一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第813回 北陸新幹線を使って、3泊4日の北陸旅行に行ってきました

 昨日北陸から帰ってきました。関東地方は雨が多かったようですが、石川県や富山県は16日と17日は晴れ間も出て、結局出発した日と帰ってきた日だけ若干雨に降られただけで、まずまず天候には恵まれた旅行でした。

 今回は、ちょっと時間と労力を節約して、いつもは車で行くのですが何十年ぶりかで新幹線を利用。その速さと乗り心地の快適さに驚かされました。

 しかしあっという間に長野、富山、金沢に到着し、昔懐かしい外の景色を見ながら駅弁を食べるというスタイルの旅行ではなくなったなという感想を持ちました。

 食事はアルコールを飲まない分、通常の食事代を増やし、日本海の海の幸を存分に味わってきました。毎日毎晩といっても正味三日程度ですが、刺身や海鮮丼、寿司を食べて大満足です。

 心配していた体調ですが、初日に血圧が上がり、ちょっと不安になりましたが、二日目に意を決して中断していた降圧剤をほんの少しだけ服用したところ、効果がはっきり表れて、以後快調になり、これなら海外にも行けるかもと少し自信が持てました。

 金沢では、1日だけレンタカーを借りて能登半島の有名観光地である、千里浜(車で砂浜を走ることができるビーチです)、景勝地の巌門、断崖絶壁で有名なヤセの断崖、鳴き砂で有名な琴が浜を見て、途中でご先祖様のお墓参りをしてきました。

 これまでは、たとえ国内旅行であっても、次から次へと景勝地をめぐるという旅行が多かったのですが、今回は必要に応じてホテルで昼寝をしたり、随時適当なカフェで休憩したりという機会を増やしました。

 旅のスタイルは、だれもが加齢に従って少しずつ変わっていくのだと思いますが、今回はそういったことを改めて認識する旅行になりました。

 駅の階段でバッグをもって上がるのが辛いなと思った時は、遠慮なくエスカレーターやエレベーターを利用しました。景勝地を歩き回ったときは、なるべく坂を避け、さらに飲食店で休憩した時は店員さんとちょっとした会話を交わすなんていう、これまでの旅のスタイルを一新しました。

 ちなみにホテルは、部屋が15~20m2ぐらいの広さのビジネスホテルですが、バンコクの30~40m2という広さのホテルに慣れてしまったので、実に狭く感じます。15m2が宿泊できる最低の広さだなと強く感じました。

 一方バンコク旅行と違い、どこに行っても日本語が通じ、それなりに洗練されたサービスを受けることができるのは、日本ならではだなと思います。

 北陸新幹線の開通で、金沢の兼六園では、昔は滅多に見かけることがなかった海外の観光客も多数いました。それに合わせて、かき氷を売っていた60歳以上と思われるおばちゃんも、ちゃんとシェーブアイスという英語を理解しているようで、さすがに商売に英語が必要だなと感じました。

 というわけで、3泊4日という短い旅行でしたが、まずまずの成果が得られたと思っています。帰りの新幹線で、次は北海道か沖縄か、もしくは一足飛びにバンコクかハワイかと考えながら帰ってきました。

 実は来週の24日が、クモ膜下発症の1周年で、この日は大学病院でその後の経過を調べる検査があります。といってもMRIを撮影するだけなので、ちょっと安心。

 これで再発の兆しが見られなければ、常に付きまとっている再発の不安から少し遠ざかることができるなと思っています。
 
 

第705回 大洗方面に遊びに行ってきました

 先週後半午前中は良く晴れ、午後に入っても車の中の空気は暖かく、こりゃどこかへ行きたいなと思い、急遽気になっていた茨城空港の見学に日曜から1泊で行くことにしました。

 早速楽天トラベルで水戸駅周辺のビジネスホテルを検索。最近バンコクのホテルに宿泊するようになって、部屋の面積が15m2以下の日本のビジネスホテルは「狭すぎる!」と感じるようになってしまいました。

 以前は、バンコクのホテルはなんて広いんだと感動したのに慣れとは恐ろしいものです。というわけで、部屋が比較的広そうで、水戸駅から近い「水戸レークビューホテル」を選択。

 昨日は自宅を9時半に出発。11時過ぎに空港到着。広大な無料駐車場があるのですが、8割がた埋まっていてびっくり。ようやく見つけた隙間に車を入れ、いざ空港見学。

 途中自衛隊の偵察機と要撃戦闘機?が展示されていて、なんだか航空博物館みたいだなと思いましたが展示されているのは二機だけ。それを横目で見ながら空港内へ。ちなみにこの偵察機は、最高速度がマッハ2を超えるみたいで、東京大阪間を10数分で飛ぶみたいです。

 空港内は出発ロビーと到着ロビーが1階にあり、なにやらちょうど出発のチェックインが始まったところで、大勢の人が並んでいました。

 「へえ~、結構活気があるんだ」と思いつつ、2階に上がってみるとフードコートと数軒のお土産屋さん。いかにもローカルの小さな空港という雰囲気です。

 さらに展望デッキなるところに出てみると、滑走路は見えるものの駐機している飛行機は1機もなし。だだっぴろい空間が広がっているだけです。周囲にいる人も何を見てよいやら分からない様子です。

 5分もいたら風が冷たくて寒くなってきたので空港内へ。フードコートで昼を食べようかと思いましたが、結構な混雑で諦めました。だいたいの雰囲気が分かったので見学終了。

 ちなみに茨城空港からは上海方面への国際便があるようですが、残念ながらバンコク便もハワイ便もなし。北海道や沖縄便があるので、後日この方面への旅行で利用価値があるかもと思っていました。

 しかし空港周辺の道路が整備されておらず、常磐道の千代田石岡ICを降りてから一般道で空港まで行かなくてはならず、これだとやはり埼玉の我が家からは羽田が便利だなと感じます。

 茨城空港の見学を終え、再び車に乗り込み、向かったのが大洗。一般道で海辺に出て北上。30分ほどで大洗のアウトレットモールに到着。

 以前来た時はまだ出来たばかりの頃で活気がありましたが、日曜だというのに人はまばら。あちこちの店が閉店しカーテンがかかっています。

 営業している店もありましたが、日曜だというのにお客さんが少ない。まあしょうがないから営業しているという雰囲気でしょうか。端っこの方に数軒のレストランがあったので、そのうちの1軒に入店。

 カマスを食べようと思ったのですが、不漁でやっていませんとのことでした。他にも入荷していない魚がいくつかあり、この分では刺身定食もダメだろうなと判断して、アジフライとメンチカツの定食を注文。

 味は可もなく不可もなし。これなら空港で食べたほうが良かったかなとちょっと後悔。まあそれでも食べれば腹は膨れますから、我慢して完食。

 次に向かったのが、大洗では有名な「めんたいパーク」。ここは初めて行きましたが、大人気のようで、駐車場はほぼ満車状態。建物内も、こんなに人がいたのかと思うぐらい大混雑。

 大多数の人は明太子のお土産を買っているようでしたが、奥の方に明太子を作る過程を見学できるコーナーがあり、そこが私の目的地。

 行ってみるとビデオで明太子を作る工程が示され、更に実際に箱詰めの実演が行われていました。個人的に気になっていたのは、明太子に必ず入っている亜硝酸ナトリウムや着色料等の添加物がどのように加えられていたのかという事なのですが、それについての解説はありませんでした。

 ただタラの頭を機械的にカットし、機械的に内臓を取り出すという過程は、手作業ではない分すごいなと感じました。というわけで、見学だけしてお土産はナシ。

 コーヒーが飲みたくなったので、持参した「るるぶ」で有名珈琲店を捜し、向かったのですが場所がよく分からず、面倒になってホテルへ向かおうと方針変更です。