FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1154回 ホテル・ニッコーバンコクがトンローにオープン

 12月に入ってすっかり冬らしくなりました。夏の猛暑が嘘のように感じられる毎日です。

タイランドハイパーリンクスより

 トンロー駅から徒歩2分の場所に「ホテル・ニッコー・バンコク」という宿泊施設が1/16にオープンするそうです。これを記念して、来年1月までの予約で、宿泊期間1/16~6/30まで宿泊料金が4165Bの記念宿泊プランが設定されています。

 「4000Bを越す」という文字を見た瞬間、私の興味からは外れてしまいましたが、仕事や記念日でバンコクに行く人は便利な場所のようなので使う人も多いかも。

 ちなみに上記リンク先ページから、このホテルのページにジャンプしてみて分かったことですが、ニッコーホテルズと言うのは、オークラホテルグループの一つなんですね。

 バンコクではプルンチット駅から100mぐらいの所に「オークラプレステージ」というホテルがあって、かつてこのホテルの上階にある和食レストラン「山里」でランチを食べたことがあります。

 訪問した時は、カジュアルな服装だったのですが、レストラン前に行ったら和服の女性が出迎えてくれ、思わず「ドレスコードはありますか?」と確認したことを覚えています。

 まあそういった高級感が漂う雰囲気だったと言うことですが、窓際の席に案内され、高層階から下界の景色を見ながら食べるランチは、ちょっと贅沢感がありました。

 しかし味の方はまあ普通。給仕の方はさすがに高級ホテルの雰囲気。しかし一番嫌だったのは、そこで食べている人たちから感じたオーラ?

 私たちはちょっと高級なホテルに宿泊しているのだから、高級な食事を食べているのが当然というような仕草や雰囲気、服装がなんとなく見えてしまったことでした。

 まあその時の個人的な感覚ですから間違っていることも多いと思います。店自体にそれほど悪い印象はないのですが、それ以来1回も行っていません。

 さてそんなわけでトンローのホテルはどんな感じなのかなと思っていますが、実は詳しい場所が知りたくてホテルページにジャンプしたのですが、地図を見つけるのが面倒でした。

 ようやく地図を発見して分かったのが、以前「グランドタワーイン」というホテルがあった場所ですね。ここ数年旧ホテルは取り壊され、新しい建物が建設されていました。

 機会があったら、中に和食レストランも出来るようなので見に行こうかなと思っていますが、この宿泊価格なら、私はアソークのセンターポイントを選択するような気もします。

 コンドームメーカーのデュレックスが世界の浮気調査を実施。するとタイは断トツ第一位という結果だったそうです。私自身ゴーゴーの会話で、何歳?名前は?という通常の会話から始まって、話が通じるようなら、結婚は?子供は?と会話を進めることが多いのですが、婚姻歴は半分以上、その大多数が子持ち、しかし実際の生活は大半が母子家庭ということのようで、浮気率が多いんだろうなとは想像していました。

 まあゴーゴーという特殊な職業の女性たちへの聞き取りですから、そういった境遇にいる子が多いのも事実だろうなと思っていますが、「子供を作っていなくなってしまった」という話を聞いていると、いったいタイの男性は何を考えているんだと実に不思議です。

 とはいえそういった境遇にある女性たちとの会話を楽しんでいる私の行動も不健全と思われてしまうかもしれません。
  
 

第1152回 シートリップ・ジャパンに注意喚起

 今日の朝はこの冬一番の冷え込みでした。朝起きると最近はファンヒーターのスイッチを入れるのですが、表示された室温は6℃でした。やっぱり日本の冬は厳しいなあとため息が出ます。

 帰国後1週間ほどたちますが、特に風邪や気管支炎等の健康上の問題は生じていないので、今回の旅行は健康的にも恵まれていたなと感じています。

 一人で旅行に行くと、時に寂しさも感じますが、行く場所を自分の頭で考える自由度は大きいです。その分、シニアの脳の活性化に繋がっているのではと感じます。
 
 また旅行中、バンコク市街を歩き回ることが多いので、必然的に運動になります。また片言英語ではあるものの、あらゆる場面でコミュニケーションが必要とされるので、これも孤独に陥りがちなシニアには良い影響がありそう。

 というわけで独り者のシニアの海外旅行は、認知症予防にも何かと良い影響があるのではと思っています。ただし問題は加齢に伴って、無理が効かない体になったなと痛感すること。

 もう一つが、やはり海外旅行は金がかかると言うこと。豊かで充実した老後には、退職時点で〇千万円の貯蓄が必要なんて言う記事が雑誌を賑わしていますが、確かにある程度の資産の裏付けがないと、シニア向きの多少優雅な旅行は金銭的負担が大きいです。

 てなことを考えながら、次はどこへ行こうかと悩んでいます。次回3月の旅行も5泊6日なので、今回と同じかなあと思ったり、せめて2泊ぐらいは地方都市に行ってみてもいいのではとか、まあある意味旅行計画の楽しい時期となりました。

トラベルボイスより

 テレビのニュースを見ていたら、ちょっと気になる会社の話が出ていたので、いま改めてネットで検索。対象になったのは、最近安売りで日本でも名前が知れ渡りつつある「シートリップ・ジャパン」という会社。

 もともとは中国資本の会社ですが、バンコクのホテルを検索すると、割と頻繁に目にするようになりました。割と安い価格が表示されることが多いようです。

 問題になったのは「満室になっている宿泊施設を空き室アリ」と表示して、事前払いとしてお金を受け取るものの、実際には宿泊できない事態に陥るというもので、詐欺状態に近いですね。

 調査の結果、これらの問題は中国本社が行っていたようで、シートリップ・ジャパンは関与していないことが分かったものの、信頼性は著しく低下したと判断して良さそうです。

 この問題は「東洋経済ONLINE」というサイトでも取り上げられています。結果的に無事宿泊できてしまえば利用者側は問題意識を持たないような気もしますが、他の旅行代理店より著しく安いと言った価格が提示されていた場合は注意が必要かもしれません。

 ちなみに対象となっている宿泊施設は日本国内のもので、バンコクではなさそうです。