FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1365回 日系航空会社のサービスが低下?

 「中国に追い越される!?日系航空会社サービスレベル低下の危機」というダイヤモンドオンラインの記事があって、一読して少し中国系航空会社に対する認識を改めました。

 内容は主としてラウンジにおけるサービス意識の低下という部分に焦点を当てているようですが、もし本当なら確かにそうだろうなという気もします。

 とはいえこういったラウンジを利用できるのは上級クラスの利用者でしょうから、エコノミークラスの利用者には関係がないとも言えそう。

 エコノミー利用者にとって最大の関心ごとは、座席の広さや機内食、そして定時運航率かなという気がします。その意味ではJALやANAの座席はエコノミーでも他の航空会社よりも少し広く感じら、機内食もそこそこおいしい。

 一方、目的地にたどり着くまでに乗り換えが必要な場合、定時運航率が気になるわけで、LCCの場合はこの点がすごく不安。てなわけで記事中の定時運航率という語句でネットを検索。

 するとトラベルボイスというページがヒット。今それを見ながらこれを書いているのですが、2018年のランキングが掲載されています。

 それによればアジア太平洋圏の航空会社で1位は香港航空ですが、2位はなんとバンコク・エアウェイズとなっていてびっくり。3位以下はカンタス、ANA、ジェットスターアジア、JALだそうで、「へえ~、そうなんだ」と認識を新たにしました。

 ANAやJALを利用していると、さすが日系。随分きちんと時刻表通りに飛んでいるなという感想を持っていましたが、それよりも上がいて、それが中国やタイの航空会社だとは驚きです。

 ちなみに私がお気に入りの運賃が安いチャイナエアラインは、台湾の航空会社ですが、一時期は妙に遅延が多かったのですが、最近は定時運行にも力を入れているんだなと感じています。

 12月に予定している旅行では、再びチェンマイ行きを考えているのですが、次回はバンコク到着後そのまま飛行機を乗りかえてチェンマイ方面に向かうのも良いかなと思っています。

 その意味ではタイ国際航空の利用も視野に入ってきます。ただ以前利用した時、座席の広さがこれまで通りの広さでJALやANAに比べて少し狭いのが不満。

 その分かどうかは不明ですが、運賃は安いようなので、安いけど時間がかかるチャイナや、ちょっと広いけど運賃が高いANAやJALと比べながら、地方に行く場合は検討する価値はあるなと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 前回の旅行でチェンマイのターペー門を見学。その際門周辺には多数の観光客とハトがいるのを確認。さらにハトの餌売り業者もいて、「こりゃハトはどんどん増えるだろうな」と思ってみていました。

 しかし今日の記事で、この業者たちが許可を得ずに餌を販売し、さらに観光客の写真撮影を恰好よく見せるために、わざとハトを驚かせて飛び立たせている書かれていました。

 実際私が見ているときも、突然ハトを飛び立たせるような威嚇をする人がいました。何を意地悪しているんだと思っていましたが、写真撮影のためだったようです。

 ということは次回行ったら、門周辺はもう少し落ち着いた雰囲気になっているのかもしれません。

ターペー門
 
 

第1363回 エアアジアがビッグセール!しかし価格は・・・

  三連休明けの初日ですね。現役時代は、こういった連休明け翌日の出勤が「面倒だなあ」と思うこともしばしば。行ってしまえばいつもの勤務が始まるわけですが、行くまでの心理的葛藤が大きかったことを思い出します。

newsclip.beより

 スマトラ島で森林火災が起きているようで、その影響がプーケットにまで及んでいるようです。そう思って久しぶりにタイの大気汚染地図を見てみました。

 するとバンコク市街は40~70ぐらいで、まあ悪いなりに、何とか生活できる数値を保っています。シラチャーやラヨーンもほぼ同様の数値。

 というわけでプーケットの数値を見てみると、東海岸の値ですが147となっていて、確かに気管支の弱い私のような人間には不向きな数値だなと感じます。

 ついでなのでマレーシアのクアラルンプールを見ると100~150。インドネシアのジャカルタは160。タイでは雨季が終わり、これから絶好の旅行期間になる時期ですが、同時に大気汚染も悪化することになりそう。

 次回の旅行もチェンマイ方面に行こうと今は思っていますが、場合によっては目的地変更もあり得るかもと思うようになりました。

Fly Teamより
 
 タイで主に国内線を運航しているバンコクエアウェイズが、アメリカ拠点のAPEXの航空会社評価で五つ星評価を獲得したという記事が出ています。

 前回チェンマイに行くときも利用を検討した航空会社ですが、私は何となくLCCの格安航空会社でサービスはいまいちという印象を持っていました。

 しかし今調べてみたら、LCCではないということで、ちょっと印象が変わりました。どうやらJALと関連もあるようで、バンコクまでJALで行き、そこから乗りかえてチェンマイに行こうとすると、このバンコクエアウェイズが指定されるようです。

アジアトラベルノートより

 エアアジアがビッグセールを開催中。搭乗期間は来年2/10以降のようですが、片道8000円という語句に惹かれてちょっと検索。エアアジアのHPにたどり着いて、3月の予定を入力してクリック。

 しかし閲覧している人が多いのか、サーバーの働きが弱いのか、ページが全く表示されません。数分待ってようやく表示されましたが、一部の表示が消えた状態でそこから進めず。

 再度やり直してようやく表示。しかし経路を見てがっくり。クアラルンプール乗継便で、しかも時間帯も深夜便ばかり。さらに値段は行きが最低18200円、帰りが16890円。

 安いことは間違いないのですが、「これじゃあいくら安くても使えないな」というのが第一印象です。


 

第1362回 チケット代金調査中

  三連休最終日、埼玉県は朝から小雨模様。夜は結構降ったみたいですが、前回の台風のような風は今のところ全くなし。ただし朝起きて西日本のニュースを確認すると、やはり強風の被害が多数。

 気象庁やテレビのニュースでは、台風接近に伴って十分な対策をと呼び掛けていますが、屋根が吹っ飛ぶような風に対して、果たしてどんな対策ができるんだろうかと懐疑的です。

 前回の記事に引き続いて、この土日にも12月の旅行のチケット代金を調べていました。ちなみに一般的にはタイのチケット料金は、火曜水曜出発が最も安くなるということが分かってきました。

 であるなら出発は12/3(火)または12/4(水)。帰国は今回も8泊9日を目指したいので、12/10(水)または12/11(木)あたり。そう決めて改めて直行便のチケット料金を調査。

 するとやはりスクートが安い。しかも帰国便に午前便が加わったようで、行きが9時35分発で14時55分着。帰りが11時50発で19時30分着。利用しやすい時間帯です。

 この料金が3万前後。ついでに旧スクートビズ(現在名称変更)を調べてみると、往復で5万ぐらい。めちゃくちゃ安い!「決めちゃおうか」と思いましたが、まだ早い。

 ついでにスクート航空の評判をトリップアドバイザーで見てみたら、評価1の感想が多数。いくつか読んでみましたが、どうやら空港カウンターやキャビンアテンダントへの苦情というか不満が多いようです。

 もしかすると社員教育が十分でない?もしくは安い給料で良い人材が集まらない?いろいろ考えられますが、もちろん良い評価も多数。何事もなければよいわけですが、不愉快な対応を受けたときどう感じるか?

 鷹揚にサラっと流してしまえばよい気もしますが、細やかな心配りを期待していると裏切られた時のショックが大きいのかもしれません。

 というわけでJALやANAのエコノミーを調べると、いずれも午前便は8万前後。ある意味快適さと料金は比例すると考えると、この値段もありかなと思うようになってきました。

 他に、定番チャイナエアラインやタイ国際航空の選択(いずれもたぶん5~6万ぐらい?)も考えられ、まあここしばらくはチケット料金の調査を楽しめそうです。

newsclip.beより

 MRTサムヤーン駅前に複合施設「サムヤーン・ミットタウン」が20日にオープンするとか。地上5階建てでホテルも併設。ユニクロ、マツキヨ、てんや、ペッパーランチ等の飲食店もできるようで、駅周辺が便利になりそう。

 ちなみに駅直結と書いてありますが、確かこの辺りには駅直結のショッピングモールもあったはず。それとは別の建物?と考えても、周辺に空き地はなかったような・・・。

 そう思ってグーグマップのストリートビューを見たら、駅北西に大きなビルができていて、どうやらそこが新しいモールのようです。

 ちなみにこのビルと大通りを挟んだ向かい側にマンダリンホテルがあって、ここは割と居心地の良いホテルでした。このホテルをでてサムヤーン駅方面に歩いて、右側にあるお寺のちょっと向こうの、路地を右折すると300mぐらいでパッポンに到着。

 シーロム駅から歩く距離とそれほど変わりません。意外に便利な場所です。ただ夜はちょっと怪しい雰囲気の道で、余り歩きたくないなと感じます。