FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1289回 BTS、MRTの運行は過密ダイヤで限界かも?

 梅雨時とは思えないきれいな青空が広がっています。 不思議だなあと思いながらヤフーの天気図を見ると、梅雨前線がかなり南の方に下がっています。

 つまり太平洋上の夏の高気圧の発達が弱い?もしくはシベリア大陸の冬の高気圧の勢力がまだ強いということのようで、不思議な天気図です。なんだかまるで西高東低の真冬の気圧配置に見えます。

タイランドハイパーリンクスより

 6/17より、バンコクのターチャン桟橋からトンブリのバーンワー桟橋(BTSのバーンワー駅前)を結ぶ新路線のボートが運行を開始というニュースが出ています。

 と言われてもいったいどこのあたりの話なのか良く分からず、手元にある「歩くバンコク」の地図を見ています。「ターチャン桟橋」は王宮に行くとき利用する桟橋ですが、バーンワー桟橋はいったいどこにあるのか?

 記事には地図が出ていないので、どこなのかが全く不明。と思ってグーグルマップを検索したら、何のことはない新しくできたBTSの終点付近。

 どうやらこの方面に向かう川か運河があるようで、そこをクルージング。片道工程40分と書かれていますから、結構のんびり。途中にあるラーチーニー桟橋で下船すると、最近脚光を浴びているワット・ワクナムに歩いて行けそうです。

 ただし昼間の運航は1時間に1本程度みたいですから、かなり辛抱強く待つ必要がありそうです。ちなみに六か月間は運賃無料とも書かれています。

newsclip.beより

 6/15と6/17にBTSやMRTで立て続けに故障が発生。運行が30分ほど遅れ、苦情が殺到という記事が出ています。タオプーン駅の長蛇の列の画像も掲載されています。

 ARLもそうですが、BTSやMRTが走り始めたころから利用していますが、当初はお客も少なく、ガラガラの真新しい列車にのんびり乗っていた記憶があります。

 しかし時が立つに連れ、車内の混雑状況が徐々に激しくなり、それと共に、時間当たりの運行本数も増加。BTSあたりだと日本のJR山手線と同じように数分おきに列車が到着。

 それでも通勤時間帯は車内も大混雑という状況が続いていますので、想定以上に利用客が増加しているのではと想像しています。

 その結果、システムのメンテナンスや改修に余裕がなくなり故障が続発ということなのかも。ちなみにBTSに乗っているとき、きついカーブが何か所かあって、そこでは遠心力を和らげるために列車が少し傾いて通過します。

 そんなところを満員電車がゆっくり通過すると、必要以上に傾きが多く感じられ、このまま倒れちゃうんじゃないかという不安を覚えることがあります。

 まあ普通はそんなことあり得ないと思うわけですが、度重なる故障を見ていると、何が起きてもおかしくないと思えます。かといって地上を走り回るタクシー乗車も利用には神経を使いますので、バンコクの街歩きは苦労が多いです。
  

 

第1252回 ARLが時刻表を改正、始発は5時半前後

 朝から雨で、この時期にしては結構涼しい。ここ数日を過ぎれば、今後は、ちょっと気が早いですが初夏の陽気になりそう。

  今日もバンコク市街やシラチャー、ラヨーン方面の大気汚染状況は良好。高温と戴冠式での大混雑を除けば、タイ旅行は最適な時期に入ったかなという気もします。

 ただこの時期は夕方から激しい雨が降ることも多いです。旅行には折り畳み傘があった方が良いかもしれません。バンコクの雨の特徴ですが、昼間は暑すぎる天気が続きます。

 しかし3時を過ぎるころになると、空の一角に突如黒雲が発生。それと共にそよそよと風が吹き始めます。そういった状況になると、露天の店主たちは一斉に設置したばかりのテントをたたみ始めたり、激しい雨に備え始めます。

 その動きを見たら、30分ほどで雨が降ってくることはほぼ確実。旅行者は激しい雨に備えた方が良いです。ちなみにタイの雨には激しい雷を伴うこともあります。

 激しい雨の中を雷が走る様子を、安全なホテルの室内から窓越しに眺めるなんてのは、タイならではの景観だなと私は感じています。

 てなことを思いながら今日のニュースをチェックするとnewsclip.beに、悪天候によってドンムアン空港で、ノックエアの旅客機の主翼に、強風で煽られたタラップが衝突という事故があったようです。

 タラップが動いてしまうほどの強風ですから、その他着陸予定だった飛行機のいくつかはスワンナプーム空港やウタパオ空港に変更したみたいです。

 こうなると激しい雷雨を楽しもうなんてのんびり構えてもいられません。今日あたりから続々と日本人観光客がタイ入りをすると思いますが、大きな事故が起きないことを祈っています。

 利用者が激増しているARLですが、4/22に運行ダイヤを改正。混雑する時間帯はこれまで10分間隔の運行だったようですが、これが8~9分間隔になったようです。

  改めて時刻表を見て認識を改めたことが一つ。ARLの始発は早朝6時だと私は思いこんでいましたが、今は5時半ぐらいが始発になっているようです。

 これだと、30分でバンコク市街からスワンナプーム空港まで移動できますからが、離陸2.5時間前ぐらいに空港到着ということを想定すると、早朝8時半発ぐらいの飛行機にも十分間に合いそうです。
 
 ただし問題は、ARLのマッカサン駅やパヤタイ駅までの移動手段。特にMRTの時刻表がはっきりしない。概ね6時ぐらいと書かれているサイトが多い。

 そうなると始発に乗るためにタクシーでマッカサン駅やパヤタイ駅まで行くのが良さそうですが、そこでわざわざ乗りかえるより、そのまま空港まで行ってしまうのが楽、という発想になります、

 とはいうものの、悪徳タクシーだと、早朝から空港まで500Bとか600Bと言ってくる運転手さんもいるので、こういうタクシーに乗ると旅行そのものが不愉快になります。

 まあその程度の金額ならと思って払う人も多いのだと思いますが、個人的には法律で定められたようにメーターを使って安全に走ってもらい、到着後に若干のチップを上乗せして支払うというのがベストではないかと思っています。