一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1041回 エラワン博物館を見学

  バンコク時間朝7時に起きて、とりあえず体調についてセルフチェック。と言ってもどこか異常を感じることがあるかなという程度ですが特になし。

 ベッドを出て日本の生活と同じように軽くストレッチをして身支度を整え朝食会場へ。いつものようにグリーングアバと和洋折衷のおかずをとり、主食はお粥。コーヒーを飲んで終了。

 自室に戻ってブログの更新。9時半になったので出発。向かったのがBTSサムローン駅よりちょっと先にある「エラワン博物館」という場所。巨大な象の像があるということで関心をよせていました。

 ルンピニ駅でプリペイドカードを購入。私は古い人間で、日本でもいまだに列車利用はすべて切符を買っていますので、生まれて初めてこういったカードを買いました。

 使ってみると結構便利ですね。いちいち券売機で小銭を探さなくても良いとか、チケットを買うために並ばなくてよいというメリットがありそう。

 スクンビット駅でBTSに乗り換えてサムローン駅へ。今日はディレイもなかったようで順調な運行です。駅をでてタクシー。階段を降りたバス停近くで何人かの人がタクシーをつかまえていましたので、それに倣って待っているとすぐに空車が来ました。
 
 乗り込んで、タイ語らしい「チャーン、エラワン」と伝えると、すぐに「分かった」という意思表示があり乗車。ちなみにこのあたりを流しているタクシーの運転手は、スクンビット方面を流している運転手さんより素朴なような気がしました。

 博物館までは2kmぐらいで料金が43B。たまたま50B札があったのでこれで支払い。運転手さんは丁寧に入り口を教えてくれましたが、入り口付近はインターチェンジが近いので、結構道が複雑でした。
 
 中に入ると入場料が400Bとのことで結構高い。見学者はそれほど多くなくのんびり見て回れましたが、とにかく入り口付近の象のモニュメントが巨大で迫力満点。

 さらに靴を脱いでこのモニュメント内に入ると、中には螺旋階段があり、これを上っていくと最上階に仏像。ここで旅の成功と健康を祈ってきました。

 下に降りて周辺を散策しましたが、象やヒンズー教の神様と思われる様々な像があちこちにあり、信心深い人なら楽しめそうだなと感じました。

 ただそれ以外に特に見どころはないようで、全体の見学時間が1時間ぐらい。問題は帰りの道ですね。来た道の反対側の歩道に行けばよいと当初は軽く考えていましたが、インターチェンジで道路が錯綜していて反対側に行くためにはかなり歩く必要があるように見えました。

 というわけで博物館出口まで戻って、そこで警備をしていたおじさんに「アソーク方面に戻るにはどうするの?」と質問。すると「タクシーか?」と聞かれたので「そうだ」と答えると、すぐ近くに見えていた「バス乗り場の近くで、タクシーに乗ればよい」と、わざわざ外まで出てきて教えてくれました。

 というわけて「向きは反対だよなあ」と思いながら、その場でタクシー乗車。するとこれまた人の好さそうなおじさんドライバーでに出会え、少し走ってUターン。無事サムローン駅まで帰ってきました。

 以下次回へ。

関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/1007-ff398e3b