FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1041回 エラワン博物館を見学

  バンコク時間朝7時に起きて、とりあえず体調についてセルフチェック。と言ってもどこか異常を感じることがあるかなという程度ですが特になし。

 ベッドを出て日本の生活と同じように軽くストレッチをして身支度を整え朝食会場へ。いつものようにグリーングアバと和洋折衷のおかずをとり、主食はお粥。コーヒーを飲んで終了。

 自室に戻ってブログの更新。9時半になったので出発。向かったのがBTSサムローン駅よりちょっと先にある「エラワン博物館」という場所。巨大な象の像があるということで関心をよせていました。

 ルンピニ駅でプリペイドカードを購入。私は古い人間で、日本でもいまだに列車利用はすべて切符を買っていますので、生まれて初めてこういったカードを買いました。

 使ってみると結構便利ですね。いちいち券売機で小銭を探さなくても良いとか、チケットを買うために並ばなくてよいというメリットがありそう。

 スクンビット駅でBTSに乗り換えてサムローン駅へ。今日はディレイもなかったようで順調な運行です。駅をでてタクシー。階段を降りたバス停近くで何人かの人がタクシーをつかまえていましたので、それに倣って待っているとすぐに空車が来ました。
 
 乗り込んで、タイ語らしい「チャーン、エラワン」と伝えると、すぐに「分かった」という意思表示があり乗車。ちなみにこのあたりを流しているタクシーの運転手は、スクンビット方面を流している運転手さんより素朴なような気がしました。

 博物館までは2kmぐらいで料金が43B。たまたま50B札があったのでこれで支払い。運転手さんは丁寧に入り口を教えてくれましたが、入り口付近はインターチェンジが近いので、結構道が複雑でした。
 
 中に入ると入場料が400Bとのことで結構高い。見学者はそれほど多くなくのんびり見て回れましたが、とにかく入り口付近の象のモニュメントが巨大で迫力満点。

 さらに靴を脱いでこのモニュメント内に入ると、中には螺旋階段があり、これを上っていくと最上階に仏像。ここで旅の成功と健康を祈ってきました。

 下に降りて周辺を散策しましたが、象やヒンズー教の神様と思われる様々な像があちこちにあり、信心深い人なら楽しめそうだなと感じました。

 ただそれ以外に特に見どころはないようで、全体の見学時間が1時間ぐらい。問題は帰りの道ですね。来た道の反対側の歩道に行けばよいと当初は軽く考えていましたが、インターチェンジで道路が錯綜していて反対側に行くためにはかなり歩く必要があるように見えました。

 というわけで博物館出口まで戻って、そこで警備をしていたおじさんに「アソーク方面に戻るにはどうするの?」と質問。すると「タクシーか?」と聞かれたので「そうだ」と答えると、すぐ近くに見えていた「バス乗り場の近くで、タクシーに乗ればよい」と、わざわざ外まで出てきて教えてくれました。

 というわけて「向きは反対だよなあ」と思いながら、その場でタクシー乗車。するとこれまた人の好さそうなおじさんドライバーでに出会え、少し走ってUターン。無事サムローン駅まで帰ってきました。

 以下次回へ。


 

第878回 プミポン前国王の葬儀場跡地は大混雑でした

 バンコク・パタヤ旅行の9日目で、明日が帰国です。まあ毎晩毎晩遊び歩いたなと振り返っていますが、今回はアルコールなしで、夜は10時半か11時にホテルに戻っていましたので、予想以上に出費は少ないですね。

 昨日は8時に起きて朝食。9時半にホテルを出て向かったのがチャオプラヤ川。サパーンタークシン駅の桟橋が少し整理されて、チャオプラヤエクスプレスとツーリストボートの乗り場が分離していました。

 向かったのが王宮前広場に出きたプミポン前国王の葬儀場跡地ですが、チャオプラヤエクスプレスはワットアルンの真ん前の桟橋に到着。

 ワットアルンは修復が完了し、やけに白っぽくなったという噂でしたが、遠目で見た感じでは、それほど白っぽくはなかったです。王宮前広場の桟橋へは、渡し船で到着。

 ところが行ってびっくり。ともかく大混雑。中学生ぐらいの子供たちが団体で押し寄せています。結局外回りをぐるっと歩いて混雑の様子を眺めただけで、タクシーで戻ってきました。

 昼食はホテルからもらった記念クーポンを利用。どうやらランチビュッフェということのようでしたが、ここもまた大混雑でびっくり。提供されているおかずの種類も、朝食よりかなり充実していて「なるほどなあ」と思いながら食べてきました。

 その後は部屋で昼寝。夕方、持参した読書用の本をすべて読み終わってしまったので、プロムポンの古本屋さんへ。ところがBTSが一時的に故障したようで、駅のホーム上で20分ほど待機。

 大混雑の中、ようやくプロムポンに到着し、古本を2冊購入。その足で、ナナ方面へ。パタヤで一緒に遊んだ読者のEさんと、今日は「ナナで会おう」という約束をしています。

 約束はゴーゴー開始時間を考慮して、ハンラハンズ前で7時半。ポークチョップで夕食。この店は個人的にお気に入りです。

 食べ終わって、Eさんと相談してレインボー4へ。この日は多数の女の子がいて、しかも美しい子や可愛らしい子が多いように思いました。

 一方ウイークデーのせいかお客さんは少ないようで、逆に私のようなおじさんにも笑顔で迫ってくる子がいました。大変美形の子が目の前の椅子に座っていて手を振ってきたのですが、あまりに美しいので、「これは下心があるに違いない」(実際すべての子に下心があるわけですが)と私の方が委縮して遠慮。

 ステージ上からは愛嬌のある子が盛んにアピールしてきたので、「この子の方が話しやすそうだ」と思って試しに呼んでみたら、日本語がほぼ完ぺきに話せる子でした。

 しばらく話をしていましたが、私には出かけるつもりがないということが分かったのか、「ダンスの時間だ」と言って姿をくらましましたので、「まあそんなもんだろう」と納得です。

 それを機会にEさんと相談して場所を移動。向かったのがパッポン。タクシーで移動です。入ったのは連日通っているキングキャッスル1。

 ここでようやく愛嬌があって、昨年から何かと近づいてくる子と遭遇でき、しばらく楽しい時間を過ごしました。ここで40分ほどお話をして退店。

 「もう1軒、今回は1回も行っていないピンクパンサーはどうかな」と店の前まで行きましたが、店内の雰囲気をさりげなく見て入店をあっさり断念。本当に自分でも驚くほど執着心がなくなりました。

 部屋に戻ったのが10時半で、シャワーを浴びて就寝です。