FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1057回 エコノミー席のシートピッチを考慮

 今日はこの後気温がぐんぐん上昇し、またしても埼玉県では38℃ぐらいになりそうです。涼しいうちに市民農園に行ってトマトを採ってこようと思っていたのですが、玄関を出たらすでに気温が上昇していて、すぐに家に戻ってブログ更新です。

newsclip.beより

 ロヒンギャ問題で海外からの旅行者数が減少したミャンマーが、日本人と韓国人に対し、今年10月から来年9月までビザなしの入国を認めることにしたそうです。

 ミャンマーというのはどういう国なのか?私もちょっと関心もありますが、その前に慣れ親しんだタイという国で、もう少し北方のチェンマイ方面にも足を伸ばしたいなと最近は考えています。

 ただそのためには旅行日数にもう少し余裕がないと体力的に厳しいなと思えます。直行便があるといいなと思うのですが、今調べてみたらありませんでした。

 同様に有名リゾート地であるプーケットにも直行便がないんですね。個人的には海が好きなので、ぜひ復活してもらいたいです。さらに言えば今年春に行ったマレーシアのクアラルンプールも割と面白い印象でした。

 というわけで、行きたい場所が多数ありますが、いずれも旅行日程が5日間程度では、「よし行くぞ!」という気持ちにはなれません。長期の旅行で東南アジアを周遊なんてのも面白そうです。

トライシーより

 タイ国際航空が成田~バンコク線に新シート搭載のエアバスA330-300を導入だそうです。ただし導入されるのはTG641便とTG640便のみ。運行時間帯は行きが10:50成田発でバンコク着15:20、帰りは22:10バンコク発で成田に6:10着。

 投入期間は8/31までだそうですが、見出しを見て11月の旅行で使えるかもと思いましたが早合点だったようです。ただエコノミーのシートピッチは76から86cmに広がったそうですから、足元はかなり楽になりそう。

 改めて各航空会社のエコノミー席にシートピッチを調べてみると、だいたい76~86cmぐらいになるようで、その意味ではタイ国際航空のこの機材はねらい目と言えるのかもしれません。

 ただし実際の座席の広さは、背もたれの構造や厚さによっても足元の広さは変わるはずで、さらにシートの座り心地等、いろいろな要素がありそうです。

 ちなみに改めて調べてみたら、JALのスカイワイダーというシートは、評判通り通常のエコノミー席よりも広くなっているようですね。ただし種類は2種類。

 スカイワイダーとスカイワイダーⅡだそうで、前者のシートピッチが86cm。さらに背もたれが3cmほど薄くなったようで
、これにより合計10cm足元が広くなったと書かれています。

 またスカイワイダーⅡの方はシートピッチが84cmだそうですが、横幅も少し広くなっているようです。しかし現在は旧シートも含めてこういった機材が混在して存在しているように思えるので、個人手配の場合は予約段階でスケジュールだけでなく、使用機材にも注意しないといけないんだなと感じました。


 

第1050回 ANAビジネスクラスの特典航空券を予約

 いやはや毎日暑いですね。というか暑いを通り越して異常事態になっているような気もします。先ほどまでエアコンのない部屋にあるデスクトップパソコンで今回の旅行記をまとめていたのですが、室温が32度を超えましたので作業を切り上げ、リビングに避難。

 今はエアコンを使ってノートパソコンでこれを書いていますが、帰国以来毎日こんな状態ですから、徐々に暑さによる疲れが蓄積しているのではと心配になります。

 そんな中、昨日ANAのマイレージを使った特典航空券を予約しました。本来このマイレージは、バンコク同様に好きなハワイに行くときのために貯めていたものですが、ハワイ便は人気があるようで、ほぼ予約ができるすべての期間で「空席待ち」という表示になります。

 一方一部のマイレージの有効期限が今月末に迫ってきて、そこを過ぎると数千マイルが失われることが分かり、貧乏性の私はもったいないと考え、それならバンコク便はどうかとここ数日検討していました。

 しかし今回の旅行同様、旅行日程を11月下旬や12月の3連休近辺に設定すると、一部の夜行便を除いてほとんどがやはり空席待ち表示となり、「ANAはマイレージをためても使いにくいな」という印象が強くなっています。

 というわけで、「それなら思い切って来年はどうか?」と考えて、3月の飛び石連休前後に旅行日程を設定。すると曜日によっては私好みの午前便にまだ空席があることが分かり、「よし今だ!」と思って昨日予約。

 今回は往復ともにANAビジネスクラスの予約で、消費マイルが6万マイルぐらいです。ちなみにこの6万マイルはANAのフライトで貯めたものではなく、基本的には普段のショッピングポイントとです。
 
 普段使っているのはアメックスのスカイトラベラーカードで、通常は100円で1ポイントという換算率ですが、このカードを使って提携している航空会社のチケットを購入すると、その場合はポイントが3倍になります。

 というわけでよく使うチャイナエアラインのチケットを買うときに使っているのですが、仮に10万円の消費だと、通常は1000ポイントですが、このカードなら3000ポイントになり、1ポイントは1マイルとして移行できるので結構重宝しています。

 それ以外にTカードののポイントや楽天のショッピングポイント、りそな銀行からのポイント、さらにトリップアドバイザーにレビューを書いてもらえるポイント等を、すべてANAに集約して6万マイルをクリアしました。

 まあ涙ぐましい努力といってよいと思いますが、それによって往復ビジネスクラスの20万円ぐらいの価値があると思われるチケットが確保できたので、努力した甲斐はあったと思っています。