FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1440回 ランナム通りで歩行者天国を実施する予定

 埼玉は朝から曇り空。冷え込みはそれほどでもないものの、青空が見えないとやはり気分的にはいまいちです。タイの大気汚染状況は相変わらず150~200という数字が多い。

 ただチェンマイ方面はバンコク周辺に比べると少し良さそう。80~120ぐらいの数値が多いようです。タイ周辺の東南アジア諸国を見るとベトナムのホーチミン市がちょっと高いぐらいでマレーシアやクアラルンプール、シンガポールは30~90という数値が並んでいます。

 要するに東南アジアではタイが際立って大気の状態が良くないということで、やっぱり交通渋滞の影響が大きいのかなと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 私も良く周辺を歩いているスラウォン通りですが、ここに「サリカカフェ」という日本人が多数利用しているレストランがあります。

 このレストランの西側は路地になっていて、日本人が良く利用していると思われるマッサージの「有馬温泉」という店があるのですが、この近くの路上に駐車していたレクサスに1月6日の夜9時ごろ銃弾が撃ち込まれるという事件があったようです。

 夜9時ごろならこの近辺を歩いている人もまだ多いはず。幸いにけがをした人はいなかったようですが、流れ弾等に当たる可能性もあり、ちょっと注意が必要だなと感じました。

 すでにシーロム通りで実施されていますが、今度はランナム通りで歩行者天国が実施されるようです。「ランナム通り?どこだ?」と思って「歩くバンコク」の地図を見たら、ビクトリーモニュメント駅の南側にある「センチュリー」というビルの角から東に延びる通りでした。

 そういえばかつてこの通りにある「「イサーンロムイエン」という店で食事をしたことがあるなと思いだしました。この時の価格が安かったことに衝撃を受けて、以後オープンレストランを利用するきっかけになった店です。

 この通りが歩行者天国になって、500mほど歩いた左側にある「サンティパップ公園で食事やコンサートを楽しめる」と書かれていて、かなり面白そう。

 地元の人が対象なんだろうなという気はするものの、だとしたらなおさら価格も安く設定されているはず。期間が2/15~5月までの毎月第3土日だそうです。

アジアトラベルノートより

 バンコクのワットアルンの拝観料が6/1から100Bに値上げになるようです。これまでは50Bでした。ワットアルンは2017年に改装工事が終了し、全体がちょっと白っぽく変化。

 私は昨年12月の旅行で久しぶりに訪問しましたが、まずチャオプラヤエクスプレスの渡し船の乗船料が2Bから4Bに値上がりしていてびっくりしました。

 またお寺周辺の道路も整備され、桟橋からのルートが一方通行のような道に変化。衝撃的だったのは、ワットアルン名物の急峻な階段を上ることが出来なくなっていたこと。

 上からの景色が素晴らしかっただけに残念でした。ただ塔の手前にある本殿は無料で見学でき、なかなか見応えがありました。


 

第1435回 1月4日早朝2時30分ごろに流星群

  今日は大みそか。朝から良い天気で、早朝は少し冷え込みましたが、この後日中は気温も上昇するみたいで、埼玉熊谷の最高気温はなんと19℃と書かれています。

 じゃあこの機に乗じて周辺にドライブでもと思ったのですが、当然高速は帰省客で混雑しているだろうし、なおかつ年末年始は休みにする飲食店も多いというニュースもあって、「やっぱり今日も大掃除かあ」とちょっとがっくり。(今見たら道路は意外に空いているみたいでした)

 結局今年の海外旅行は3月にパタヤ・バンコク、5月にハワイ、8月にバンコク・チェンマイ、12月にバンコクという結果でした。来年もたぶん似たような回数海外に出かけるのではと思っています。

 当面は3月あたりを予定。できれば再度チェンマイかチェンライに行ってみたいと思っているのですが、このブログの今年初めの記事を見てみると、やはり大気汚染の悪化について触れている記事が多い。

 ただ雨季が近づく3月に入ったころから徐々に汚染指数も減少傾向のようです。とはいえチェンマイやチェンライ方面は野焼きによる大気汚染の影響がまだまだ残っていそう。

 だとするとやはりパタヤか思い切ってプーケットかという気もするのですが、パタヤやプーケットはやはり遊びの面が強くなって、最近興味を持っているタイの歴史や寺院観光と余り関係がなくなってしまいます。

 まだまだ先の話ですから、これからおいおいプランを考えるという事になりそう。というわけで今日のタイの大気汚染指数を見てみるとバンコク市街は昨日よりさらに悪化。150~200という数字が増加。

 これだと1日観光を楽しんでいると夕方辺りには喉に違和感を覚えるのではという気がします。さらにこの数値はシラチャーやラヨーン、チェンマイ方面でも、わずかに良くなるものの基本的には同様みたいです。

 ちなみに今日は日本の指数も上昇。オレンジ色の50~100という数値が増えています。

バンコクポストより

 年明けの1/3~1/4にかけて、日本ではあまり名前を聞かない「しぶんぎ座流星群」が観測できるかもという記事が出ています。「へえ~」と思ったので、改めて国立天文台のページを見てみると三大流星群の一つと書かれています。

 通常は1時間当たり20~50個観測できると書かれているので、天気が良ければ5分ぐらいの観測でも数個ぐらいは見えるかも。このページには1/4の未明2時半ぐらいがピークと書かれています。

 来年のこの時期は月も夜半以降に沈んでしまうので、観測には好機とも書かれています。(調べてみたらちょうど半月ぐらいでした)

 また条件が良ければこの流星群は1時間に300個ぐらい見えることもあるようで、これだと観測に適した暗い場所なら10~20秒で1個見えることになりそう。

 2020年の運勢を占ったり、願い事をするのもいいかも。ただバンコク市街で、この時間に観測に適した場所があるのかは不明です。

 それでは皆さん、良いお年を。


 

第1425回 スマホの同時通訳は利用価値大?

 暗い朝で、「早く起き過ぎたか」と思って時計を見たら6時55分でびっくり。7時に目覚ましをかけていますが、いつも6時半ごろ起きています。

 というわけですぐにリビングに降りて暖房。外を見ると雨。なるほど暗いわけですね。今日は薄ら寒い1日になりそうです。

 タイの大気汚染状況を確認すると今日もバンコク市街は真っ赤な数値が並んでいます。シラチャーやパタヤ、チェンマイ方面は100前後なので、年末年始に行くとしたらこの方面かなと思います。

 帰国してはや1週間が過ぎ、別サイトで旅行記を書き続けていますが、書きながら「楽しかったなあ。次はいつ行けるかな」という事ばかり考えています。

 ただ今年の初めはタイはやたら大気汚染の状況がひどくなっていたので、来年の春ごろもやはり似たような傾向が続くのではと警戒しています。

 しかし海外旅行に行きたいという気持ちは抑えられないので、タイに加えて、次はシンガポールあたりにも行ってみたいなと思っています。理由は単純。大きな動物園や水族館、植物園があるみたいなので楽しそう、ということです。

 その場合タイを経由するかシンガポールに直接行くかでまた検討が必要。年末年始にかけてじっくり情報を集めようかなと思っています。

タイランドハイパーリンクスより
 
 一時期同時通訳できる機械の「ポケトーク」が話題になったことがあります。私も便利だなと思ったので購入を検討したのですが、実際に使う機会がどのくらいあるかなあ?と考えているうちに機会を逸失。

 ところがある時自分が春先から所持を始めた格安スマホのアプリでもグーグルの翻訳アプリが使えることが分かりインストール。

 実際に使えるんだろうかと、ある時ゴーゴーで「スマホを使っても良いか?」と断ってから、飲み物を奢った子に文章入力で「こんにちは」と入れてみるとすぐに翻訳。

 「いやあこれは便利だ」と思っていたら、今度はその子が自分のスマホを取り出して何やら操作。いきなりマイクを私に向けて「話せ」と言います。

 つまり音声による同時通訳ですね。しかしいきなりスマホを突き付けられたので、何を話してよいのか思い浮かばず。日頃からおしゃべりは苦手なので、急に言われても困ってしまう情けないおじさんです。

 ただ、そういった機能を持つアプリがあることは確認。というわけで今日の記事ですが、Googleアシスタントがリアルタイム通訳をしてくれるという記事。

 次回に備えて一応準備をしておこうかなと思っています。ちなみにゴーゴー店内では写真撮影が禁じられていることが多いので、勝手にスマホを取り出して操作していると注意を受けることもあるようです。