FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1339回 チェンマイからバンコクに戻ってきました

  バンコクチェンマイ旅行の7日目の昼過ぎです。昨日チェンマイからバンコクに戻ってきました。昨日の朝は6時前に起床。7時半ごろフロントに出向いて、「8時にタクシーを呼んでほしい」とフロントにいた男性に依頼。

 7時ごろ朝食。ところがこの日は「前日から宿泊しているお客さんが5人しかいない」とのことで、いつも用意されているビュッフェのようなおかずが用意されていません。

 どうするのかなと思っていたら、お兄ちゃんが紙を持ってきてくれ、そこに朝食特別メニューが5~6種類並んでいて、そこにチェックをつけて選ぶ形式になっていました。

 というわけで、オムレツとソーセージ、コーヒーにヌードルというのを選んだのですが、どうやらこのヌードルが「カオソーイ」だったようです。

 おいしく食べましたが、満腹になって食べきれず。お兄ちゃんに「多すぎて食べきれません。ごめんなさい」と伝えて朝食終了。連日のウォーキングで、疲れすぎて胃の具合もいまいちになっている感じです。

 部屋で休憩後、最後まで忘れ物のチェックをして8時にチェックアウト。しばらくするとタクシーというか、民間の乗用車(グラブタクシー?)が到着。空港まで175Bでした。

 国内線のエントランスにつけてもらい、まずは入り口でX線検査。カウンターでチェックイン。座席は中央4列の通路側でした。スーツケースを預けて身軽になって空港内部へ。
 
 再度手荷物検査があり、出発ゲートに出ると、大きな体育館のような待合所に到着。しかし到着したのは8時半。離陸予定時間は10時40分で、いささか早すぎました。

 しょうがないので、ブログを書いたり、あらかじめインストールしてあった将棋ソフトで遊んだりして時間をつぶします。ところが搭乗時間を過ぎても、なかなか搭乗が始まりません。

 結局15分ほど過ぎた10時35分ぐらいに搭乗開始。実際に離陸したのも15分遅れの10時55分ぐらい。到着予定は11時50分でしたが、11時55分に着陸。

 ここからは国内線で手荷物検査がない分早いですね。スーツケースも割と早く出てきたので、試しにすぐ近くのリムジンカウンターで料金を聞いてみると1050Bということでした。

 本当はARLを使う予定だったのですが、昼頃なら道も空いているだろうと思い通常のタクシーに乗車。予感は的中して、渋滞もなく、約30分で「エータスルンピに」に到着。

 チェックインして案内されたのが19階の部屋。スタッフがかなり入れ替わっていました。ちなみにタクシーは空港使用料、高速代を含めて380Bぐらいでした。

 部屋で休憩(昼寝)後、まだ時間があったので、再度マハナコンに行ってみましたが、大混雑で断念。そのままシーロムに戻って、お気に入り?の「寿司田」で海セットという300Bぐらいの握りずしを食べましたが、やはり旨い。

 その後7時半ころちょっとキングキャッスル1に行きました。しかし疲れを強く感じたのでオレンジジュースを飲んでホテルへ。そのまま風呂に入って倒れこむようにベッドへ。

 バンコクに通い始めた50代のころに比べて、旅行の疲れが日々たまっていくのをはっきり感じるようになりました。


 

第1332回 バンコク・チェンマイ旅行二日目、今日はチェンマイへ移動

  バンコク・チェンマイ旅行二日目の朝8時半です。昨日の成田~台北間の飛行は思ったよりも順調でした。もっと揺れるかと思っていました。

 台北にもほぼ定刻着。桃園空港には新しくチャイナのラウンジができたみたいで、ちょっと休憩。モノレールの利用もなく、乗り換えは楽でした。

 台北~バンコク間の飛行も、だいたいいつも通りの飛行。ただスワンナプーム空港着陸直前に上空で時間調整の旋回を2回。結局少し遅れて着陸。しかも誘導路途中で停止。ゲートが混雑しているようなアナウンスがありました。

 ゲート到着後10分ほど歩いてイミグレへ。割と空いていました。10分ほどで通過。スーツケースもちょうど出てきたところで、これを持ってARLへ。

 マッカサン駅でMRTに乗り換え。二つ目のシリキットコンベンションセンターで下車。ホテルまで、出口を出て100mぐらい。入り口が道から見えているのに、ちょっと迂回する必要があります。

 それでも近い。建物も真新しい。スーツケースを転がして近づくと、すぐにドアマンが出てきてスーツケースを持って案内してくれました。割と好印象です。

 デポジットは現金で1000Bでした。案内された部屋は11階で東向き。窓からの景色は開放的で良好。部屋も真新しい。予想通りちょっと狭い感じもしますが、一人で寝起きするにはちょうどぐらい?

 バスタブがない部屋ですが、スタッフの動きや印象はかなり良いです。駅からの距離と言い、使いやすいホテルだと感じました。エアコンも静かで、ベッドも快適。よく眠れました。宿泊料金もそれほど高くないので、今後も利用するかもしれません。

 部屋で休憩後、早速夜の街へ。向かったのはシーロム駅。シーロムプラザの、最近お気に入りになった「寿司田」で夕食。海鮮丼セット299Bを食べましたが、「旨い!」と唸らせる味です。

 その後、ちょっとだけパッポン徘徊。バダビンが営業していたことを確認。しかしそこは素通りしていつものようにキングキャッスル1へ。

 相変わらずの盛況で、オレンジジュースを飲みながら30分ほど見学。しかし移動の疲労を感じたので、9時半ごろにはホテルに帰還。シャワーを浴びて、倒れるようにベッドへ。

 というわけで、二日目の朝です。目が覚めたのは6時。日本ではいつも6時半に起きていますから、時差2時間を考えると、十分寝坊です。

 7時過ぎに朝食会場に行ってみると、まだ人が少ない。割と広い空間で、のんびり食べることができましたが、おかずがちょっと少ないですね。このホテルの唯一の欠点かも。3泊程度で飽きてしまいそうです。

 というわけで、この後はチェンマイへの移動となります。昨晩ネットでウエブチェックインを済ませましたが、すでに指定されていた座席は中央4列席の中央で、慌てて後ろの方になりましたが、2列席の通路側を指定。

 離陸予定時刻はスワンナプーム空港13:10なので、11時ぐらいに着けばよいかなと思っています。ということはホテルを出るのは10時過ぎで良さそう。ARLで行こうと思っています。

 チェックイン後空港内で食事をして時間調整の予定。スワンナプーム空港の国内線利用は初めてなので、ちょっとドキドキしています。
 

 

第1325回 タクシー運賃値上げ、ノックスクートが10/28より増便

  連日の猛暑でいささかばて気味。食欲があるのが幸いですが、いつもの元気が出ません。だる~い、という感じでしょうか。

 昨日は海外旅行保険の契約を完了。保険証書はメールではなく郵送で送ってもらうことにしました。この方が、パンフレット等が手元に来るので、万が一の利用時に便利だと思えるからです。

 残っているのは成田空港までの交通手段ですが、天気図を見ると台風10号がお盆期間中に接近しそう。その影響をいろいろ考えて、やはり前日の15日に成田空港近くの日航成田で宿泊しようかなと思っています。

 あとはそこまでの交通手段。帰国後の便利さを考えるとやはり、多少経費が増えても車かなと思うようになっています。

タイランドハイパーリンクスより
 
 タクシー運賃が一か月以内に値上げという記事が出ています。初乗り運賃は35Bで変化なし。しかしその後の距離や渋滞時の加算額が増額となるみたいです。
 
 さらにスワンナプーム空港のタクシー乗り場からの利用が50から70Bに値上げとなるようで、これは結構影響が大きいかも。さらに大型のタクシーは90Bで、荷物が三つ以上は、一つ20B加算されるとか。

 これまでは、私の感覚ではスワンナプーム空港からの市街への乗車は、運賃が250~350B(渋滞につかまると高くなります)、空港使用料が50B、高速代が75Bでしたから、合計375~475Bぐらい。
 
 これが値上げされるとなると、400~550Bぐらいになってしまうかも。とはいえ、日本円にすれば1400~2000円ぐらい。空港からの距離を考えると、まだ安いとは思えます。

 とはいえ日常的に市街で利用するタクシーは、ちょっと使いにくくなるなとも感じます。その意味ではARLやBTS、MRTの列車の混雑もより激しくなりそうです。

 ノックスクートが成田便を増便という私にとってもうれしい記事が出ています。運行スケジュールを見ると、増便されたのは行きが成田20:45発で、帰りが11:50発。

 既存の便は行きが13:55発、帰りが2:45発で、帰りが深夜便になるため私は利用を躊躇っていました。しかし今後は行きかえりともに午前便を選択できるようになりました。

 実施されるのは10/28からだそうですから、年末の旅行に使えそう。どうせ利用するならスクートビズを利用したいなと思っているのですが、その搭乗レポートも記事になっていました。

 一読しましたが、一番知りたかった座席の広さやリクライニングについての解説が少ないのがちょっと不満。まあネットで他のページを見ればわかることですが、画像を見る限り、通常のプレミアムエコノミーの座席ぐらいの広さ?

 まあ直行便ですから、この広さが確保できれば十分なように思えます。