FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1372回 ARLの座席が廃止?立ったまま移動?

  今日は朝から妙に涼しい。手元の温度計で気温を見ると、現在の室内気温が20.5℃。半袖だと寒いぐらい。今日あたり少し仕舞いこんであった長袖を用意する必要があるなと思っています。

 今日のバンコク市街の大気汚染指数は60~80ぐらい。落ち着いているようです。シラチャーやラヨーン、チェンマイ方面も同様の値。

 ちなみに私が参考にしているのは「タイの大気汚染」という名前がついたサイトですが、ここには全世界の現在の汚染状況が示されています。

 これを見るとすぐわかるのですが、やはりインドや中国、中東、ヨーロッパ北東部の汚染がひどいことが一目で分かります。

アジアトラベルノートより

 スワンナプーム空港にようやく到着して、税関も無事通過。到着ロビーに出て考えることはホテルまでの交通手段。タクシーを使えば空港使用料50B、高速道料金75B前後、運賃300B前後となり、合計400~450B。

 リムジンなら1000B越え。というわけで、近年多くの人が地下まで降りてARLを利用。こちらはバンコク市街のマッカサン駅や終点のパヤタイ駅でMRTやBTSに乗り換えても、ホテルまでは100B前後で行けます。

 マッカサン駅やパヤタイ駅でタクシーに乗り換えるという方法もあり、その場合は合計150B前後。そういった料金と共に、最近は空模様を確認するとか、さらには到着日の曜日を考慮しています。

 要するに雨の日の市街は渋滞気味になり、なおかつタクシーはメーターを使ってくれない場合も増えます。また逆に土曜、日曜に到着した場合は、通勤ラッシュがなく、夕方の時間帯でも市街は意外に空いていることが多い。

 てなことを考えながら、到着ロビーに出て、タクシーかARLの判断をしています。その結果、疲れていなければ安いARLを使うことが多いのですが、当然そう考える人が増えているようで、最近のARLは始発駅のスワンナプーム空港でも座れないことがあります。

 さらに途中の停車駅では、この列車を通勤通学列車代わりに利用している人が多数いて、車内は大混雑。マッカサン駅で降りるときは、「スーツケースを持ってちゃんと降りられるかなあ」と心配になります。

 列車を運行している会社側も、こういった混雑を少しでも緩和するために、既にBTS等で導入している、車内の座席を廃止して立ち席のみとする、という変更を考えているようです。

 しかし記事にも書かれていますが、スーツケースを持ったまま、立ったまま移動というのは出来れば避けたい。それよりも以前は運行していた急行の復活とか、連結車両の増加とかを考えてもらえないかなという気もします。

 同じくアジアトラベルノートの記事からですが、「タイ国際航空の経営状況に運輸副大臣が懸念を表明」という記事も出ています。

 内容を見ると、タイ国際航空、ノックエア、タイ・ライオンエアのすべてが業績不振に陥っていると書かれていて、利用者側としては、赤字の付けが航空機の整備状況に反映されないかと心配になります。


 

第1322回 フワランポーン駅からタープラ駅まで

  朝からきれいな青空が広がっています。先ほどごみを捨てに集積場まで50mほど歩きましたが、暑いし日差しが強い。今日も暑いなと思いながら帰宅し、洗濯機を動かしているところです。

タイランドハイパーリンクスより

 8/2にバンコク市街の4か所で爆発事件がありました。我々旅行者に関係しそうな場所はチョンノンシー駅付近の爆発かなという気もするのですが、原因は不明。

 ラマ9世通りで起きた爆発に関与したとして15~17歳の3人の生徒が逮捕されたということですが、他の爆発事件とは無関係のようで、どうにも不可解。

 のんびり街歩きが楽しめないなという気もしますが、同時に検問も強化されているみたいです。またこの爆破事件に伴って、8/3にセントラルワールドで開催予定だった、「メコンー日本交流年2019記念コンサート」も中止になりました。

newsclip.beより

 MRTのフワランポーン駅から先の延伸区間、タープラ駅までの試乗レポートが出ています。9/28まで試運転期間だそうで、運転時間は10時から夕方4時まで。

 一部の駅は運賃無料なので、お得に移動できます。特にフワランポーン駅を出て、チャオプラヤ川の下を通るというのが新鮮。ただし地下鉄ですから、川の下を潜っているという実感はなさそう。

 対岸に出ると高架になるということなので、周辺の景色を楽しめそうです。またサイアム博物館やワットアルンにも電車で行けることになります。

ニフティニュースより

 夏休みのお盆の時期が近づき、私も含めてバンコク入りを予定している人も多いと思います。そんな中、インスタ映えするということで知れ渡った「ワットパクナム」での日本人の宗教を無視したような振る舞いが相変わらず続いている、という記事が出ていました。

 一読しましたが、やはり今も問題がありそう。私が行ったときは、フロア内にいたのは10人ぐらいで、静謐な雰囲気が漂っていましたので、端っこの方で静かに座って瞑想もどきを体験してきました。

 しかしワイワイガヤガヤと大勢の人が入り乱れたら、やはり雰囲気は悪くなるだろうなと感じました。新しく近くを鉄道がとおることにもなりましたので、これまでい以上に観光客が増えそう。

 マナーの問題が気になるところです。日韓問題を見ていても、互いの国で双方が、自国に甘く他国に厳しいという見解になりがちだなと感じています。タイの人から日本人が疎まれるようにならないことを願っています。

 特にバンコクという国に入り浸っていると、日本人の通常感覚とはまったく異なる宗教観や王室感覚をタイの人たちが持っているんだなということが徐々に分かってきます。

 初めて行く場合はそういった感覚が分からず、日本人感覚で行動しがち。そういう場合は周囲の状況をよく見極めることが大切だと思っています。


 

第1313回 BTS、MRTの運賃が一律15Bに値下げ?

 相変わらずの曇天が続いていますが、今週後半あたりは大気の状態が不安定になるという予報も出ているようで、ようやく梅雨明けかあという雰囲気です。

 昨日の記事の補足を一つ。スワンナプーム空港~チェンマイ空港はタイ国際航空で予約し、既にeチケットも入手していますが、どうやら現時点では座席指定ができないようです。

 「変だな?」とは思っていたのですが、座席指定は国際線に限るようで、国内線の場合は前日からできるようなことが書いてありました。

 まあ座席は確保されているので問題はないわけですが、これはちょっと不満です。また昼前後の便の場合、機内食もしくは軽食程度が提供されるのかどうかも不明。

 安い便ですから基本的に提供されないと解釈していますが、やはりこの点も若干不満です。
 
 一方チェンマイの宿泊ホテル候補ですが、ネットで「チェンマイ一人旅」という語句を使って旅行記を検索。いろいろな方の旅行記を参考にしています。

 昨晩は「ラミンロッジ」というホテルに宿泊した方の旅行記を発見。ここはターペー門の南東200mぐらいのところにあって場所は良さそう。

 宿泊料金も5400円ぐらいと書かれていましたので、第一候補のドゥナーガチェンマイ(8500円ぐらい?)より安い。他にもいろいろと旅行記がアップされているようなので、暇な時間にどんどん検索しようかと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 「BTSやMRTの運賃が値下げになるかも」という記事が出ています。驚いたのはその価格。1律15B(50円ぐらい)になる可能性があるということで、これはすごい。

 しかしそうなると混雑はますます激しくなりそう。その結果トラブルも増えそう。どんな結果になるかは不明ですが、今年度中に実施ということは決まっているようです。

newsclip.be及びバンコクポストより

 日本では梅雨空が続いていますが、今年のタイは北部であまり雨が降っていないようです。そのため水不足がさけばれるようになっています。

 そのためバンコクポストに画像も出ていますが、一部のダムでは、底に沈んでいた寺院跡が姿を現しているようです。ちなみに今年の貯水率は48%だそうで、いつもの64%を大きく下回っているとのことです。

 ちなみに渇水か増水かという目安は、チャオプラヤ川の桟橋に出ると良く分かります。通常桟橋はエクスプレスボートに乗船するための、上下に移動する通路が設定されていますが、通常は多少下る程度。

 ところが増水時になると、これが大きく持ち上がり、渇水時になると大きく下がるため、乗船するために手すりにつかまらざるを得ないというときがあります。

 特にヒールの高い靴を履いている女性は注意が必要です。