FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1198回 ビジネスクラスでプーケットに行く?

 三連休明けの火曜日ですが、埼玉県は北風が強いようで寒い朝となりました。一方今日現時点のバンコク、シーロムの大気汚染指数は63。ここのところ見るたびに高い数値(150前後)になっていたパヤタイ近くの数値が今日はなんと30。激減しました。

 近辺に工場等があって、それの操業が止まったとしか思えない値です。シラチャーは60前後。ラヨーンが80弱で、わずかずつですが改善している印象を受けます。

 ただタイランドハイパーリンクスのニュースを見ると、この改善は一時的なもので、13日からは再び悪化すると予想されています。ということはやはり気象条件等の影響が大きいのかなという印象です。

 さて今日は昨日少し触れましたが、バンコクや近郊の大気汚染状況があまり改善しないようなら、思い切ってまだ行ったことがないプーケットはどうかということ言うことに触れました。

 理由は単純。まだ行ったことがないビーチリゾートだということ。基本的には海辺の街が好きです。大気汚染の影響が少ない。バンコクから飛行機で1時間半程度と近い。

 てなわけで、当初はバンコクのスワンナプーム空港に到着して、そのままプーケットに向かったらどうかと考えていたのですが、私のANA便は、初日のバンコク到着が夕方4時過ぎ。

 そこから乗り換えてプーケットに向かうと、乗り換えに2時間。搭乗後1.5時間。プーケット空港に到着してからホテルまで1.5時間と考えると、プーケットのホテル到着は9時ごろになりそう。

 「こりゃ疲れそうだ」と言うのが第一印象で、だったら「パタヤでいいか」と考えたのですが、まだ行ったことがないプーケットには結構関心があります。

 だとするとそんなに無理しないで、とりあえず初日と最終日はちょっと空気の悪さを我慢してバンコク泊。間の3泊をプーケットにするプランはどうかと考えています。

 というわけで、今バンコク~プーケット間の飛行機代をスカイスキャナーで検索。先ずはエコノミー席ですが、出発する時間帯を朝までしっかり寝て、さらにホテルのチェックアウト時間を考えて、10:00~15:00あたりに指定。
 
 結果はタイノックエアが一番安くて約6000円。エアアジアが6400円ちょっと。ベトジェットが7000円ぐらい。バンコクエアウェイズが12000円ちょっと。タイ国際航空が27000円弱という結果でした。

 こんなに差があるんだと正直ちょっとびっくりです。続いてプレミアムエコノミーを指定すると、結果無しという表示です。まあそうだろうなと思いつつ今度はビジネス席を指定。するとまたしても結果無しという表示。

 驚いて原因を探ると、どうやら出発時間帯の指定に問題がありそう。そこでちょっと時間帯を拡げて調べると、スワンナプーム空港発14:00、プーケット発13:20という便を発見。この価格が35000円弱。

 他にもいくつか利用できそうな時間帯があり、値段はすべて同じ。1時間半という短い空の旅ですが、そのぐらいなら安い席で十分という考え方と、折角の機会だから短時間でもちょっと豪華な旅を楽しもうう考え方がありますが、今回は後者を選びそうな予感がします。


 

第1197回 旅行形態、安さよりも快適さを求めるようになりました

  三連休最終日。関東地方でも東の方では雪が積もったようですが、埼玉県では土曜の朝にうっすらと白っぽいものが見えた以外、全く雪らしきものは見かけません。

 今日も降るとか降らないとか、天気予報は大騒ぎしていますが、いささか常軌を逸した騒ぎになっているような気もします。もちろん雪が交通に障害を与えたり、滑って転んで骨折なんて言う事故も考えられますが、小学生の子供に言い聞かせるような報道や「降ってきた降ってきた」とヒステリックに叫びたてる声を聞いていると、なんか視聴者を馬鹿にしているなとすら思えます。

 冬なんだから雪が降るのがあたり前。むしろ降らない冬の方が珍しいと鷹揚な気持ちで対処してもいいのではという気がします。

 今日のバンコクの大気汚染。シーロムが78、シラチャーが70前後。ラヨーンが60台。ただバンコク市街では一部100を越している場所もあるようで、まだ安心して旅行を楽しめないなと感じます。

newsclip.beより

 すでにご存じの方も多いと思いますが、タイ総選挙で現タイ国王のお姉さんが立候補を表明して大変な騒ぎになりましたが、どうやら国王から「王族関係者が政治職につくことはまかりならん」という命令が出たようで、立候補は取り下げ。

 タイの複雑な政治体制と王政の問題かなという気もしますが、今後も選挙日当日までいろいろと波乱がありそうです。

 さて春節の時期であり、中国人観光客が大挙してタイに押し寄せているというニュースも出ていますが、現地の街の様子はいまいち不明。

 しかし大気汚染情報を見ると、タイよりも中国の内陸部の方が汚染がひどいみたいですから、中国からの観光客は、むしろタイの空気の良さにほっとしているのかも。

 ただこういった観光客の影響でプーケット当たりのホテルの稼働率もかなり高くなっているようで、この三連休にタイに出かけた人は、複雑な思いだったかもしれません。

 ちなみに東スポwebでは、前回の旅行で高層からの絶景を楽しむことが出来たマハナコンですが、今は「景色も何もあったもんじゃない」というコメントが紹介されています。

 タイライオンエアが2/8~2/14までバレンタインセールを開催。成田ドンムアンが片道16545円~だそうです。搭乗期間は1/21~5/31まで。

 またノックスクート航空も同じ期間でセール。成田~ドンムアン間が片道13500円~で搭乗期間は6/23まで。ただし2名利用限定だそうで、ちょっと使いにくい。

 しかし往復3万円前後でバンコクに行ける時代になったんですね。ただLCCのほとんどは運航時間帯に深夜便が含まれていたり、遅れが頻繁にあったりと、スケジュールに余裕がないと利用しにくいなという印象もあります。

 今の大気汚染の状態が続けば、3月の旅行は思い切ってプーケットまで足を延ばしてもいいかもと思っていて、先日も少し航空会社を調査。するとLCCは往復で1万数千円で行けるみたいですね。

 昔はともかく安いのが一番という旅行が多かったのですが、最近は移動時の体力保持や快適さを以前より強く求めるようになりました。その意味ではプーケットへはタイ国際航空のビジネスクラスでもいいかもと思っています。