一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第609回 おっかないタクシーは避けたいですが・・・

newsclip.beより

 乗客がスーツケースをトランクに入れ、それをしめた音がうるさいとして、「運転手が乗車しようとした家族連れをナイフで脅した」というニュースが出ています。

 家族連れは謝罪して乗り換えようとしたようですが、運転手がナイフを取り出したという事で、たまたま通りかった別のタクシー運転手が仲裁に入ったという事です。

 確かにトランクをしめる音は、思いっきりやると結構うるさいものですが、この運転手はトランクに入れる際も一切手伝わなかったという事ですから、これはひどすぎます。

 家族連れでタイに行ったときは、タクシーはホテルで呼んでもらうのが一番ですね。その際メータータクシーをと自分の希望をはっきり伝えることが大事です。

 このあたりグレードの低いホテルの係りは、適当に路上に出て、ホテル前にたむろしている料金交渉性のタクシーを捕まえてくることが多いです。

 JALが4月から発券分のサーチャージ値上げを決定したそうです。タイは片道1500円が3000円に。私の好きなハワイは片道2000円が4000円になります。という事は予約するなら3月いっぱいが有利という事になります。

 ターミナル21の食堂街では、各国の代表的料理を楽しむことができます。その中で「マンハッタン」というレストランが紹介されています。

 フィッシュ&チップスを注文したという体験記ですが、行列はなし。食べてみると量は十分ということで、味もまあまあというレポートです。

 さて実際にはどうなのか?私はかつて店頭の写真メニューがおいしそうだったのと値段が安かったことに興味をひかれて利用したことがあります。

 感想は味は値段相応。量はまあまあ。たぶん欧米人は好きなのだと思いますが、日本人の繊細な味覚からすると、おおざっぱな味付けで、典型的なアメリカンファーストフードだなと感じました。

 その分値段が安いわけですが、記事にあるように「空いている」という理由もなんとなくわかる気がします。たぶん地元の人はあまり利用しない店ではないかと思われます。
 
 

第587回 オールタイタクシー、ボルベホテルバンコク

 とんでもなく寒い朝です。7時過ぎに起きて、枕もとの時計で温度表示をみたら3℃。さらにリビングに降りてファンヒーターを付けたら、なんと1℃。この冬初めての低さです。

 エアコンも同時につけましたが、なかなか室温が18℃以上になりません。普段から涼しい環境で生活しているとはいえ、さすがに寒すぎます。

 一方バンコクではこれからしばらくは20度前後まで冷え込む日が続くという事で、更に大雨の予想も出ていますので、南部の洪水被害も拡大するかもしれません。

タイランドハイパーリンクスより

 評判が良かったらしいオールタイタクシーですが、徐々に怪しい運転手も増えているようです。この記事は在住の業者さんが体験したことに基づいて書かれていますから信憑性は高いと思います。

 ちなみにオールタイタクシーの車は黄色のプリウス。ただし黄色は他の会社でも使っているようですから、黄色だけを目安にしても捕まらない可能性も高いです。

 しかし評判の良かったタクシー会社なのに、なんとか少しでも料金を多くとろうとする運転手さんが表れたという事は、それだけ労働条件が厳しいという事なのかもしれません。

 ボルベホテルバンコクという新しい小規模ホテルが紹介されていました。ソイ53にあり最寄り駅はトンロー。アコーホテルズ系列のようなので信用も出来そう。

 最初に場所を調べてみましたが、掲載されている住所をグーグルマップに入れて調べると、なんとサリルホテルが出てきました。そういえばこのあたり再開発が進んでいましたので、もしかしたらリニューアル?

 バンコクのホテルは、作ったりリニューアルしたり、こわして建て替えたりと、まあ入れ替わりが激しい。タクシーの運転手が場所を知らないのはやむを得ないなと良く感じます。

 ちなみにボルベホテルは4つ星で、全室禁煙。駅からは500mぐらい。途中のソイ55には個性的なお店がいくつもありますので食事場所には困らないと思います。