一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第892回 「エキゾチックタイ」で、高級タイブランドのお土産を購入?

ORICON NEWSより

 バンコクに行って帰国時にお土産を買う人は多いと思います。私がこれまでに買ったことがある、自分用も含めたお土産は、先ずは衣料品。Tシャツ、ポロシャツ、Yシャツなど。

 食べ物関係は、コーヒー、紅茶、各種のお茶、カレー等のレトルト食品、料理補助食品、インスタントラーメン、カップラーメン、香辛料、そしてお菓子。

 お菓子は、当初は象さんマークのお菓子なんぞを買ったりもしましたが、最近はチョコレート、チップスが多くなりました。チョコは輸入物がほとんどで、果たしてバンコクで買うのが安いのかどうかは不明です。

 雑貨の類ですが、当初はナラヤさんで、象さんのぬいぐるみやポーチ、スリッパ等を購入していましたが、最近はほとんど利用していません。

 チャトチャのウイークエンドマーケットでは、シルクのスカーフ(これはジムトンプソンでも買いました)、ベンジャロン焼のコーヒーカップ(これは、コーヒーを飲むとき使っていますが、結構高級感があります)、石鹸、お香なんぞも買いました。

 他にも買ったと思いますが、改めて振り返ってみると、買ってないようで結構買ったなという印象です。ただそのほとんどは消耗品なので、いつの間にか日常生活の中で消えてしまいました。

 一つ一つの品物が、価格的には安いので、買ったことに満足してしまう部分もあるかもしれません。

 そんな中、今日のORICON NEWSではタイ雑貨やブランド物を集めた店がサイアムパラゴンにあるという記事が出ていました。チャトチャのウイークエンドマーケットは、値段的には安いと思うのですが品物の信用度に不安があると感じる人は、多少高くてもこういった店で買えば安心できるはずです。

 お店の名前は「エキゾチックタイ」だそうで、サイアムパラゴン4階にあります。販売されているのは、私にはさっぱり分からないメーカー名ですが、「THANN(ターン)」「erb(アーブ)」「divana(ディバナ)」「PANPURI(パンピューリ)」「DONNA CHANG(ドナ・チャン)」「Akaliko(アカリコ)」「LOYFAR(ロイファー)等だそうで、関心のある女性は多いのではないでしょうか。

 また衣料品やアクセサリーも販売されているそうです。個人的にサイアムパラゴンは、建物自体があまりに大きいので、水族館や映画館以外の場所に足を踏み入れたことはないのですが、タイのブランド物を探すなら便利そうな店だなと感じます。

 年末年始の旅行でバンコクに行く人も多いと思います、サイアムパラゴンはほぼ駅に直結している巨大ショッピングモールです。たどり着くのは簡単ですが、中は非常に広いので、ゆっくり見て回ったら1日でも回り切れないかもしれません。

 それを覚悟すれば、買い物好きにはたまらない場所だと思います。 


 

第891回 オンヌット駅前に新しいショッピングセンターがオープン

 本当に寒くなってきましたね。朝起きて、窓のカーテンを開けると真っ青な空が飛び込んでくるのはいいのですが、同時に窓際から冷気がじわじわ降りてくるのが感じられます。

 今週はさらに激しく冷え込むようで、今日は少し家の中で防寒対策を講じようと思っています。具体的にはフローリングの床にカーペットを敷く、窓にプチプチ等の防寒ビニールを張り付ける等です。

 これによって室内の暖房効果が高まるのですが、なんとなく部屋全体が冬ごもりといった風情になるのが、いまいちです。この状態は例年2月いっぱいまで続くのですが、そういった対策が必要ないタイで、この時期三か月ぐらい過ごせたらといつも思います。

newsclip.beより

 今朝私が使っている旧式の携帯電話を見たらメールが来ていました。内容は「ネット視聴で未払いの料金がある」というもので、「本日中に連絡がなければ裁判沙汰にする」というものでした。

 しかし未払いの内容についての言及は一切なく、また「本日中に」という切羽詰まった期限を設定しているあたり、いかにも架空請求だなと感じます。

 というわけで、全く身に覚えのない請求ですので、無視、削除しようと思っていますが、この手の架空請求は本当に不愉快です。

 今日のnewsclip.beには、カンボジアに電話オペレーターの仕事があるという勧誘を受け、タイ人男女が研修を受けたところ、その内容は振込詐欺の研修だったということで、大使館に救助を要請。カンボジア警察によって救出されたとあります。

 またタイでも振込詐欺が一斉摘発されたそうで、タイ人18人、台湾人3人が逮捕されたそうです。狙われたのは北部のタイ人高齢者だそうで、構図は日本の振り込め詐欺とほとんど同じみたいです。

 というわけで、振り込め詐欺という業態は、世界各地で行われていると認識した方が良さそうで、楽して人をだまして儲けようという輩は残念ながら世界中にいるということだと思います。

 オンヌット駅前に新しく「センチュリー・ザ・ムービープラザ・スクンビット」という複合ショッピングセンターがオープンという記事が出ています。

 写真で店内の飲食店が紹介されています。しかし内容は、まるで日本のショッピングモールみたい。「とんかつ かつや」「大戸屋」「スターバックス」「ペッパーランチ」「しゃかりき」「吉野家」「ミスド」「リンガーハット」「マクドナルド」「ヤマザキ」「ファーストスノー」「マツモトキヨシ」「KOI」「8番らーめん」等が紹介されています。

 この辺りは日本人在住者が多いと思われますが、それにしてもいわゆるタイ料理の名店がないという現実は、なんか不思議です。タイ料理レストランより日本料理レストランの方が儲かるということなのでしょうか?

 とはいうものの機会があったら一度は行ってみたいなと思えます。