FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1467回 洋上を彷徨っていたウェステルダム号はカンボジアへ

 新型コロナウイルスの感染者数の増加率が減少してきたというニュースがヤフーに出ていました。私も3日ほど前からそのことに気が付いていて、先日5日~1週間後ぐらいにピークを迎えそうと他のブログに書きました。

 予想が当たりそうなこと(収束をむかえそうなこと)はうれしいのですが、問題はその先。日本ではいったん陰性だった方が後日陽性反応を示したという例もあるようで、ピークに達したと言っても、その後急激に収束に向かうとは思えません。

 あちこちで散発的な発生が繰り返され、それをもぐらたたきのようにつぶしていくという作業が必要なのかなと思っています。

 一方洋上を彷徨っていた香港発のクルーズ船ウェステルダム号は、カンボジアに寄港することになったようで、船内の観光客は喜んだと思います。この船内から感染者が現れないことを願っています。

 ちなみにこの船、日本の記事では単に大型クルーズ船としか書いてないことが多く、どんな船なんだろうと思っていました。するとバンコクポストに若干説明が書かれていました。

 それによると乗客は1455名、乗員は802名だそうで、やはりでかい船だという事が分かりました。ということで入港するのはカンボジアのSihanoukville港だそうです。

 場所をグーグルマップで見たら、首都プノンペンの西南西250kmぐらいのところにある港で、150kmほど海沿いに北上するとタイとの国境に到着する位置でした。

 今日のバンコクの大気汚染は、昨日と比べるとびっくりするほど改善。40~80という数値が並んでいます。これはシラチャーやラヨーンも同様。

 チェンマイは90~140ぐらい。改善はしましたが、バンコクほどではないようです。天気予報を見ると今日のバンコクは霧雨と書かれていて、やはり雨が影響しているのかなという気がします。

 でもこういた数値を見て、なおかつ新型コロナウイルスの感染がピークを迎えそうだと聞くと、旅行の虫が騒ぎ始めます。

JETROより

 タイ国鉄がチャトゥチャック地区でSRTレッドラインの試運転を実施するそうです。最近は次から次へと新しい路線の試運転や通常運転が行われるようになっているので、日本からでは、いったいどのあたりの鉄道なのかという事が良く分からなくなっています。

 レッドラインの運行ルートも記事には書かれていますが、聞き慣れない都市名が多く、イメージがさっぱり浮かびません。とはいえ試運転は2020年半ばと書かれていますから、夏休みに行けば利用することも出来そう。

 結局実際に乗ってみるのが一番です。またこれに伴ってバンスー駅が一部開業するようで、これまた見に行きたい場所の一つです。

 なおバンスー駅開業に伴って閉鎖されるかもと一時噂されていたフワランポーン駅は今後も営業を継続。ただその一部で鉄道に関する博物館が建設されるという計画もあるようで、これも楽しみです。


 

第1465回 新型コロナウイルスの影響は今後もじわじわと・・・

 埼玉県は真冬らしいきれいな青空が広がっていますが、気温は低め。もちろん通常の冬より高めだとは思うのですが、1月が暖かかっただけに、かえって寒さを強く感じます。

 テレビのニュースでは、新型コロナウイルスのため横浜港での停泊を余儀なくされ、さらに狭い船室に隔離されているクルーズ船の乗客の方の生の声が報道されていましたが、かなり不自由な様子で心配です。

 水や食料は随時補給されているようですが、持病薬の不足や体調不良への対応が行き届かないようで、政府は隔離宣言をした割には、事前に起こりうる事態に対して十分な配慮をしていなかったようにも思われます。

 まあそれだけ緊急事態だったという事も言えそうですが、既に武漢で患者が発生してから二か月近く経過していましたから、先を見通すことにたけている政治家は今のような事態を予想できても良かったのではと思っています。

 これは与党だけではなく、野党も桜問題の追及ばかりしていないで、目前の命に係わる問題に対して、もっと真摯に対応してほしいなと思うようになりました。

 ちなみに薬剤の配布で人が足りないというコメントもありましたが、だったらドローンかなんかで広大なデッキ上に運ぶなんてことができないかなと思っています。

 とはいえドローンにせよ何にせよ、運ばれた薬剤を仕分けする人出がないという事になると、これはもう人災。厚労省の動き如何ですね。

 一方バンコクポストによれば、中国からタイに来た138名のグループの中に新たに7名の感染者を確認。3名がタイ人、4名が中国人だったそうで、これでタイでの感染者数は合計32名。

 これらの感染者は現在全員が病院に収容されているという事ですが、途中の経路で多数の他の旅行客とすれ違っているはず。そういったことも考慮すると、やはり空港は鬼門?なのかも。

  タイの大気汚染状況は昨日とあまり変化なし。つまり悪化した状態のままだということです。3月のバンコク旅行は諦めたつもりですが、ついつい未練がましく現地の情報を覗いてしまいます。

 現地に押し寄せていた中国人観光客が激減している今なら、観光地は閑散?旅行がしやすいだろうなという身勝手な気持ちも少しあります。

 しかし日本でもそういった傾向があらわれているようですが、ツアー等で押し寄せた武漢からの中国人観光客が宿泊していたホテルは、正直なところやはり避けたい。

 とはいえこういった気持ちが強くなりすぎると、ヨーロッパではすでに起きているようですが、アジア民族への偏見となり人種差別問題にもなりそうで、これまた問題です。

 しかし部屋で咳をして、ウイルスが空中に浮遊または家具に付着。その部屋に前泊者の情報を知らずに宿泊した場合の感染の危険性はどのくらいあるのか?

 ちょっと神経質すぎる心配かもしれませんが、あとになって悔やむよりは良いだろうと思っています。


 

第1464回 新型コロナウイルスで原油安

 埼玉は朝から冬らしい青空が広がっています。これで新型コロナウイルスの話題がなければ、ルンルンして旅行計画を立てていたと思いますが、連日の患者数増加で中国武漢は大混乱なんだろうなと思っています。

 また日本はクルーズ船で集団感染が起きたのか、これまた連日陽性反応を示す人が出現。今や日本よりタイの感染者数の方が少ない状態で、場合によっては日本よりタイの方が感染確率は低いのかもしれません。

 とはいえ今日のタイランドハイパーリンクスの記事によれば、タイでの感染者数も32人に増加したという記事が出ています。また今日現在タイ国内には武漢から来た2038人の中国人が滞在中とのことです。

 というわけで旅行に行くとなるとやはり空港や航空機内での感染が心配。普段から健康な人なら問題ないと思いますが、気管支が弱く、すぐに気管支炎を発症する可能性がある私は、現地の大気汚染も重なって、「行きたいのに行けない」というストレスにさらされています。

 と言っても埼玉の自宅周辺では好き勝手に動き回っていますから、クルーズ船に閉じ込められている人とは比べ物にならないぐらい自由度があります。 

 バンコクの大気汚染状況は先週に比べて少し悪化。市街地は110~160ぐらいの数値が並んでいます。シラチャーは100前後ですが、ラヨーンは150前後となり、パタヤあたりも少し悪化しているかも。

 さらにチェンマイ方面も150~160という数値が並んでいて、状況は良くないなと感じます。

タイランドハイパーリンクスより

 2/8にナコンラチャシマ県で起きたタイ兵士による無差別?乱射事件には衝撃を受けました。さらに場所がバンコクやパタヤにもある有名なショッピングセンター、ターミナル21と聞いてさらにびっくり。

 犯人は警察当局により射殺されたという事ですが、亡くなられた方は26名、57名が負傷という事で、いつぞやバンコクのエラワンで起きた事件を思い出しました。

 それにしても新型コロナウイルスによって中国人観光客が激減。その影響でこれまで混雑していたあちこちの観光地で人が減ったというニュースが流れるのを見ていると、如何に中国人観光客が多かったのかという事が良く分かりました。

 また、日本でわれわれが日常的に使用している日用品の中にも、中国で生産され安価に販売していたものが多数あるはずで、今後はその影響がじわじわ現れそう。

 今後の感染者数の推移は全く不明ですが、感染が収まらなければ、世界的な経済への影響はかなり大きそうです。数か月後、「やれやれ感染しなかったか」とか「何とか軽症で済んだ」という人が増えていることを願っていますが、その先の経済面が不安。

 そういった予想が少しずつ現実になっているのかなと思えるのが原油安の進行。ここ数日で我が家近くのスタンドの値段も数円下がりました。

 ガソリン価格だけを見れば年金暮らしにはありがたい兆候ですが、変わって日用品の品薄や値上げとなれば、生活レベルは下がりそう。悩みの種は尽きません。