように思います。総額16万の旅行でした。

 消費額の大多数は食事代と夜の飲み物代。今回もオープンエアのレストランから、エアコンの効いたレストランまで利用しましたが、そこでの消費額は1食あたり、食べ物+飲み物代で200~600Bぐらい。

 4泊5日の日程で、レストラン利用回数は朝食はホテルで食べているので、昼夜の食事が7回ぐらい。ということとは1回平均400Bとして2800B。大体3000Bということだと思います。

 また2000BぐらいはタクシーやMRT等の交通費とお寺に行った時の入場料、さらに土産代。ということは残りの4000Bぐらいが夜の飲みもの代。

 4泊していますから、ゴーゴー等の利用を一晩で3店ぐらい回ったとすると、全部で12店。ほとんどの店でジュースを1杯だけ飲んで、2杯飲んだ店はありません。

 ジュースは会計時のチップを含めて160Bぐらいだと思うので、12店利用したとすれば2000Bぐらい。ということは残りの2000Bぐらいが、飲み物を奢った代金やチップということとになりそう。

 以前は気に入った子と一緒に食事に行くなんてこともありましたが、最近は店内で適当にお話をしていれば十分と感じるようになりました。その意味では、儲からない客ということになるわけですが、せめてもの思いということで、話しが弾んだ子には別れ際に100B程度のチップを渡すようにしています。

 気立ての良い子なら、次回行ったときたまたま在籍していると、すぐに寄ってきて話もできます。まあ夜遊びのコストパフォ-マンスの問題だろうなと思っています。


関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/1013-a6588a27