一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第884回 バンコクから周辺都市へ

 昨日バンコクから周辺都市に飛んでいる飛行機の航空料金について調べてみたのですが、例え水はそれ程きれいではなくても一度は行ってみたいプーケットまでは、エアアジアを使うと往復で6000円ぐらいから。

 来年3月の料金ですが、所要時間は片道1時間20分ぐらい。場合によっては日帰りもできますね。数泊して帰ってくるというのが良さそうです。

 また北方のチェンマイ方面(実は海が好きなので、山側というか内陸部にはあまり興味がないのですが、住みやすいといううわさを聞いています)もやはり7000円前後で行けることが分かりました。こたらも所要時間は1時間15分ぐらいで、プーケットと似たようなもんです。

 他にもバンコク市街からのオプショナルツアーで有名なパンダバスには、アンコールワット、チェンマイ、プーケットといったパックツアーも用意されているようで、これの価格が1~2万Bとなっています。

 ただしパックツアーの場合は、2名1室の一人当たり料金ですから、一人旅の場合は割高になります。従って料金は目安ということになりそうです。

 まあいろいろな情報を見比べて少しずつ旅のイメージを詰めていくというのが私の旅行スタイルなので、楽しみながら調べていきたいと思っています。

newsclip.beより

 アトピー持ちの私としては、ちょっと聞き捨てならない記事が出ています。スーパーやデパートで販売されている果物や野菜から基準値を超える農薬が検出されたというものです。

 具体的にはドラゴンフルーツやパパイア等で、記事を読む限り、調査範囲を拡大すれば他にもいろいろな野菜や果物で残留農薬が検出されるのではと思えます。

 熱帯地方でおいしい果物を食べるのは至福の喜びですが、当然ながらそういった果物や野菜には各種の害虫が繁殖しやすくなります。それを抑えるための農薬使用ですから、虫がかじった果物を食べるのと、そういった痕跡が全くない農薬まみれ?の果物を食べるのとどちらが体に良いのか?

 基本的には得体のしれない化学物質を避けたいなと思うわけですが、だからと言って明らかに虫食い状態となっている野菜や果物を食べることができるのか?悩ましい問題です。


 

第881回 香港航空が11周年記念格安キャンペーンを実施

 相変わらず時差ボケが続いているようで、今日も日本時間9時に起きました。タイ時間なら7時。1日30分ぐらいずつ時差ボケが修正されている感じでです。

 帰国して、このブログの記事をもとに、もう少し詳しい旅行記を「バンコクぶらり一人旅」というサイトでまとめていますが、まだ2日目です。ぐずぐずしていると記憶がどんどん薄れていくので、今日もこの後頑張ろうと思っています。

 バンコクやパタヤにいるときは、もうそろそろタイ旅行の卒業だなという印象を持っていましたが、旅行記を書いていると、「やっぱりまだあちこち行きたいな」という未練を感じます。

 改めて考えてみると、私がこれまで行ったのは、タイのほんの一部でしかなく、ようやくタイという国を知る基本的な知識がわずかに身についた程度だろうなという気持ちになっています。

 もちろんすべてを知る必要はないわけで、またすべてを知ることは不可能であるようにも思いますが、私がまだまだ知らない興味深い場所もいろいろあるのではと思うようになってきました。

 特に北の山岳地方の都市や南のいわゆるプーケット周辺は、やはりタイという国が好きなら一度は行ってみないといけないなと思えます。

 実は帰国して、「次は3月下旬だ」と旅行時期だけを勝手に決めて、「じゃあどこへ行こう?」と考え、本屋さんで旅行ガイドを立ち読みしたりしていました。

 当初帰国便の中で考えていたのは、次こそマレーシアかバリだなと思っていたのですが、改めて飛行時間やチケット料金を調べてみると、やはりタイは行きやすい国なんだなと感じました。

 さてそんな中、タイ旅行関連ニュースを見ていたら、香港航空が11周年記念セールを始めたというニュースが飛び込んできました。

 成田発着のエコノミーが往復18200円からだそうですから、かなり魅力的な値段です。そこで試しに3月下旬の成田バンコク便を検索してみると、現時点で一番安かったのが3/13~3/20の日程で、料金が31246円。

 しかし往路の時刻表を見てがっくり。朝8時半に成田を出発し、香港で乗り換え。バンコクに到着するのがなんと深夜の2時20分。これでは無駄な時間が多すぎるうえ、体力的にもきついです。

 そこで次の候補を見てみると朝9時15分発で、バンコク着が19時5分。これなら何とか妥協できる時間帯ですが、この料金が33773円。

 一方帰りは8時50分発で成田着が20時55分となっています。他にもいくつか候補の便があって、便数そのもののは結構多いですね。ただ日本から効率的に乗り継いでいく便は少ないように思います。

 旅慣れている人なら、日本と香港、香港とバンコクを別便で組み合わせて安い料金で効率的に旅行を楽しむことも出来そうですが、私自身は個人手配が好みとはいえ、そこまで頑張る気力は湧きません。

 たぶんチャイナエアラインの台北乗継便の時間帯が気に入っているからだと思います。