一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第844回 前国王葬儀に伴い10月はあちこちで大渋滞?

JIJI.COMより

 プミポン前国王の葬儀を26日に控えて、5日で一般弔問を終えたそうです。しかし驚くのはその数。すでにその総数は1260万人をこえているそうで、タイの人口が約6700万人となっているので、およそ20%弱。

 ただし弔問客の中には、何回も来ている人もいるそうですから、その分は割り引かないといけません。とはいうものの、やはりこの数はすごいなと思います。

 同時に日本人が気を付けないといけないのは、それだけ王室に敬意が払われているということで、初めてバンコクに行ったときドンムアン空港からバンコク市街に向かう途中で王室の看板を多数見て、うわ~日本とは全然価値観が違うんだと思ったこことを思い出します。

newsclip.beより

 前国王の葬儀に際して、その予行演習が7、15、21日に行われるそうで、この日は市街のあちこちの道路が通行止めになるようです。通行止めの時間帯は明示されていないので、こりゃ相当な渋滞が発生し、その余波はBTSやMRTに影響するだろうなと思います。

 また葬儀期間の25~29日もあちこちで交通規制が行われ、さらにチャオプラヤエクスプレスの航行も停止されるそうですから、早い話が交通は全面マヒになるといえそうです。

 しかしそうなると一般に人はどうやって葬儀会場に行くのか?相当悩ましい問題です。
 
 また13,14日は、前国王の死去から1年ということで王宮で宗教儀式があるそうで、この日あたりもバンコクの人たちは、悲しい気持ちに包まれそうで、観光客は行動を慎む必要があるかもしれません。

 さてそんな中、9月12日にハワイから帰国し、旅行記もまとめ終えて、よしそれじゃあいよいよバンコクかと思っているのですが、上に書いた通り10月中は葬儀のために国全体が服喪の気分ではないかと思われ、なおかつ交通機関がマヒする可能性も高いので、やはり行くのなら11月かなと思っています。

 ただ11月は3日の日が文化の日で3連休となるので、ここは避けたい。さらに23日(木)は勤労感謝の日で、金曜を休めば4連休となる人が多いので、この周辺も混雑しそう。

 さらにさらに12日に私的な用事が入ったので、旅行はその前後となるので、カレンダーを見ながら日程を考えると5~11日または14~22日というのが良さそう。

 これのどちらが良いかと考えると、14日以降のほうが、日程に若干余裕がありそうなので、昨日少しチケット代を調べていました。

 私が好きなのは行きも帰りも午前便で、それも10~11時前後に出発ということで、これまではチャイナのビジネスを使ってきましたが、調べてみるとこれがいつも通り11.4万ぐらい。ただし帰りが早朝8時過ぎの出発なのでちょっと忙しいし、途中の台北乗り換えが年齢のせいか、だんだん面倒に感じられるようになってきました。

 一方JALやANAは行き帰りともに10~11時に出発する便があり、これのチケット代が8.1万ぐらい。ちょっと高いなあと感じるのですが、チャイナのビジネスよりは安い。

 心配なのは座席の窮屈さですが、ほんのわずか広く成ったJALのエコノミーの座席を体験したいなという気持ちもあり、まあ夜行便ではないので、多少窮屈でも我慢するかと今は考えています。



第839回 バンコクのスーパーの物価は日本の2分の1から3分の1ぐらい

 今日は朝から久しぶりの青空。しかも気温も20数℃のようで、じつにすがすがしい。こういう日は、やはりついどこかに出かけたくなります。

 青い空とくれば、青い海と相場が決まっていますから、できれば湘南の海を見に行きたいなと思っています。ただ私が住んでいる埼玉県から湘南まで、圏央道が開通したとはいえ、その料金は片道3000円ぐらいになるようで、往復6000円。

 これにガソリン代、往復2000円ぐらいを考えると、「よし行こう」と思って出かけるまでにかなり迷います。しかし12日にハワイから帰国して、この2週間ほど旅行を振り返りながら旅行記をまとめていましたが、思い出すのはやはり青い海と青い空。

 今回は療養の旅を兼ねていましたので、現地ではあまりちょこまかと動き回らず、海辺のベンチに座り海を眺めるとか、コンドミニアムのベッドで寝転んでうたた寝。

 さらにラナイ(ベランダ)に出て、ダイヤモンドヘッドを見ながらブログの更新と、これまでにないノ~ンビリしたハワイ滞在を楽しみました。

 そのせいか帰国後も、海を眺めてただデレ~っとしているだけでも、結構楽しいんだなという印象が強く残り、それなら湘南あたりで海を眺めてもいいなという気持ちになり、それが今日の気持ちにつながっています。

 というわけで、迷いつつも「行きたい」という気持ちが強くなっているので、その前にちょっとブログを更新しようと思い、この記事を書いています。

 記事を書くにあたって、最初はいつもnewsclip.beやバンコクポストの記事を読んだりしているのですが、今日はインラック首相がドバイにいるというようなニュースの他に、日本人観光客にとってめぼしいニュースはありませんでした。

 そこでネタ探しによく使っている「DACO」というフリーペーパーを発行している会社のサイトを見に行ったところ、フジスーパーのチラシが掲載されていました。

 バンコクとの日本の物価を比較できるなと思い、今それを見ているのですが、まず最初にインパクトを感じたのがスイカ。1kg35Bと書かれていますから、110円ぐらい?かなり安いです。

 次が鶏のささ身。1kgが135Bで450円ぐらい。日本なら100gは150円前後だと思いますので、3分の1の値段です。

 ジャガイモに至っては1kgが58Bで200円ぐらい。日本の半分以下です。そのほか鮭、タコ、豚ひれ肉なんてのが出ていますが、どれもかなり安い。やはり日本の2分の1から3分の1の物価だなと思えます。

 ただし日本からの輸入品である、マルちゃんのレンジご飯や味の素の餃子の値段は、税金の関係だと思いますが日本とそれほど変わりません。

 ちなみにチラシの最後のほうに10/5は、終日アルコールの販売が中止になると書かれていましたから、やはりこの日はアルコール好きには厳しい日になりそうです。