FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1040回 バンコク到着、初日からパッポンへ

 おはようございます。バンコク時間午前9時過ぎ。天気は曇り。日本は猛暑襲来なのでバンコクの方が気温が低いようです。

 台北からの835便のビジネスクラスは、やはり座席が広い分快適でした。食事はビーフを選択。食事を楽しみ映画を見たり、ちょっと昼寝をしていたらスワンナプーム空港に無事着陸。

 着陸後空港内を走り回って15分後にゲート到着。そこから10分ぐらいでイミグレ到着。機内でプライオリティレーンのカードをもらいましたので、通過は早かったです。
 
 途中で通常のイミグレの混雑具合を見ましたがが、いつもの半分程度という感じでした。まあ混雑具合は時間によって変わりますので、こういった報告もあまり参考にならないかも。

 イミグレ通過が早かったので、スーツケースは10分待ちぐらい。それを持って今回は迷わずARLへ。マッカサン駅まで35B。券売機横にお兄ちゃんがいて、買うのをアシストしてくれます。

 何とか座ることができマッカサン駅へ。MRTに乗り換えるとこちらは座ることができませんでした。10数分でルンピニ駅着。そこから数分で「エータスルンピニ」到着。

 タクシーに比べると荷物の移動等が面倒ですが、料金は60B程度で、時間もだいたい空港からホテルまで正味1時間程度ですから、やはり列車が便利だなと納得です。

 チェックインを終えて案内されたのが18階の部屋。ちょっといつもより低くなりました。まあそれでも窓からの展望も良く、快適な部屋であることは間違いありません。

 ちょっと休憩して、7時半ごろ出発。夕食はシーロムコンプレックスの「UP TO YUU」という店で、米粉麺のグレービーソースという私が好んで食べている定番メニュー。おいしかったです。これにライムジュースをつけて税込み223B。

 アルコールがないので安上がりです。前回改装中だった「バナナリーフ」が営業を再開していましたが大混雑でした。

 食後は定番ゴーゴー巡り。まずは新装開店となった「キングキャッスル1」へ。いつものおばちゃんに店先で腕をとられ入店。入ってみると、今までの約2倍の広さで、中央ステージを取り囲むように座席が配置。

 ポールの数は片面15本ぐらいで、踊っているダンサーは片側15人以上いたので、全部で30人以上。これが入れ替わりますので総勢60人ぐらい?入った瞬間感じるのは、ここはナナのレインボー?またはカウボーイのバカラ?という雰囲気。

 まあ見た目はすごいですね。人気が出たのかお客さんも多くなりましたが、そのせいかどうか私のような貧相なおじさんに微笑んでくれる子は皆無に近い。

 というわけで、30分ほど滞在してお隣の「キングキャッスル2」へ。こちらは昔通りの店で座席にひび割れがありますが、1と違って逆に派手さがなく、なんか落ち着ける雰囲気。

 5年ほど前のパッポンが好きな人たちはこちらの店の方が良いかも。私も「落ち着けるな」という印象を持ちました。

 さらに「ピンクパンサー」へ。3連休前のせいか、ここも大混雑。この店は従来からダンスのうまい子が多いという印象で、この日も元気に踊っている子が多数。

 しかし私は遠距離用の眼鏡を忘れて、遠くの子の顔立ちが良く見えずがっくり。というわけで、この日は3店だけ。今日の夜はバダビンかなと思っていますが、日本の3連休でお客さんがも多いだろうなと思っています。

 10時過ぎにホテルに戻って10時半には寝ていました。
 
関連記事

 

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wander-thai.com/tb.php/1006-edd6ee74