FC2ブログ

一人で彷徨うバンコクあれこれ

シニアのおじさんのバンコク放浪記?です

第1445回 サパーンタークシン駅近くにパイナップル専門店がオープン

 今日は未明の5時頃の地震にびっくり。昨日フィリピンで火山が噴火し、日本でも火山や地震の可能性がありそうだなと思っていただけに、あらためて地震の怖さを実感。

 我が家の地盤自体の問題なのかもしれませんが、ちょうど明け方眠りが浅くなっていたころ、今回の地震でも初期微動というか地鳴りが聞こえました。

 音の感じは、ちょっと遠くの方で大型トラックが道路上を走っているような音です。これまでも何回か経験があるので、夢うつつに「もしかしたら大きめの地震かも」と思った瞬間、ガツンと言う衝撃が来て、その後10秒ほどの揺れ。

 しかし結局ベッドの中でなすすべもなく、ただ単に「大きな揺れだったな」と感じただけで、飛び起きて避難しようという考えには至りませんでした。

 結果的には特に被害はなかったわけですが、枕元に置いてあるスマホで震度を確認すると埼玉県は4という表示。震源地は茨城県南部という事で、地震の多い地域でした。

 タイの大気汚染状況ですが、バンコク近郊は少し改善。80~120ぐらいの数値が並んでいます。シラチャーやラヨーン方面も同様。チェンマイ方面は焼き畑の影響か、場所によって極端に高い場所もあるみたいです。

タイランドハイパーリンクスより

 中国の武漢で発生した謎の感染症ですが、タイに来た中国人観光客が発症し隔離されていたという情報が先日ありました。その後この患者は新しい感染症であることが確かめられたようですが、幸いなことに快方に向かっているみたいです。

 またこの女性と接触した可能性のある16名も感染はなかったようで、今のところ人から人への感染はなさそう。ちょっと一安心です。

FUDGE.jpより

 パイナップル専門店がオープンという記事を発見。バンコクのホテルに滞在しているときは、朝食のデザートのフルーツとしてスイカやパイナップルを食べることが多いので、ちょっと関心があって記事を一読。

 店名が「CASA SAPPAROD」だそうで、意味はスペイン語で「パイナップルの家」だそうです。掲載されている画像を見ると確かにパイナップルだらけ。

 店全体も料理もパイナップルという感じ。お店のホームページで場所を見たらサパーンタークシン駅のすぐ近く。ロビンソンデパートの北側ブロックの一角にあるみたいです。 

 最近、アイコンサイアムやアジアティーク、さらには王宮方面に行くときサパーンタークシン駅を使うことも多いので、この店でちょっと休憩という事も出来そう。

 メニューの詳細がちょっと不明なのが残念。とはいえタイですから、日本のフレッシュジュースのお店よりは価格的にも安いはず。行ってみてもいいかなと思っていますが、女性の利用が多そうな気もします。

 

 

第1380回 バンコクでステーキを食べるなら

  曇り空ですが、気温だけは秋っぽい。というか、初冬という感じすらします。寝具や着る物の交換が忙しくなってきました。

タイランドハイパーラインクスより

 BTSのアソーク駅で日本人男性がスリ被害に遭ったという記事が出ています。幸いに犯人は警備員にその場で取り押さえられ逮捕と書かれています。

 しかしいつどんな状況ですられたのかという詳細情報が書かれていないので、対処にも限界がありそう。ただ逮捕されたタイ人には逮捕歴があったという事なので、もしかすると常習者?

 アソーク駅近辺は常に人込みで混雑していますから、財布等を尻ポケット等に入れていると狙われやすいかもしれません。

 私は日本では尻ポケットに入れていることが多いのですが、スワンナプーム空港到着時にはズボンのサイドポケットやショルダーバッグ内に移し替えるようにしています。

newsclip.beより

 BTSのグリーンライン30の駅で無料のwifiサービスが始まったそうです。名称が「BTS XPRESS」だそうで、登録後1回45分使用できますす。
 
 登録の方式が書かれていませんので詳細は分かりませんが、この手のサービスで、メールアドレスを登録することもあるようですが、登録後迷惑メールが多数来る体験をした人も多いと聞いています。(バンコクではありませんが、私も体験しました)

 というわけでメールアドレスを登録する場合は、重要なメールアドレスは書かない方が無難だなと思っています。

 さて次回のバンコク旅行で行ってみたいレストランを調べ始めました。ここの所バンコクでは駅に近いショッピングモールのレストラン街で食べる機会が増えているのですが、たまには1軒家のようなレストランでゆっくり食事を楽しみたいという気持ちが出てきました。

 昨晩はちょっとタイ料理レストランについてトリップアドバイザーを使って調べていたのですが、今日はいわゆるステーキハウスについて調べています。候補になりそうなレストランをピックアップしてみると

・ Le Boeuf,The Steak & Fries Bisutro ラチャダムリ駅から300mほどのところにあるレストラン

・ The Steakhouse Co. パッポンのフードランド隣にあり、良く前を通っています

・ The Meatchop Butcher & Spirits ルンピニ駅からシーロム方面は300mほど行ったところ

・ The U.S. Steakhouse スクンビットソイ16にあるようで、この通りは一度歩いてみたいなと思っています

 しかし予想通り結構高級店が多い(私の個人的な感覚ですが)。いわゆるオープンエアのカジュアルレストランがないかなと思ったのですが、いわゆるステーキハウスというジャンルでは見つからないようです。

 そこでジャンルをステーキハウスから、アメリカンな洋食料理に変更したら多数の候補が出てきました。しかしトップだったのはシーロムのフーターズという事でちょっとびっくり。

 次回入店してみようかなと思っています。


 

第1356回 チェンマイで屋台フードを食べ歩くツアー

  ちょっと曇りがちですが涼しい朝です。なぜか5時半ごろ目が覚めてしまったので、本当に久しぶりに近所を早朝散歩。朝食がおいしかったです。

 数日前にコメントを頂き、すぐに返事を書いたのにコメントの承認を忘れていました。申し訳ないです。承認制にしてからスパムと思われる書き込みはなくなったのですが、つい承認を忘れてしまうことがあります。

 承認を忘れているようなら、遠慮なく申し出ていただければ幸いです。

newsclip.beより

 イギリスの高等教育専門誌が世界大学ランキングを発表。1位は4年連続でオックスフォード大学、2位がカリフォルニア工科大学。

 トップ10はイギリスの大学が3校、アメリカが7校だそうで、日本の大学は東大が最高位で36位、京都大学が65位で以下は100位以降。

 ちなみにトップ200にランクインした大学数はアメリカが60校で最多。最近何かと噂になっている韓国は6校に対して日本は2校で、経済を重視して教育に予算をあまり回さないという政府の姿勢が鮮明になっているような気もします。

 なおタイの大学ではトップがメーファールアン大学だそうですが、初めて聞く名前です。よく聞くチュラロンコン大学は800位以降。チェンマイ大学は1000位以降だそうです。

 テレビでは「東大王」なんて言うクイズ番組をやっていて、息子が時々録画してみているようですが、常時顔を見せている東大生の知識は確かに半端じゃない気がします。

 だとすればオックスフォード大学の学生はどんな感じなのか?ちょっと気になります。

 昨日からの続きですが、トリップアドバイザーからのチェンマイ関連のオプショナルツアーの情報が来ていました。料理教室、ドイステープで迎える日の出ツアーとあって、次がチェンマイストリートフードツアーだそうです。

 価格が3396円と書かれていますから970Bぐらい?ツアーの時間は2時間半ぐらい。ホテルからの送迎で英語のツアー。内容はナイトマーケット内のいわゆる屋台のタイ料理店を、ガイドと共に巡り歩くツアーみたい。

 ソンテウで送迎され、数名のグループ(最高8名)に分かれ食べ歩き、料理の内容やオーダーの方法についてガイドから説明を受けるというもの。出発は夜の7時。

 屋台料理の注文に慣れていない旅行者にとっては結構便利かも。しかし通常の屋台だと1食が40~120B程度のはずで、それを考えると送迎とガイド付きであっても、英語が苦手な日本人には参加しずらいというかコストパフォーマンスが悪い?

 私も最近になってようやくこういったタイのストリートフードの存在にも慣れ、オープンエアのレストランやフードコートも気兼ねなく利用できるようになりましたが、いわゆる屋台の料理はちょっと遠慮がち。

 その意味では、このツアーをきっかけにして屋台料理になじむということも必要?しかし本当に食べたければ、「えいや!」とばかりに屋台に飛び込んで、店の人とジェスチャーの会話で注文するのが王道?それこそ旅の醍醐味ではないかという気もします。