FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1392回 タイ世帯の平均月収は約2.64万B

 連休三日目は朝から良い天気です。その分朝夕の冷え込みも感じるようになり、今日は朝から近くのガソリンスタンドに行って、ガソリン補給のついでに灯油を購入してきました。

  12月バンコク旅行のホテルですが、まだ予約していません。いざ予約をしようとクリックする段階になると、まだちょっと予約が早すぎるのではという気がして逡巡。

 自分や母親の体調が、この冬に突入する時期は割と急変したりするので、予約はなるべく後回しにした方がいいなという気持ちが働きます。

 旅行に行けるか行かないかという決断は、加齢が進むと自分や家族の体調、息子の仕事の都合等が絡むようになり、本来なら悠々自適でバンコク一ヵ月旅行なんかを敢行したいところですが、なかなかうまくいかないようです。

newsclip.beより

 タイランドハイパーリンクスにも出ていましたが、タイ国際航空が、11/5発券分から、予約便の出発予定時刻を過ぎても姿を見せず、さらに予約の変更または取り消しを行わなかった場合の手数料を1万円徴収することになったそうです。

 この新手数料は、変更・取り消し手数料に加えて徴収だそうですが、まあ当たり前と言えば当たり前のような気もします。しかし最近の日本国内の食品関係ニュースでも、席を予約して当日は無断で姿を現さないなんていう記事が出ていましたから、航空券でもキャンセルせずに搭乗しなかったということが頻発しているのかも。

 モラルの低下が気になります。というか、「お客様は神様である」みたいな妙な倫理観がはびこっているような気もします。スーパーで若い店員さんに向かって声高に叫んでいる人も見かけましたが、本人は正義のつもりでも実に見苦しかったです。(その後店長さんと思しき人が対応していました)

 タイ世帯の平均月収の額が発表されています。2019年上期の結果ですから最新情報。それによると世帯当たりの平均収入は2.6万Bちょっと、とのことで、日本円なら10万円弱。

 10年前は2.1万バーツ(8万円弱)だったとのことで、10年で約23%の上昇。一方すぐ比べたくなるのは日本の賃金ですが、この10年ぐらい、ほとんど変化なし。

 ということは、単純計算で日本の旅行者から見たタイの物価は10年前と比べて23%上昇しているという事になりそう。さらに為替が10年前は1B=2.8円ぐらいだったのに、今は3.6円。つまり為替でも28%ぐらい上昇。

 両者の影響で、日本人が感じるタイの物価は、この10年で1.6倍ぐらいになっていると言えそうです。

 こういった影響をもろに感じるのは、やはりタイのホテルの予約や夜遊びの経費。以前は2000Bぐらいで宿泊できたホテルが、23%の上昇なら2500Bになっていてもおかしくない。

 幸いにも宿泊施設だけはどんどん新しいホテルができているので、古くなったホテルはそれほど価格は上昇していないかも。しかし建て替えられたりすると、途端に価格はアップ。

 またゴーゴーでのビールの値段も、バンコクに通い始めた当初は100B前後だったと記憶していますが、今は150~200B。以前は1軒あたりビールを2本飲み、それを3~4軒はしごなんて言うこともやっていましたから、一晩でチップを含めて1000~2000Bぐらい散財が当たり前。

 今は断酒状態でゴーゴーに行ってもソフトドリンクを1杯飲んで、2店ほど回って終了しているので、出費は300~500Bぐらい?物価の上昇を感じるものの、飲み歩き代が減ったので、旅行代はそれほど増えていません。

 とはいえ、昔に比べてバンコクの物価が上がっているのは紛れもない事実で、その意味では気軽に渡していた20Bぐらいのチップは、昔ほどの魅力がなくなっているのかもしれません。


 

第1384回 MRT駅に併設?されている公衆トイレ

 本当に久しぶりに朝からきれいな青空が広がっています。当然ながら朝から洗濯です。夕方からは再び曇るという事なので、ちょっと焦ります。

 昨晩チャイナエアラインでマイレージを確認したら、予定通り5万ポイント強となっていて、これでバンコク便のビジネスクラスの予約が可能になりました。

 早速予定していた日程を入力して空席状況を確認したところ、昨日時点では空席があるみたいでしたが、税金その他の手数料が2万円近く必要みたいです。

 というわけで、今日の夜は予約作業に入ろうかなと思っているのですが、7泊にするか8泊にするかでちょっと迷っています。長い方がのんびりできるわけですが、その分家族に迷惑が掛かると思っています。

 一方、7泊だとチェンマイまで足を伸ばすとちょっと慌ただしい旅行になることが予想でき、若い時ならともかく、あまり張り切って動き回ると疲れるなとも感じます。

 また今回はバンコクでも行きたいところがいくつか増えているので、7泊にしてバンコクのんびり滞在かなという気もしています。その場合同一ホテルで7泊は飽きるので、前半と後半を分けてもいいなと考えています。

 候補としては前回宿泊して好印象だった「モデナ・フレイザー」と、いつもの「エータスルンピニ」を考えているのですが、最近ソイ11に新しいホテルがいくつかできているようなので、前半はこの辺りに宿泊しナナプラザを楽しむというのもアリかなと思っています。

 宿泊の方はまだ予約をする必要はないと思っているので、今後再度バンコク市街で行ってみたいところを書き出して、それによって宿泊場所を選定しようと思っています。

タイランドハイパーリンクスより

 公衆トイレが設置されているMRTの駅という記事が出います。あちこちで夜遊びをしてビールを飲みすぎたときなど、店を出る前にトイレに行っても、駅に到着するころにまた尿意が・・・というのは散々経験しました。

 日本なら駅には必ずと言ってよいほど公衆トイレが設置されていますが、バンコクでは見当たらないことが多いです。というわけで、半ば駆け足でホテルに戻り、フロント付近にあるトイレに駆け込むなんて言う経験を何回もしています。

 というわけで気になった記事ですが、記事には9つの駅に公衆トイレがあると書かれています。9駅の中には、観光客が良く使うペッチャブリー駅、スクンビット駅が含まれていてびっくり。

 いったいどこに?という疑問ですが、スクンビット駅の場合はメトロモール内にあるみたいですね。ただし遅い時間帯だとモール自体がクローズしてしまいます。

 その意味では駅周辺にあるショッピングモールやホテルを利用するのが一番良さそう。つまり日本のように、改札を通った駅ホーム側に公衆トイレはないという結論になりそうです。

 ちなみにバンコクナビというサイトに「バンコクの駅近トイレ事情」というページがあって、利用できそうなトイレの一覧が掲載されていました。


 

第1381回 アウトレットモール「セントラルビレッジ」が面白そう

 まだ洪水被害の全貌が明らかになっていない段階なのに週末は大雨が降るとか。先日リビングの家財を整理していたら、今年の初めに市から配布された災害に関する冊子を発見。

 今回改めて1ページ1ページゆっくりと見ていくと、我が家は洪水が発生すると浸水の可能性もある地区に指定されていて、なおかつ今回埼玉県で洪水被害を受けた周辺地区は、危険地域に指定されていました。

 つまり事前に市はそういった情報を市民にきちんと流していたという事で、それをさらっと見て仕舞いこんでいた私は災害に対する意識が低かったと感じました。

タイランドハイパーリンクスより

 日本でも近年あちこちにアウトレットモールができていて、私も何か欲しいものがあると三井系のモールに行くことがあります。行ってみると、確かに安い!(ように感じます)

 これまでもそういった店で、クロスバイクや旅行用のバッグ、靴なんかを買っていますが、8/31に、どうやらバンコクにも新しくアウトレットモールが出きたようです。

 名前が「セントラル・ビレッジ」というもので、場所はスワンナプーム空港方面。とはいえ空港からは離れているのでARL等で行くのは不可能。

 しかしセントラルワールドとBTSのウドムスック駅(新しくできたBTSの東南延伸区間の駅、バンジャーク駅の二つ先)から無料のシャトルバスが出ているようで、これは結構楽しいかも。

 セントラルワールド駅からは1時間に1本、ウドムスック駅からは30分に1本運行されているようで、地図を見るとウドムスック駅から乗車した方が早そうです。

 記事では日本人向けの店がいくつか紹介されていますが、週末は大混雑とのこと。ショッピングにはそれほど関心がない私ですが、新しいショッピングゾーンとしてちょっと覗いてみたい気もします。

 元気な人なら、スワンナプーム空港に到着後、空港のタクシーを使ってここに行ってショッピングを楽しみ、そのあと無料のバスでバンコク市街に行ってホテルにチェックインというのもあり得そう。

 ちなみに個別にこのショッピングモールの情報を調べたら、ARLのラックラバン駅からもシャトルバスが運行しているという記事がありましたが詳細は不明。

 スワンナプーム空港からもシャトルバスが出ているという記事もありました。3番出口を出て道路を横断した場所にある舗道にベンチ等が置かれているようです。

 またセントラルワールドの乗り場は、1階の出口Dの近く、ウドムスック駅はセブンイレブン前のバス停だそうです。また帰りはセントラルビレッジのゲートAを出たあたりという記述も発見。

 ちなみに帰りはバス停近くの待合所で乗車券の予約が必要とのことです。またモール内にはお決まりのレストラン街やフードコートもあるみたい。

 実際に訪問するのはちょっと大変そうな気もしますが、買い物好きなら1日楽しめそうです。