FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1291回 航空会社ベスト100、JALが8月よりサーチャージを値上げ

 今日は朝からちょっと曇り空。週末は再び雨模様という予報が出ているようで、その兆候を伺わせます。

タイランドハイパーリンクスより

 イギリスのDKYTRAXという会社が毎年発表している「ワールド・ベストエアライン・2019」を発表。1位がカタール航空で2位がシンガポール航空。シンガポール航空は1位から転落です。

 そして3位がANA。4位がキャセイパシフィック、5位エミレーツとなっています。そして10位にタイ国際航空ということで、ざっと見て中東、アジア系の航空会社が目立ちます。

 さらに元々のSKYTRAXのページでランキングを見たら、ベスト100が表示されていました。そこには11位がJALと表示されていました。昨年は13位だったそうで2ランクアップです。

 その先のタイ旅行関連航空会社を見ていくと17位がバンコクエアウェイズ、20位がエアアジア、34位がチャイナエアライン、48位エアアジアX、64位スクートとなっています。

newsclip.beより

 JALが8月発券のチケットからサーチャージを値上げするそうです。タイ便の場合は現在の片道4500円が6500円となるようで、往復4千円の値上がり。7月まではまだ安いので、チケット確保は7月中に決定した方が良さそうです。

 さてタイの歴史を調べていたら、タイの始まりは北方からという記述を発見。そこからの歴史の流れは何となくわかりましたが、ではその北方に移住してきた人はどこから来たのか?と考えるようになり、ネットや書籍で調査。

 すると中国南部やビルマ方面からやってきたということも分かりました。というわけで、ではその中国南部やビルマの人たちはどこからということを調べたら、そもそも人類はアフリカで生まれ、それが東方に拡散。

 その際インドの北方にあるヒマラヤ山脈の北側もしくは南側を移動し、北側は中国南部へ、南側は東南アジアのミャンマー、マレーシアあたりに到達したということのようです。

 しかしこういった移動を考えるときは、私は最初山や川という地形ばかりを見ていたのですが、どうやら気象条件の変化も大きかったようですね。

 つまり地球が暖かくなったり寒くなったりということを繰り返し、その気候の変化によって人類が移動したという要素もあったみたいです。

 その観点で考えると、まだ調べていませんがタイという国の北部の山岳地帯は今よりも暖かく、暮らしやすかったため中国側から移動してきた人がいたということなのかもしれません。

 またそういった暖かい時代なら、南部の今の平野部は、水が多くジャングルのような地域でとても暮らせたもんではなかったのではという気もします。


 

第1288回 JALが安い運賃を設定しているようです

  朝から乾燥気味の爽やかな風が吹き、天気も良好。気分的には上々。ただ今週は忙しい。明日が車検。木曜日からは鼠径部ヘルニアの手術のための入院。日曜か月曜に退院かなと思っていますが、これらの費用が20万ぐらい?

 バンコク旅行1回分の費用だなと思っていますが、年金暮らしには大きな出費です。とはいえ車にしても、手術にしても今後も自宅でのんびり生活していくためには必要なお金です。

タイランドハイパーリンクスより

 バンコクではBNK48等のアイドルグループが活躍していますが、今日の記事にはかつてのアイドルグループが続々復活という記事が出ています。

 私はこういったアイドルというものにあまり関心がないのですが、リンクされた「Girly Berry」というグループのユーチューブの動画をちょっと視聴して改めてその色っぽさにびっくり。

 かつてのアイドルということですから年齢的には25~30歳ぐらい?もともとタイの女性はスタイルが良く目鼻立ちがはっきりしている女性が多いので、動きのあるダンスには向いているようです。

newsclip.beより
 
 タイ国際航空のTG640便(帰国の深夜便)とTG641便(行きの午前便)が6/24~7/30にかけて断続的に運休となるみたいです。理由は不明。

アジアトラベルノートより

 JALがバンコク往復33000円という、破格の安値のチケットを発売だそうで、サーチャージ込みで49000円前後。販売期間は6/14~7/31。設定期間は9/12~来年3/14まで。

 残念ながら夏休み期間は含まれないみたいですが、何せ安い!ちなみに同じリンク先のページで設定期間4/17~来年1/20というチケットも発見。こちらは往復44000円からと書かれていますから、サーチャージを含めて6万ぐらい?

 これなら夏休みの旅行にも使えそう。そう思って次回の旅行のために8月下旬の仮の日程を入力して検索してみると、すでに良さそうな時間帯や安い便は売り切れ。旅行予定がある人は急ぐ必要がありそうです。

 なおこれらのチケットはバンコク以外の全世界に渡って設定があるようです。

 こういった情報を見ると、次のバンコク旅行はJALのエコノミーかなという気がします。以前はチャイナエアラインのビジネスクラスを多用していました。

 チャイナを選んでいた理由は台北乗り換えで直行便より時間はかかるものの、11万円前後でビジネスクラスを体験できるのはありがたいなと思っていました。

 しかし加齢に伴って徐々に乗り換えが面倒だし時間がかかるのはちょっと・・・という思いが強くなり、試しに広くなったと言われるJALのエコノミークラスを利用してみたら、予想以上に居心地が良いことを確認。

 欠点は相変わらず足元が狭いことですが、たしかにJALが主張するように、以前の座席よりは広くなっていました。というわけで、次回の旅行はJALのエコノミーかチャイナのビジネスの2択になりそうです。