FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1369回 タクシー利用のハードル

  今日も朝から良い天気。今の気温は低めですが、この後上昇し30℃ぐらいになるとか。空模様を見てちょっと出かけたいなといつも思うのですが、「消費増税で交通費も2%ぐらい上昇かあ」と考えると結局自宅近辺で過ごすということになりそうです。

タイランドハイパーラインクスより

 パタヤで酒に酔った27歳の中国人がソンテウに乗車。後部の立ち席でふざけていたら落下。重傷を負ったという記事が出ています。自業自得と言えなくもないですが、運転手さんが逃走だそうです。

 私もこの立ち席乗車の経験はありますが、背もたれ部分に金属のバーがあって落ちないようになっています。とはいえ、激しい横揺れがあると、手放しではかなり危険。

 一方蒸し暑いパタヤの街中を、ここに立って走っていると、風をもろに感じ爽快。酔い覚ましにも良さそうです。しかし今日の記事には、この部分に乗車中に立つことは、罰金が科される違反行為であると書かれていてびっくり。

 現実には当たり前のように皆さん立って乗っていますが、法的には違反だったんですね。知りませんでした。

 さて、12月に予定しているバンコク旅行。最初に悩むのが日程。私の場合はすでに年金暮らしなので、休日等の心配はないのですが、息子や高齢の母親のことを考えると、そうそう長い滞在もできない。

 一方、私自身の加齢によって、一人で海外旅行に行って動き回るのは実に疲れるなと感じことも増えてきました。というわけで、行き帰りや現地での交通機関の利用も、多少高くなってもいいから楽をしようという発想が増えています。

 というわけで以前は敬遠気味だったタクシー利用の機会も増えています。初めてバンコクに行ったときは、事前に「バンコクのタクシー利用は交渉性になることが多い」とガイドブックに書かれていて、かなりおっかなびっくり。

 その他、手は水平に上げる。タクシーが停車したら、乗り込む前に運転手さんに行き先を告げる。運転手さんが頷いたら乗り込んで自分でドアを閉める。

 メーターのスイッチが押されたかを確認。あとは運転手さん任せですが、一方通行の関係で時には遠回りをしたり、反対方向に向かったりすることがある。

 等々の注意事項を頭の中で復唱しつつ、遠くから近づいてくる赤いサインのついたタクシーを見るわけですが、最初は手を上げるのも不安。

 中には赤いマークが出ていて、手を上げているのにそれを無視して通過したり、逆に手を上げていないのに、路上に立っているだけです~っと近づいてくるタクシーもいたり、まあともかくいろいろ。

 しかし失敗を嫌い、なおかつ小心者の私には当初実に難度の高い乗り物でした。停まってくれたタクシーのドアを開けて「・・・・」と行き先を告げても、発音が悪いのか通じないことも多い。

 その時の運転手さんの反応は、多くが「はあ~?」という不満そうな表情となり、慣れていないとなんか怒られているような印象でした。

 しかし後に、そういった反応は運転手さんも行き先が理解できなくて困っているんだということが分かりました。というわけで、行き先を告げるときは心持ち大声ではっきり。

 さらにアクセントの位置を意識すると通じやすいということが分かり、ようやく乗車するまでの関門をクリア。さらにそういった体験そのものが面白い、と感じる心の余裕も生まれてきて、徐々にタクシー利用のハードルも下がってきました。
 

 

第1292回 相変わらず高額請求をするタクシーが存在するようです

  20日の木曜日午後から3泊4日の短期入院をしていました。理由は男性諸氏にも経験者がいるかもしれませんが、鼠径部ヘルニアという病気です。

 病気と言っても、ウイルスの感染というような内科的なものではなく、筋肉の隙間から腹膜が出て来てしまうというもので、これが悪化すると腸閉塞等になるそうです。

 問題はこれを運動や服薬で治す方法はなく、腹膜と筋肉の間にメッシュという膜を挟み込むような手術が必要ということです。

 というわけで木曜入院、金曜手術、土曜は休養して昨日午前中に帰宅。手術は一応問題なく終了しましたが、当然下腹部を切開していますから、今も痛みは継続。

 まあそれでも痛みを我慢すれば家の中を歩き回る程度に回復しています。一か月もすれば痛みもなくなり、完全復活できると信じていますので、さらに一か月ぐらい様子を見て、次回のバンコク旅行は8月下旬かなと考えています。

タイランドハイパーリンクスより

 韓国のホテルオーナーがタイ人予約客に人種差別発言をしたようですね。予約したのはタイ人女性で、予約後クレジットカードをたまたま紛失。

 そのため予約の決済ができなかったようで、その際のホテル側とのやり取りの中でホテル側オーナーから「貧しい人々、貧しい生活」という本来予約とは関係ない言葉があったようで、これが問題視。

 まあホテル側でも過去に嫌な経験があったのかもしれませんが、こういった意識を持ったオーナーが運営するホテルには私も宿泊したくないです。

 とはいえ、今でもタイの水商売関係の掲示板とかを見ると、日本人の中にも「貧しい」という経済環境だけで、働いている女性たちをさげすむような発言も見られ、「嫌だなあ」とは感じています。

 空港からタクシーを使ってカオサンまで移動したイギリス人男性が、運賃3985Bを請求されたという記事が出ています。普通なら渋滞に巻き込まれても400Bぐらいではと思われます。

 しかし初めてバンコクに行った人はそういった距離感や運賃の相場を知りませんから、初心者とみられるとこういう悪徳タクシーに遭遇する確率も上がるような気がします。

 リピーターの方はそれをどのように避けているのかということも気になるのですが、私自身は、空港で渡されたタクシーチケットは運転手には渡さない、ホテル名やホテルが建っている通り名をきちんと伝える、高速を使ったら料金所でさりげなく50B程度の現金を用意する、といったことには気を使っています。

 しかしこちらがいろいろ考えていても、悪徳タクシーが存在することは間違いなくあり、プチぼったくりには何回か遭っています。

 とはいえプチぼったくりなら被害額は100~200Bぐらい。まあ腹は立ちますが、それで暴力沙汰になるのも怖いので、ある部分泣き寝入りするしかありません。

 一方早朝の空港行きタクシーで、信号無視を繰り返すおっかないおじさん風のタクシーに乗車したこともあり、これはさすがに参りました。早朝で交通量が少ないのをよいことに赤信号を無視して徐行で交差点に進入。

 左右から車が来ないと見るや猛ダッシュ。おかげでいつもより早く空港につきましたが、5分や10分早くなったからと言って、その後の動きに影響が出るわけでもなく、ちょっと情けないですが、ただただ無事に到着することを祈っていました。


 

第1235回 AKGの送迎は好感が持てました

 昨日から今日にかけては新元号の話題ばかり。「令和」に決まったそうですが、コンピューター入力で「れいわ」と入れて変換すると、ちゃんと候補文字の中に入っていました。

 それにしても、元号変更のきっかけになった天皇の健康問題は全く取りざたされず、何やら浮かれた雰囲気ばかりだなと感じるのは私だけでしょうか?

 これで私も昭和、平成、令和の三時代を生き抜いたということになりそうですが、年齢のせいかやはり昭和の時代が懐かしいなと感じます。

 今日のバンコクの大気汚染状況は、市街地が57~91、シラチャーが34、ラヨーンが60~80で特に問題なさそうです。

タイランドハイパーリンクスより

 シーロム駅のすぐ近くにあったデュシタニ・バンコクがクローズして、現在新しい建物の計画があるようですが、これが2024年に完成するそうです。

 名称は「デュシット・セントラルパーク」となるそうですが、記事によれば高層のホテル、コンドミニアム、オフイスビル、そしてショッピングモールができるそうで、延べ床面積が44万m2。

 と書かれていますが、まったく広さの実感がわきません。ただ広大な敷地に高層の建物がずらっと並び、またも脚光を浴びるショッピングモールができるんだなということはよくわかりました。

ニコニコニュースより

 JALが新しく立ち上げるLCCのジップエアに関する今後の戦略が解説されています。記事を読んでわかったのですが、LCCと呼ばれる会社が、運賃を安くする秘訣というのは、飛行距離の短い路線で何回も飛ぶということが必須条件なんですね。

 タクシーが近距離乗車で乗車回数を増やし、基本料金で稼ぐという発想に似ている気がします。記事ではこのジップエアのバンコク便運賃は、現在の通常のJALの運賃の半額程度を目指すということですから、運行が始まれば間違いなく脚光を浴びそう。

 利用者としては全体の航空券運賃も下がることになりそうで、助かるなと感じます。

 さて帰国してほぼ10日。日々旅行の記憶が薄れていくように感じています。それでもANAのビジネスクラスは快適だったなという記憶は残っています。

 次に初めて利用した、スワンナプーム空港からパタヤまでのAKGという会社のタクシー。スワンナプーム空港での待ち合わせというのも初めて経験しましたが、6番ゲート付近という指示は的確でした。

 また運転してくれた若者の運転は、高速を常に100km前後で走り、無理な追い越しもなく安心して乗っていられました。車内では、私は無口な人間なので気づまりになるかなと思っていたのですが、特に問題なし。

 途中のサービスエリア?では「トイレに寄りますか?」という気配りもあり、ホテルに到着してから支払いを行うと、きちんと封筒に入った領収証が渡され、さりげなく去っていきました。

 これなら「また利用する機会もありそうだ」と思いました。ちなみにバンコクに通い始めた当初、高速道では追い越し車線をふっ飛ばしたり、カーレースのように車線を変更する車をよく見かけましたが、パタヤへ向かう高速道ではそういった車はあまり見かけませんでした。

 タイの人の運転技術も少しずつ向上し、マナーもよくなっているのかなと感じました。