FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1416回 午前中は国立博物館、夜はゴーゴー

 バンコク旅行4日目の朝8時半です。今日はこの後11時ごろこのホテルをチェックアウトして、いつものエータスルンピに移動します。モデナフレイザーですが、やはり印象は良いです。

 部屋の広さがちょっと狭いのですが(25m2前後?)、ともかくできたばかりなのでキレイ。シャワーしかないのが欠点ですが、湯量やお湯の温度も調節しやすい。

 シャワーのお湯が洗面所に飛び散ることもないです。今回の部屋は8階で東向き。朝6時半頃になるとオレンジ色の太陽が昇ってくるのが見えます。

 窓が広いので開放的。バルコニーはありませんので、喫煙者には不向きかもしれません。テレビはサムスン製で、NHKワールドやNHKプレミアムを見ることができました。

 WIFIはまあそこそこ早い。ベッドはキングサイズで、寝やすいベッドです。特に空調の音が静かなのがいいです。また今年のバンコクは、朝夕が結構涼しいので、太陽光が差し込まなければエアコンを使わなくてもいいぐらいです。

 ちょっと気になったのはトイレにウォッシュレットや、シャワーノズルがついていないこと。これは唯一の欠点かも。朝食はやはりちょっとおかずの品数が少ないと感じましたが、基本的なおかずはそろっているみたい。

 1泊の料金が7000~8000円で朝食付きなので、まあやむを得ないかなと感じます。今日の朝は、主食にいつものお粥ではなく、ヌードルを頼みましたが、割とおいしかったです。

 スタッフは目が合うときちんと挨拶してくれますね。この好感度は大きいです。MRTのシリキットコンベンションセンター駅までは、50~100mぐらいで、これも私好みです。

 さて昨日はフワランポーン駅からタクシーで国立博物館へ。ちょうど始皇帝の特別展示をやっている時期で、到着した9時半ごろは大混雑。

 入場料200Bを支払って最初にチケット販売所のすぐそばで行われている始皇帝展を見学。入り口で「カメラは預けてください。スマホはOK」と言われました。ちょっと不思議。フラッシュの問題でしょうか。

 内部は一時期に比べて訪問者は減ったと思われますが、やはり大混雑。しかしよくもまあ作ったもんだなと思われる状況が良く分かりました。

 続いて博物館右奥に移動し、トンブリ王朝やアユタヤ王朝の展示物を見学。しかしその奥にある、今回一番見たかったスコータイやドバラーバティの展示館はクローズしていがっくり。

 2時間以上動き回って疲れた足を引きずりながら、チャオプラヤ川岸の「ター・マハラート」というショッピングモール内のサボイという店で昼食。またしても米粉麺の海鮮ヌードルを食べました。

 そこから船に乗ってサパーンタークシンに戻ろうと思ったのですが、なんかエクスプレスボートが運航していない感じ。ツーリストボートのみ。乗船券が60Bで、時刻表を見ると30分に1本の運航。

 面倒になって陸地側へちょっと歩きタクシーでフワランポーン駅へ。サナームチャイ駅の方が近いことは分かっていたのですが、王宮方面の混雑が激しいことも分かっていました。

 料金は60Bでツーリストボートと変わらなかったです。ようするにツーリストボートがやけに高いということでしょうか?ホテルに戻っていつものように昼寝。

 起きたら4時で、部屋でブログの更新作業。6時半ごろパッポンに向かい、「G's」というビールのうまいドイツ料理の店でポークのシュニッツェルという料理を注文。

 巨大な皿に料理が盛られていてびっくり。ここは過去に何回か利用していますが、料理もおいしい。今は断酒中なので、泣く泣くビールは無し。

 食後はゴーゴーへ。旧エレクトリックブルーがあった跡地に、何やらトリプルXという新しい店がオープンしていました。ラウンジと書かれていましたが、入り口ドアが開け放たれていて、横目でちょっと見たら、ゴーゴーのような雰囲気でした。

 その後キングキャッスル1に行ってみると店内大盛況でびっくり。しかし昨日気の合った子がいなかったので、お隣のキングキャッスル2へ。

 こちらは逆に大閑散というかほとんど客がいない。呼び込みさんに請われて入店しましたが、余りの閑散に居心地がよくない。「こりゃだめだ」と思ったので、バダビンに向かいましたが、1と2の差がとてつもなく開いた感じです。

 バダビンで、「この子なら」と思って飲み物を奢った子がいたのですが、なんと「あなたに奢ってもらうのは2回目だ」と逆に言われてびっくり。過去にも呼んだことがあるようです。まあ好みというか相性はそれほど変化していないということなのかも。

 というわけで、ちょっと楽しんで10時過ぎにホテルに戻り就寝です。

 

第1401回 12月の旅行は久しぶりにゴーゴー巡り?

 今日は朝から良い天気。ちょっと郊外に出かけてみたいなという感じですが、行きたいところが思いつかない。悩んでいるうちにいつの間にかお昼になってしまい、結局いつも通りの1日という事になりそう。

 今日もババンコクの大気汚染状況は50~100ぐらいでまあまあ。シラチャーやラヨーン、チェンマイ方面も同様。これなら問題なく旅行を楽しめそう。

 昨晩はポケットWIFIの値段を確認。私はこれまでグローバルWIFIとWIHOという会社でのレンタル経験がありますが、接続のしやすさや安定度、速さについては両者ほとんど変わらない印象です。
 
 ただ持ち歩く機器の大きさというか重さがグローバルの方がちょっと重い印象でした。そう思ってWIHOでいいかなと思っているのですが、一番安い1日300MBのレンタル料を調べると1日300円ぐらい。

 これに対してグローバルは240円。60円の差は大きい。というわけで、今回はグローバルWIFIかなと思っていますが、契約ページに進むと、何だか機器破損の保険料みたいなものがあります。
 
 何らかの事故で破損させた場合に、機器の修理費用として数万円かかることがあるみたいな脅し文句?みたいなことも書かれていて、ちょっと不愉快。(親切心なのかもしれませんが)
 
 これまでこういった保険に加入したことはありませんが、こういった事故が起きる確率もわずかながらありそうな気はしますので、不安になります。出発まではまだ時間がありますので、もう少し調べてみようと思っています。

 一方今回の旅行では、久しぶりに少しナナプラザやソイカウボーイあたりをうろついてみようかなと思っているのですが、ここのところパッポンばっかりだったので、現状がどうなっているのかさっぱり不明。

 というわけで、ネットを検索。ナナプラザではやはりレインボー系が良さそうですが、滅多に足を踏み入れない3階のお店も面白そうな感じ。

 一方カウボーイの方は、これまでと余り勢力図は変わっていないようで、やはりバカラがダントツ?その他シャークやライトハウス等、私のこれまでの印象とそれほど変化はなさそう。

 パッポンでは、ともかくキングキャッスル1または2。ピンクパンサー、バダビンあたり?バダビンは、いつもの男性経営者から女性経営者に変わったようで、女性陣やスタッフも一新したような印象です。

 てなわけで、昼間は市街観光。夕食を食べて夜はちょっとゴーゴーを覗いて就寝という旅行形態になりそう。

 問題は昼間の観光ですが、今回は7泊と、日程にかなり余裕があるのであちこち行けそう。チェンマイ旅行時に調べたタイの歴史に関する知識を生かして、先ずは3回目の王宮観光?

 さらに定番のワットポーやワットアルン、さらに国立博物館にもう一度行ってみたい。

 続いてBTSやMRTが郊外にどんどん進出しているので、この方面も行ってみたい。さらに余力があれば、メーンクロン線乗車体験とか、アユタヤへ鉄道で行くとか。

 なんだかいろいろやりたいことが出てきましたが、体力的に全部は無理。いつものように朝起きて、朝食を食べながらその日の予定を考えるという、ぐうたらな旅行になりそうです。
  
 

第1398回 アイコンサイアムが早くも1周年

 6時過ぎに目が覚めましたが、カーテンの隙間からオレンジ色の太陽光が見え、「こりゃ今日は良い天気になりそうだ」と思いながら起床。

 一方室温は12℃で、いよいよ本格的な冬到来を感じる温度でした。昨晩ファンヒーターに灯油を入れ、今日は朝から稼働。光熱費が嵩む時期になってきました。

 バンコクの大気汚染指数は昨日同様110~150ぐらい。シラチャーやラヨーンは100~130。チェンマイも 100~150ぐらいで、ちょっと困ったなという感じです。

バンコクポストより

 鳴り物入りでチャオプラヤ川西岸にオープンしたアイコンサイアムが、早くも1周年を迎えるようで、11月から1月にかけて各種の催しが行われるみたいです。

 スケジュールや内容がリンク先ページにまとめられていますが、かなり大規模かつ美しい催しが多そう。夕方以降は各種のイルミネーションが輝くようで、12月の旅行で一度は行こうと思っています。

 ちなみに私が一番楽だなと思っているアクセス方法は、サパーンタークシン駅から出ている無料の船に乗ることです。最近この桟橋の乗り場が少し整理されました。

 MRTのサパーンタークシン駅からは、進行方向左側の出口に向かい、階段を降りてそのまままっすぐ川の方に向かうと桟橋があります。

 ここには全部で5つの乗り場があるのですが、アイコンサイアムとアジアティーク行きの乗り場は一番左の桟橋になります。途中観光用のツーリストボートやチャーター用のチケット売り場があるのですが、一切無視。

 桟橋に出たら左に向かって通路を歩きます。通路は左右二つに線で分かれていて、左側がアジアティーク、右側がアイコンサイアム行きの列になります。

 通路の頭上に看板が出ていますので、それを参考にするとよいと思います。船が来たら乗り込むだけ。10分ぐらいのクルーズを楽しんで到着です。

 到着すると目の前にアイコンサイアムが聳え立っていて、その前は大きな広場となっています。非常に開放感溢れる空間で、今はここで連日各種のイベントが行われているのかなと想像しています。

 内部はかなり広い。本格的にショッピングや飲食を楽しもうと思った、1日たっぷり遊べる感じです。

アジアトラベルノートより

 ドンムアン空港、スワンナプーム空港、ウタパオ空港を結ぶ高速鉄道が建設されることになりましたが、その所要時間が発表されました。

 スワンナプーム空港~パタヤ間は50分、ドンムアン空港~パタヤ間が80分だそうで、かなり便利になりそう。バンコク市街ではマッカサン駅ができるみたいで、パタヤまで70分と書かれています。

 また運賃はスワンナプーム~パタヤ間が330Bだそうで、さすがに少し高い。しかしタクシー等に比べれば間違いなく安い。開業は2024年だそうで、楽しみです。