FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1066回 日本人の中にも、タイで嫌われる人がいる

  昨晩はどこかで雨が降ったのか気温も下がり、エアコンなしで寝ることが出来ました。しかし朝6時半に起きてカーテンを開けると青空が広がっていて暑くなりそう。

 それでも夜中に庭から虫の声が聞こえたり、今日は朝食前にちょっと河川敷のウォーキングに行ってきたのですが、草むらからキリギリスの鳴き声が聞こえたりして、ほんの少しですが秋の気配を感じました。

 お盆の時期ですがバンコクに出かけている人も多いのかなと思っていますが、空港のイミグレの混雑が気になっています。というのも、中国人観光客がプーケットで多数亡くなられ、その後のタイ政府の対応がいまいちだったと言うことで、中国人観光客が激減。

 慌てて、タイ政府が空港の入国審査に8月3日から中国人専用レーンを設けたというニュースがあったからです。ヤフーニュースを見ると、このレーンはスワンナプーム空港で18レーン、ドンムアン空港で21レーンということで、かなり多いように感じられます。

 まあ一般的に中国人観光客のツアー客の現地での振る舞いは、地元の人にはあまり受け入れられていないような印象ですが、その経済効果が大きいため、政府としても痛しかゆしという心境なのかなと思っています。

 とはいうものの、イミグレの混雑は日常的なもので、そこに専用レーンが設置されたとなると、一般観光客のイミグレ通過はますます混雑し時間がかかるようになるのかなと思え、実態が知りたいなと思っています。

 一方、私自身空港の待合室にいるとき、目の前に中国人観光客が来て、私の存在など全く無視して大声で会話をしたり、携帯を使ったり、またチェックインカウンターで並んでいるとき、横から勝手に列に割り込んだりする中国人観光客の実態を目にしたりして、少なからず不愉快な印象を持つ機会がありました。

 しかし・・・ここで発想を転換して、じゃあ日本人観光客のマナーは良いのかという話になると、特に夜遊びの場面で最近日本人の評価が落ちているという噂?も耳にします。

 ネットで具体的な事例を調べてみると

・ ゴーゴーバー内で断りもなく撮影をする

・ 料金交渉でひたすら値切る

・ 料金交渉がまとまっているのに、いざ支払い段階でなんだかんだと文句をつけて支払いを渋る

・ 何も言わずにトイレだけを利用して出ていく

・ 挨拶をしない

・ チップをケチる

 結局中国人観光客にしろ日本人観光客にしろ、それぞれの国の価値観をそのまま価値観の違うタイという国に持ち込んで、「このぐらいなら許されるだろう」と自分で決めていることによるすれ違いかなという気もします。

 もっと砕けていえば、自分の身の周りにいる人たちの立場に対する思いやりや想像の欠如なのかなという気もします。というようなことを書きながら、じゃああんたはどうなの?と問われることがないように楽しく旅行をしたいなと思っています。


 

第1063回 ドウシット動物園が8月いっぱいで閉園

 台風は気象庁の予報通り千葉県をかすめて通過したようで、私が住んでいる埼玉県では夜半に雨が少し強く降り、深夜に風が若干強くなった程度で特に被害はありませんでした。

 ただ台風通過とともに湿度が上昇したのをはっきり感じます。今日はこの後気温も上昇するようで、またしても猛暑かとうんざりします。

 昨日も少し次回のバンコク旅行について調べていました。日程を3連休の次の週の11/29(木)~12/4(火)の5泊6日とすると、結構安いチケットもあることが分かりました。

 安いエコノミーならLCCも含めて4~7.5万ぐらい。1泊の料金を1万と見積もると5泊なので全部で約5万。ということは旅費の総額は9~12.5万。まあそんなもんだろうなという気はします。

 エコノミーではなくプレミアムエコノミーにするとチケット代は12万ぐらいになりますが、これだといつも利用しているチャイナのビジネス料金と大差ありません。

 さてどうするか?どうせならちょっと目先を変えて、前々回行ってみて印象が割と良かったクアラルンプールで5泊とか、バンコクからさらに足を伸ばしてチェンマイとか、2泊3日でプーケットとか、自分の体力を考えつついろいろな可能性を考えて楽しく悩んでいます。

newsclip.beより

 7月のバンコク旅行でも、行ってみたい場所の候補に入っていた「ドゥシット動物園」が8月末で営業を終了するという、ちょっとショックな記事が出ています。 

 現在園内にいる動物たちは国内各地にある動物園にひきとられ、代わって3~5年後にバンコク北方に新しい動物園を建設する計画もあるそうです。というわけで、この動物園を見学する機会を私は逃してしまいちょっと悔しいです。

タイランドハイパーリンクスより

 パッポン近くの信号のないスラウォン通りの横断歩道に、横断を示す赤い旗が設置されたようです。ソイ・タンタワンの入り口近くと書かれています。

 実際に旗を持って横断している観光客と思われる写真も出ていますが、日本の道路の通学路風景を思い出しました。とはいうものの、バンコクの場合これを持っていても平気で突っ込んでくる車やバイクもいると思いますので油断は出来ません。

 それでも一定の効果はありそうなので、シーロム通り側にも設置してほしいなと思います。