FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1254回 ターペー門周辺のホテル

 埼玉県は朝から雨。昨日は近くを走っている関越道は終日大渋滞だったようです。10連休とはいえ、リタイヤ組にとっては、いつもと変わらない毎日です。

 街中のスーパーも、出かけている人が多いのか、思いのほか空いています。テレビでは朝から「平成最後の・・・・」と大合唱。さらに何にでも「令和・・・・」と名前が付けられ、もう少し落ち着いて天皇退位を眺められないものかと思っています。

 さて今日のバンコク及びその周辺の大気汚染状況は良好。チェンマイ方面もようやく100~180ぐらいの数値になってきました。ただし気温は高め。熱中症に注意が必要です。

 しかしどうやらこういった大気汚染のために、チェンマイのホテルはかなり苦戦しているようです。バンコクポストに記事が出ていて、原因は主に森林火災によるものとしています。

 その結果。3月のホテルの宿泊率が通常の80%から75%に低下。さらに4月は60%にまで低下しているとのことです。ということは、ここの所ちょっと改善傾向にあるチェンマイの大気汚染を逆手にとって、今宿泊すればホテルは空いている上に、大歓迎を受けるということになりそう。

 5月はチェンマイ宿泊のチャンスかもしれないなあと思っています。ただし山火事が大気汚染の原因なら、今後も高温が続く時期なので、再び大気汚染が悪化するというリスクもありそう。タイミングが難しいです。

 というわけで、チェンマイにもぜひ行ってみたいなと思いつつ、暇な時間があるとユーチューブの動画を見たりしています。そうやって現地の地理的状況や街の雰囲気を少しずつ調べて分かったこと。

 私の場合は、最初に宿泊場所を決めるのですが、そのためには利便性の良さを重視します。ではチェンマイ市街を初めて訪れる人が動きやすい場所はどのへんか?

 最初は旧市街の中、若しくはその市街を取り巻く四角い城壁?の近くかなと思っていたのですが、グーグルマップを見ると、やはり有名なターペー門周辺に飲食店が多そう。

 であるなら、この周辺に宿泊すれば、城壁観光、ターペー門観光、周辺のレストラン、さらにちょっと東にあるナイトバザールも楽しめそう。

 そこでさらにこの門の近くにあるホテルをグーグルマップで確認。マップ上でホテルを探し、カーソルをそのホテルの記号の上にのせると、レビュー評価や宿泊価格が表示されるので、これを目安に便利そうなホテルを絞り込み。

 個人的にはレビュー評価は4以上、価格は5000~10000円ぐらいかなと思っていますが、そういった条件で探すと結構候補は少なくなります。

 またこうやってみていくと、チェンマイのホテルの宿泊価格は、バンコクよりも少し安いということもわかってきました。パタヤもしくはそれよりもう少し安い価格かもしれません。

 というわけで、候補になりそうなのが、「AmoraT Tapae ChiangMai」 「De Chai Colonial」「Vila Thapae」「バンタイ・ビレッジ」といったホテル。

 ホテルの内容は全く調べずに、グーグルマップに表示される位置とレビュー評価、宿泊価格だけを見ています。
 

 

第1246回 チェンマイのホテルを調べて街の様子をイメージ

 ちょっと雲の多い天気ですが気温はまずまず。朝食後市民農園に行って、キューリの苗を植える準備をしてきました。ついでにニンジンの種を少々撒いて、今日の作業は終了です。

 帰宅して、まずはバンコクの大気汚染状況の確認。今日もバンコク市街地は45~75ぐらいで昨日とほぼ同じ。シラチャーやラヨーンも34~50で問題なし。

 チェンマイ方面は130~180ぐらいという高い数字が並んでいますが、一時期に比べるとかなり改善された印象です。

 一方バンコクポストには、ソンクラーン期間中チェンマイ方面に移動する車で、交通事故が104件と他の地域に比べて多いという記事も出ています。

 ただし昨年比でみるとタイ全体の事故件数、死傷者の数は10%ほど減少。ちなみに原因として多いのがアルコール摂取だそうで、なんと夕方4時から8時の間に事故を起こす件数が多いみたいです。

 さてチェンマイのホテルについて調べています。まずはトリップアドバイザーで調査。まず宿泊時期を夏休み前半の7月後半として、宿泊費用は5000~10000円を指定。

 すると2560軒あった候補が1332軒に減少。続いて無料wifiを指定すると1092軒、朝食込みを指定したら激減して284軒。しかしまだ多い。
 
 不思議だなと思いつつ、施設の種類をホテルと指定したら84軒。さらに旅行者の評価を4以上としたら60軒。まだ多いなと思いながら、この60軒を旅行者のランキングで並び替え。
 
 するとトップが「ベッド プラシン ホテル」というホテルで、1泊が7000円前後。所在地は旧市街内の西側にあるみたいで、旧市街内を歩くには便利そう。

 口コミ評価を見ると、「とても良い」という評価が多数。さらに珍しいことに「悪い」と「とても悪い」という評価は1件ずつで、どんな高級ホテルでもこの悪い評価はかなりあるのですが、ここはほとんどない。

 唯一不満だったのはどうやら部屋にバスタブがない模様。でも宿泊するならココが良さそうだというのが第一印象です。

 次が旧市街南側の城壁出口を出て200mぐらいのところにある「BED Chiangmai Gate」というホテル、宿泊料は7000数百円で、口コミ評価ではやはり「とても良い」が圧倒的に多い。

 一方「悪い」「とても悪い」という評価はゼロ。ただしやはりバスタブはなさそう。上記ホテルと比べて甲乙つけがたい感じです。

 三つめが「Amata Lanna Village」というホテルですが、場所が東南の川向うということで、初めての旅行ではちょっと使いずらそうと感じたのでカット。

 四つ目が「MPプレイス アパートメンツ」というホテルで、場所が旧市街西の城壁から1kmほど離れたニマーンミーヘンと呼ばれる繁華街?の近く。

 昨日紹介した購入したばかりの「北タイごはんと古都あるき」についている地図を見ると、この辺りは食べ物や買い物に都合が良さそう。その意味では私の好みからちょっと外れるなと思えました。

 というわけで今日はここまで。しかしこうやって調べていくことによって、なんとなくチェンマイという街の雰囲気が分かってくるような気がします。